始めての方は

HOME  初めての方は  初めての美容外科

01
BEGINNER
初めての経験だからこそ、絶対に気軽に考えてはいけません。美容外科は元には戻せない不可逆的な治療。美容整形はあなたの一生に影響を与える行為なのです。
まず初めに、美容外科ってどんな診療科?
美容外科というのは健康な体に外科的な治療を加えて、形状に変化を加え外観、容姿に変化を加える医療行為です。一重まぶたの人を二重まぶたにしたり、低い鼻を高くしたりする顔の美容外科、脂肪吸引による部分的痩身、胸を大きくする体の整形から、植毛やワキガの治療まで幅広い治療法があります。慶友形成クリニックは主に外科手術を中心とした美容外科を専門としており、所属する医師の全てが形成外科、美容外科の専門医を取得しています。

美容外科は美しく変われます。しかし、心の中まで変わることはできません。あなたはあなたのままなのです。もちろんコンプレックスが解消し、前向きな気持ちになることはできるでしょう。そういった意味において、容姿を整えコンプレックスを解消する一つの手法として美容外科は非常に有意義です。しかし、気軽に考えないで下さい。広告やメディアなどでは美容外科の明の部分だけが強調されるのですが、中には美容外科で治療を受けたということで罪悪感を抱く方もお見えになります。一度治療を受けたら簡単に元に戻すことはできないのです。

自分自身がどうなりたいのか、本当に自分にとって美容外科での治療が必要なのか慎重に慎重に考え治療を受けるようにして下さい。もちろん、ご相談にはいつでも対応いたします。お気軽にご来院下さい。
美容外科は魔法じゃありません
美容外科は体にメスなどで切開を加えて治療します。そのため傷は必ずできるものです。もちろん、その傷をどれだけ最小限に抑えるか、目立たせなくするかが私たち美容外科医の技術や経験値による違いです。しかし、切開を加える以上傷は必ず残るものなのです。症例写真などでは画像加工やメイクによって傷を消した状態で撮影する美容外科もあるため、患者さんは傷が残らないと錯覚すている方もお見えになるのですが、皮膚を切れば傷ができるということは十分に理解しておく必要があります。

もちろん、口腔内やまぶたの裏側、鼻の穴から手術をすれば表面上はありませんが、皮膚表面に切開を加える治療の場合は傷は残るものなのです。私たちは傷を目立たせないよう皮膚へのダメージを最小限に抑えた手術、傷跡のための処置など細かな配慮を徹底し、目立たせない美容外科手術を心がけています。
美容外科の手術は将来変形したり、継続的なメンテナンスが必要なの?
美容外科で治療を受けると将来変形したり、継続的なメンテナンスが必要になるの?という相談を受けることがあります。それは大きな間違いです。将来的な変形はありませんし、治療後はその状態で老化するだけですので不自然でおかしな変化をするということはありません。また、定期的なメンテナンスというのもヒアルロン酸注射など一定期間で消失するもの以外は一切不要です。

ただし、変形やメンテナンスというのは過剰な美容外科手術を受けると起こします。一般的に過剰な美容外科手術というのは手術後満足していても、その状態を見慣れてしまい物足りなさを感じ始め、より過剰な整形に走ってしまうケースです。もう一つは最初から過剰な仕上がりに整えてしまうケースです。よくモデルさんのような目元、鼻にしたいという要望を持たれるのですが、モデルさんなど美しい状態の写真というのはメイクや写真の調整によって表現しているものであり、本来の形状とは違うことが多いんです。しかし、それを考えずに美容外科の手術だけでそこまでの仕上がりを求めてしまい手術を受けてしまうと、皮膚などに負担を起こしてしまい将来的に変形する可能性が高くなるのです。
どんな治療であっても必ずリスクはあります
どんな治療であってもリスクはあります。大切なのは想定されるリスクを防ぐこと、その可能性を"0"に近づけるのが専門医の実績・経験と技術です。また、何らかの問題を引き起こした場合に修復・リカバリができる技術が美容外科手術成功の鍵となるのです。私たちはカウンセリングで想定される治療のリスクについての説明はもちろんさせていただきますし、万が一治療によって生じた問題についても速やかに対処しますのでご安心ください。 また、不安なことや心配なことがあればどうぞご遠慮なく医師にご相談ください。私たちは当院で治療を受けて頂いた方には不安や不信を抱いたままの治療は行いませんし、途中経過であっても常に不安を解消できるよう努めてまいります。
簡単な治療だから安全で効果的とは限らない
最近の美容医療の傾向として、外科的な治療ではなく、注射やレーザーによる治療バリエーションが増えつつあります。もちろん、受ける側の想いを考えれば簡単な美容外科治療は魅力的です。ダウンタイムも短く傷跡も残さずキレイになれるのなら素晴らしいことでしょう。しかし、そんなに都合よくいくのでしょうか?

残念ながら顔のたるみはフェイスリフトが確実ですし、仕上がりも自然です。部分痩せについても脂肪吸引に勝る治療は存在しません。埋没式眼瞼下垂については挙筋前転法よりも長いダウンタイムを引き起こしている例が非常に多く、素直に切開を受けた方が良かったと言う意見が多いのが現実なのです。

美容外科の広告は安易な誘いで誘導してるものばかり。もちろん、全てが嘘とは言いませんが、多くの方には該当しないものであると言うことを知っておくべきです。経験上、安易な治療を考えて受けた結果、トラブルに巻き込まれてしまったと言うケースが非常に多いのです。
ゆとりのある治療スケジュールを
ダウンタイムという言葉はご存知かと思います。日常生活への制限といって、腫れていたり、糸が残ってることで普段通りの生活ができない期間のことを言うのですが、外科的に治療をする以上、一定期間のダウンタイムは生じるものです。残念ながらダウンタイムには個人差があることを知っておいてください。特にまぶたの美容外科などは個々でダウンタイムの幅が広く、数日で解消する方もお見えになれば、数週間持続することもあります。

そのため、長いダウンタイムを引き起こしかねない美容外科手術の場合は十分な余裕を持って治療に当たることが大切です。余裕のないスケジュールですと治療結果にも影響を及ぼす可能性がありますので十分ご注意下さい。ただし、当院では、腫れを長期化させない治療技術、強い腫れを起こさないドレッシング術後ケア、早期社会復帰させるための美容理学療法などさまざまなアフターケアにも対応しています。
覚悟も必要です
美容外科における覚悟というのは、一度美容外科の手術を受けてしまったら元には戻せないということです。気に入らなければ元に戻したいという思いは残念ながら叶えることはできません。また、美容外科手術を受けたことを周囲に知られたくないという方も非常に多い。しかし、考えてみてください。一重まぶたの人が、二重まぶたに変わったら。張り出ているエラがスッキリとした小顔になったら。ダンゴ鼻がシュッとした鼻に変わったら… 美容外科は顔に変化を加えるための特別な外来です。変化があるからキレイになれるのです。変わらない整形であれば受ける意味なんてありません。

美容外科で最も重要なのは、仕上がりの美しさ・自然さです。仕上がりが不自然でおかしければ周囲に違う意味で注目されるでしょうし、美容外科で受けた治療を後悔することになります。しかし、結果に満足できればあなたは美しさだけではなく、何より強い自信、心のゆとりさえ手に入れることができるのです。治療を受ける以上はそう言った自分自身の覚悟も必要であることを十分理解しておきましょう。
初めての美容外科TOP →

PAGE TOP