眉毛下切開

HOME  美容外科  二重まぶたの治療法  眉毛下切開

慶友形成クリニックだからできる「眉毛下切開」について詳しくご紹介します。

弛んでしまった目元を若返らせたい!!
まぶたの弛みをとって昔の自分に戻る。

昔はこんな目元じゃなかった。何年か前から一気にたるみ始めたまぶた。そんな悩みを抱えている方にお勧めするのが眉毛下切開と呼ばれる上まぶたのたるみ取り手術。残念ながらまぶたのたるみは切って引き上げる以外に解決できる方法はありません。この先、たるんだまぶたのままで一生悩み続けるか、思い切って眉毛下切開で若返るかはあなたの気持次第です。私たちはあなたの「綺麗になりたいという想い」、「いつまでも若くあり続けたいと願う気持ち」を誰よりも大切にします。美容外科手術は批判的な意見が多いように見受けられますが、現実的な解決方法というのは眉毛下切開以外にはありませんし、皆さんが思っている以上に多くの方が密かに受けているのも事実です。あなたが若くなってどこが悪いんでしょう。私たちはあなたの気持を大切にいたします。


眉毛下切開

まぶたのたるみはどれだけ筋肉を鍛えたところで改善するものではありません。目元のたるみというのは余分な皮膚そのものを切除して引き上げなければ改善させることはできないのです。眉毛下切開は眉の直下からまぶたの皮膚を切除し、引き上げることで目元のたるみを改善させるアイリフト手術です。

まぶたというのは表情一つで疲れた印象を与えてしまったり、老いた印象を相手に伝えてしまいます。眉毛下切開は腫れも少なく、傷跡も目立ちません。ダウンタイムの数日間さえ我慢すればあなたの目元は自然に昔の目元、10年前の目元に生まれ変わるのです。

ここでは慶友形成クリニックが行なっている眉毛下切開について詳しくご紹介します。

眉毛下切開の実際

Flow 1.デザイン

眉毛下切開は切開するデザインによって仕上がりの自然さ、たるみ除去の量が大きく違ってきます。また、傷跡にも影響を及ぼします。私たちにはデザイン力があります。単に眉のラインに描くだけではありません。

デザインラインというのは(A)のように術後の仕上がりが眉とまぶたとの距離が短くできるデザインもあれば、プラン(B)のように眉とまぶたの距離を短くしないデザインなど、その方のたるみの程度、眉の形状などによってさまざまな形態に合わせたデザインを描きます。
眉毛下切開で大切なのはその方がどういった仕上がりを求めるのか、たるみの程度は人それぞれ違います。私たちは丁寧なカウンセリングによってご要望を正確に把握し、仕上がりイメージを医師と共有することであなたの望む仕上がりに整えています。


Flow 2.局所麻酔

切開する範囲、剥離する範囲に局所麻酔の注射をおこないます。眉毛下切開で痛みを伴うのは麻酔の注射だけです。手術中は痛みを感じることはありませんのでご安心下さい。
痛みに対し不安な方は吸入麻酔などの併用も可能です。


Flow 3.皮膚の切開

デザインで描いたラインに切開を加えていきます。こだわりではありませんが、傷の方向性や毛の角度を考慮し傷跡を目立たせない切開をおこないます。
眉の直下や眉の間を切開する場合、こう言った技術が傷跡に影響します。ただし、こう言った技術というのは形成外科で積み重ねた経験があれば誰でも行うべき切開法です。基本には忠実に丁寧に実践します。


Flow 4.皮下内部の処理

皮膚の切開が終わったら弛んでいる余分な皮膚を切除します。そうして皮下脂肪や眼窩脂肪、眼輪筋脂肪(ROOF)を必要に応じて切除・除去します。
皮下を少し剥離ししっかりと止血します。


Flow 5.切除量の調整

傷を仮縫合し、皮膚の切除量を正確に完璧に整えます。必要に応じて皮膚を再度トリミングしたり切除をおこないます。リフトアップの効果を最大限に引き上げ、より自然な仕上がりに整えます。


Flow 6.傷の縫合

仕上がりに問題がなければ傷を丁寧に縫合します。特別な縫合糸を使い傷跡への負担を最小限に抑えます。


Flow 7.ドレッシング

術後はしばらく安静にして頂き、止血の確認、仕上がりの状態を確認するまで圧迫してお休み頂きます。圧迫後診察し問題がなければ創処置をほどこしご帰宅していただけます。

慶友形成クリニックの眉毛下切開
Everything

眉毛下切開は今のあなたはそのままで、
10年前のたるみのないあなたに戻すだけ

瞼のたるみが気になる方、二重まぶたの幅が狭くってしまい老いを感じている方などには「眉毛下切開」がお勧めです。眉毛下切開はたるんでしまった皮膚を切開・切除する治療ですので仕上がりに医者の技術・経験が何より左右するでしょう。慶友形成クリニックでは眉毛下切開を行う医師は全て形成外科、美容外科の専門医を取得している名医です。その上マイクロサージャリーの技術を眉毛下切開の手術方法に取り入れているので傷跡、仕上がりの自然さには自信があります。

私たちのこだわり 眉毛下切開に対する私たちのこだわりと工夫

私たちが提供する「眉毛下切開」は切開するデザインにこだわりがあります。単に眉の直下に合わせて描くのではなく、その方の弛みの状態、適切な皮膚の切除量を正確に判断し、それを描きます。また、眉の位置そのものが下垂している場合は、内視鏡下で眉の位置を引き上げて固定する内視鏡下ブローリフトなども検討します。

自然な仕上がりに整えます
術中の痛みを感じさせない麻酔の工夫
腫れを生じさせない、長期化させない工夫
傷を目立たせない創処置、縫合技術
広範囲に及ぶ皮膚の切除

これら5つの工夫とこだわりのある眉毛下切開であなたの満足度をより高く、若さと美しさを最大限にまで引き上げています。

眉毛下切開の適応・特徴
Adaptation
瞼のたるみ取りの適応 眉毛下切開はこんな方に向いています

加齢によって生じるまぶたのたるみはあなたの美しさと若さを大きく損なってしまいます。眉毛下切開はまぶたのたるみを引き上げて昔のような目元に戻ることができる若返りの美容整形手術です。加齢によるまぶたのたるみはどれだけ丁寧に手入れをしていても防ぐことはできませんし、マッサージや筋力トレーニングでは悪化はしても改善することはできません。残念ですが、一度弛んでしまったまぶたの皮膚というのは引き締めることも、改善させることも現実には不可能です。

しかし、私たちが行っている「眉毛下切開」は違います。加齢による皮膚のたるみは切除することで簡単に劇的に解消させることができるのです。



〔眉毛下切開の適応と特徴〕
目尻側の垂れている皮膚が気になる方
まぶたのたるみを取りたい方
広範囲のたるみを取ることができる
一重のままたるみだけを解消したい方  など
昔と比べ二重まぶたの幅が狭くなっている方
自然な仕上がりを求める方
非常に腫れや内出血の少ない治療
眉毛下切開のメリット・デメリット
Feature

眉毛下切開は瞼のたるみを取って元々の美しい目元、若々しい目元に戻ることができるアンチエイジングのためのリフトアップ手術です。最大のメリットとは何と言っても自然なまま昔の自分に戻れること。しかし、そんな眉毛下切開にはメリットばかりではありません。当然ですが、美容外科手術である以上デメリットも存在します。
少しでも安心して眉毛下切開を受けていただけるようここでは、眉毛下切開のメリットとデメリットについてご紹介します。


眉毛下切開のメリット

数年前の弛みのなかった目元に戻れる。
形を変えることなく弛みだけを取り除くことができる。
上眼瞼切開では取れない外側のたるみまで取ることができる。
腫れが非常に少ない
一重の人でも一重のまま弛みだけが解消できる。

眉毛下切開のデメリット 

× 二重まぶたにすることができない
× 眉毛のない人だと傷が目立ちやすい
× 目の形、二重の形状を変化させることができない
× 一重の人は一重のままにしかならない。

眉毛下切開の手術リスク

眉毛下切開というのは眼瞼下垂のように筋肉を触るわけではありませんし、正常な過程での眉毛下切開なら左右差も起こりません。手術直後から腫れは非常に少ないのが大きな特徴ですし、術後もほぼ仕上がりに近い状態です。起こりうるリスクとしては内出血などです。万一、内出血を引き越したとしても3,4日で落ち着きますので大きな心配をする必要はないでしょう。
ただしあくまで眉毛下切開は正常な過程で行われたということが条件です。中にはトラブル例で相談に来られた方には以下のよう問題を引き起こしている場合もございます。

眉毛下切開で比較的多いトラブルがまぶたのたるみは取れたけれど仕上がりがお世辞にも自然とは言えない状態になってしまったというトラブルが後を絶ちません。このような眉毛下切開で多いトラブルの原因は過剰な皮膚の切除、切開デザインのズレなどです。素人同然のような信じられない切開や皮膚の切除量を行う医師もいるので十分な注意が必要です。

傷跡が目立ってしまったというトラブルですが、これは医者の縫合技術の未熟さが影響します。眉毛下切開は切開する場所によって真皮の厚さが違うため、縫合する際の層をしっかりと工夫しなければ不自然な段差や傷跡が目立ちやすくなってしまうのです。

初歩的なミスですが、左右差がひどい眉毛下切開のトラブルもあります。比較的修復が可能な状態ですので諦める必要はありません。治療を受けた医師に責任を持って対応することを伝えましょう。

眉毛下切開の概略
Outline

施術名
眉毛下切開

手術時間
約60分

料金
324,000円 (両側)

諸費用
初診料 3,240円、血液検査 6,480円、吸入麻酔 32,400円(※1)

診察当日の治療
不可

術後の腫れ
4、5日程度

メイク
基本的には抜糸の翌日からを推奨

シャワー・入浴
シャワーは当日から可、入浴は抜糸の翌日

洗顔
創部を保護すれば当日から可

推奨通院回数
6回 (カウンセリング/眉毛下切開/翌日検診・傷処置/7日後抜糸/術後1ヶ月検診/術後3ヶ月検診)

※1 希望時のみのオプションです。
治療の流れ
TREATMENT FLOW

眉毛下切開の治療の流れ、仕上がりまでの流れについてご紹介します。

ここでご紹介するのは一般的な治療の流れです。診察・カウンセリングについては何度でも受けていただけますのでどうぞご安心下さい。また、カウンセリングを受けたからといって眉毛下切開を受けなければいけない訳ではございません。カウンセリングというのはあくまで治療適応の判断、治療プランのご提案です。その上で眉毛下切開を受けるか否かをご検討下さい。



1  診察の予約

眉毛下切開の治療適応を判断するためには診察が必要です。当院では短時間での診察ではなくゆっくりと丁寧な診察を受けていただくために事前のご予約をお願いしています。診察のご予約はお電話でもメールでお申し込みいただけます。

診察から眉毛下切開の手術までどの程度の日数が必要ですか?という内容の質問を多く受けますが、予約状況によっても違ってきます。また、血液検査の結果が出るまでに3、4日の日数がかかりますので余裕を持ったスケジュールをお考えください。特に問題がなければ最短で1週間程度で眉毛下切開を受けていただくことは可能です。

・ カウンセリングから眉毛下切開の手術までは最短で1週間程度。
・ ご予約はお電話でもメールでも可。
・ 事前のご予約は必須。当日でも空きがあればご案内は可能です。


2  診察・カウンセリング

いよいよ専門医による診察です。瞼のたるみの状態、ご希望されている仕上がりの形状・目的をお伺いし、眉毛下切開があなたに適しているのか? 他の治療が適しているのかということを具体的に説明します。診察時には写真を撮影させていただき、どこをどういった形状で切開するのかということを実際にあなたの写真を使って説明しますのでより明確にわかっていただけると思います。

また、眉毛下切開における注意事項、ダウンタイムやリスクなども細かに説明いたします。診察のお時間は概ね40分程度です。治療内容に応じて見積書を作成します。治療事例などはその際にご覧いただくことが可能です。

・ カウンセリングのお時間は概ね40分程度。
・ あなたの目元の写真を使い具体的な切開方法など細かく説明します。


3  検査

眉毛下切開の治療を受けていただくには、血液検査が必要です。出血時間などの延長は眉毛下切開時だけではなく、術後の出血などにも影響を及ぼす可能性があります。また、同時に感染症などのチェックもさせていただきます。

感染症のチェックは二次感染、三次感染を防ぐ意味でも必要です。ただし、感染症があるからといって眉毛下切開を受けて頂くことができない訳ではございません。

検査項目というのは一般的な検診とは違います。そのため別途で血液検査が必要となります。

・ 遠方の方や、すでに手術を申し込もうと考えている方は、診察時に血液検査を受けていただけますのでご安心ください。
・ 地元での検査をご希望の場合などは必要な検査項目を表記した用紙をお渡しいたしております。


4  眉毛下切開のお申し込み

眉毛下切開を受けようと心に決めていただいてから手術のお申し込みをしていただければ構いません。眉毛下切開は全て自己決定です。私たちが治療を斡旋することはありません。あくまでご自身がどうしたいかで判断していただきます。
もちろん、眉毛下切開に対し不安や疑問があれば何度でも再相談させていただきますし、メールやお電話でも対応させていただきます。

・ 再相談などお気軽にお申し込み下さい。回数など特に制限もありません。
・ 再相談は無料です。


5  眉毛下切開手術

眉毛下切開のご手術は両側で概ね60分程度です。手術の前に再度医師と打ち合わせをして、仕上がりのイメージを確認します。手術前のお写真を撮影します。写真は経過観察のために必須です。
そうして手術室に入室していただきます。

手術後は出血の有無を確認するのと、患部をしっかりと冷やして頂きたいため、30分程度はお休みいただき、その後ご帰宅していただけます。

・ 麻酔の痛みが心配な方には吸入麻酔、静脈麻酔などの併用が可能です。
・ 治療後に鏡で仕上がりをご確認していただけます。


6  翌日の検診・創処置

眉毛下切開手術の翌日に傷を目立たせないようにするための処置をおこないます。傷は一生に関わる問題です。当院では少しでも傷跡を残さないようにするための処置を実践しています。こういった術後の処置は当院だけの特別なケアです。


7  7日後に抜糸

縫合している糸というのは眉毛の直下にあります。眉毛のない方ですと糸はやはり目立つ可能性が高いです。抜糸後は赤みがしばらく残りますが、時間の経過で消失します。縫合糸は手術後5~7日後で抜糸しています。


8  仕上がりの確認・チェック

1ヶ月、3ヶ月後に仕上がりの状態、傷の状態をチェックします。そうして仕上がりの満足度、眉毛下切開の結果に対する評価を確認します。万一、傷の状態、たるみの不十分さがあれば症状に対応を致します。

眉毛下切開に関するご質問
Question

自分の眉毛がなくなってしまうんですか? 自分の眉が無くなるのならどの程度覚悟した方が良いですか?
眉は温存します。切除して無くなるわけではありません。ただし、希望する仕上がりの状態によっては眉の一部を切除することもありますが、全て最初のカウンセリング、診察でご要望をお伺いする時に必要性の有無についてご案内しています。手術中で勝手に切って眉がなくなってしまうなんてことは絶対にありませんのでご安心下さい。

最終的な傷跡というのはどの程度になるんでしょうか?気にならない程度のものでしょうか? アートメイクは絶対に必要ですか?
眉毛下切開における眉の傷というのは眉がしっかりとある方の場合はほとんど気になりません。眉というのは個人差があり、眉が薄い人もいれば、途中で途切れた眉の方もお見えになります。そういった方の場合、切開線が突如現れるわけですから、傷が目立ちやすくなってしまいます。そういった方のケースではアートメイクをすることでかなり傷が目立ちにくくなるので推奨しています。

腫れが心配です。どの程度の腫れを覚悟しなくてはいけないんでしょうか?
眉毛下切開を含め皮膚を切除する以上は腫れを生じます。しかも腫れには個人差が大きいということもご理解して頂く必要がありますし、腫れの感じ方というのも人それぞれ違います。しかし、当院で受けていただいた方のほとんどは腫れの少なさに驚かれています。私たちは自然な仕上がり、たるみ効果の改善だけではなく、術後の腫れについても最小限に抑える技術、術後ケアに工夫をこらしていますのでご安心下さい。

まぶたのたるみが気になっています。眉毛下切開と上眼瞼切開とではどちらが良いですか?自分にはどっちが合っているのかを知っておきたいです。
それぞれに適応があります。眉毛下切開が適している方もいれば、上眼瞼石灰が適している方もいます。中には両方を併用する必要のある方もいるのです。

まずは診察で瞼の状態を診させていただき、その次にご要望をお伺いします。それでどういった治療法がベストなのかという提案をさせていただきます。質問の内容でどちらがあっているのか、優越というのはあくまで今の状態と、希望している仕上がりで違ってくるものなのです。まずは診察にお越しください。

あなたの望む仕上がりに対し。どういった治療法が良いかということを具体的に提案させていただきます。

PAGE TOP