下眼瞼脱脂

HOME  美容外科  目の下のくまを取る方法  下眼瞼脱脂

慶友形成クリニックの「下眼瞼脱脂:Co2レーザー」について詳しくご紹介します。

美しい目元にダークスポットは要らない、輝きを解き放つ目チカラをあなたに。

目の下のクマ、膨らみは老いや疲労顔を作り出すだけではなく、幸多い印象までも壊してしまいます。鏡に映る自分の目元を見たり、電車の窓越しに映る自分の目元に「ハッ」としたことはありませんか? そんな目の下のダークスポットの原因、それは「眼窩脂肪」。
目の下のクマ、膨らみは加齢が原因だけではありません。元々の皮膚の薄さなども大きく影響しているため、若い世代にも非常に多いスキントラブルの一つです。ここではそんな目の下のクマ、膨らみを解消する方法をご紹介します。

下眼瞼脱脂(Co2レーザー)

下眼瞼脱脂というのは、下眼瞼(目の下、下まぶた)、脱脂(脂肪を取る)という意味の治療です。目の下のクマ、プクッとした膨らみの原因である眼窩脂肪を取り除いてクマ、膨らみのない美しい目元に戻す治療。本来、眼窩脂肪は眼球を保護し、支えている大切な脂肪の塊なのですが、眼球の重みなどによって圧迫され、膨らみとして表面に出てきてしまい見た目の美しさを大きく損ねてしまう代表的な目元のスキントラブルの一つです。

目の下のクマの原因

下眼瞼脱脂はその眼窩脂肪を除去して、膨らみを平らにすることで目の下のクマ、膨らみを解消させる治療です。治療直後から膨らみが解消するため非常に満足度が高くお勧めのスキンケアです。

目の下のくまの解消法

このように眼窩脂肪を取ることで、膨らみ部分のボリュームが減り、膨らんでいた部分が平らになります。また、膨らみによって影がより強調されるため、治療後は格段に目元が明るく変化し、目の下のクマが解消します。

下眼瞼脱脂 - 2つのアプローチ法

眼瞼脱脂には、2つのアプローチ方法があります。それぞれにメリットとデメリットがあるためここでは下眼瞼脱脂のアプローチの方法についてご紹介します。

表面からのアプローチ法

まぶたの表面を数ミリ切開し、表面側から直接的に眼窩脂肪を取り除く脱脂術です。出ている分の脂肪を直接除去できるので、除去する量が正確で凹みなどのリスクはありません。

目の下のくまの解消法
まぶたの裏側からのアプローチ

まぶたの裏側からアプローチし、眼窩脂肪層に侵入します。傷を残さないというメリットはありますが、除去する脂肪のサイズと、凹みの改善は必ずしも同じではありませんので、凹みのリスクは否定できません。

結膜側からのアプローチ法
慶友形成クリニックの下眼瞼脱脂
About
凹みリスク"ゼロ"、ダウンタイム"ゼロ"を
実現した最先端の下眼瞼Co2脱脂

慶友形成クリニックの下眼瞼脱脂の歴史は最も古く、多くの治療実績があります。それは2000年頃に紹介されたさまざまな美容雑誌で取り上げられ、注目されたことにあります。その時、多くの美容外科で行われていた脱脂術は表面からアプローチする方法でしたが、当院ではすでに経結膜(まぶたの裏側)からアプローチする脱脂術を採用していました。

できる限りダウンタイムを発生しない負担の少ない脱脂術としてCo2レーザーを採用、凹みのリスクを引き起こさないPre-Septal法をさらに進化させ、今の私たちの下眼瞼脱脂があります。

Pre-Septal法

経結膜側(まぶたの裏側)からアプローチする方法です。私たちの下眼瞼脱脂はさらに表面側からのメリットを生かしています。通常の下眼瞼脱脂は結膜側から直接眼窩脂肪層に侵入するのですが、除去する眼窩脂肪の量と、表面側の凹みのボリュームに差が出ることがあり、凹みや取り残しなどの問題を引き起こすリスクがあります。ですので私たちはアプローチするのは同じ経結膜でも、眼窩脂肪層への侵入経路を表面側からの下眼瞼脱脂と同じように前面側から眼窩脂肪層に侵入することで、より治療の精度を高め、凹みや取り残しのリスクを引き起こさないような下眼瞼脱脂を実践しています。
また、この方法は取り出す眼窩脂肪層周辺組織に炎症反応を引き起こしますので、それによって組織の修復機能が働き、内部組織にコラーゲンなどが発生し皮膚が丈夫になり再突出などの再発予防にも役立つため非常に優れた術式であると考えています。

慶友形成の下眼瞼脱脂のご紹介
Co2レーザーの改良

Co2レーザーは、照射部分の組織を速やかに蒸散させ、周囲の組織ダメージが非常に少ないため腫れや内出血を最小限に抑えることができます。そのため下眼瞼脱脂には非常に向いている医療機器なのですが、レーザーが照射される先端部分が少し太いために繊細な目元に治療には不適応でした。しかし、1ミリ以下に抑えることのできるハンドピースを特別に発注し、照射が可能になったことで下眼瞼脱脂に採用しました。

複合治療によるさらなる目元の若返り

目の下のくま、膨らみは眼窩脂肪だけでの原因ではなく、複合的な原因であることも多いのが特徴です。眼窩脂肪の突出以外にも、頬の垂れ下がりによって凹みを生じていたり、皮膚そのものの薄さで眼輪筋が透けて見えてしまったり、さまざまなファクターが重なっている場合は、下眼瞼脱脂だけで満足できない場合もあります。しかし、さまざまな原因が重なっているからといっても全てを同時に治療することは避けるべきです。最近の傾向として全て同日で治療することがあたかも正しいという表現がなされていますが、それは大きな間違いですし、返ってトラブルを引き起こすリスクとなることを知っておいてください。
ひとつ一つの原因を同時に治療するのではなく、確実に対し確実に対処してから治療すること、また、治療の順序というのが成功の鍵となるのです。どうせ治療をするのなら一度に治療し、少しでもダウンタイムを短縮したいというのは仕事をされている方では嬉しいことかもしれませんが、下眼瞼脱脂を含め目の下のクマや膨らみの治療というのは本来全てダウンタイムが無かったり、短いものばかりなのです。複合治療によって腫れなどが助長されることも少なくありませんので十分ご注意ください。

 線維芽細胞移植術

数ミリの皮膚片を耳の裏側から採取し、その皮膚にある線維芽細胞を抽出し、細胞培養によって数百万倍にまで増殖し、目の下の皮膚に移植する最先端の目の下のクマの治療法。もともと目の下の皮膚は薄いのですが、加齢によってさらに薄く変化します。線維芽細胞移植によって肌に厚みを持たせることができるので色グマにも有効。脱脂後のシワの予防、改善にも優れた効果を発揮してくれます。

改善点

肌のそのものの若返り
シワの予防・改善
色グマの改善

 単一胞脂肪移植術

目の下のクマの原因は眼窩脂肪の突出だけではありません。さらにその下側は実は膨らみではなく、凹みというタイプもあるんです。「ゴルゴ線」とも呼ばれる影ですが、下眼瞼脱脂によって膨らみが解消しても、その下の凹みが強調されることで、脱脂術の効果を引き出せないということもあります。単一法脂肪移植は脂肪細胞をひとつ一つの細胞に細分化し、凹みに移植して改善させる最先端の再生医療のひとつです。

改善点

ゴルゴ線の改善
凹みの補修・改善

 ヒアルロン酸&コラーゲン注射

下眼瞼脱脂で、膨らんでいた眼窩脂肪を除去してもさらにその下にできているゴルゴラインは残ってしまいます。ゴルゴラインは皮膚の凹みなのですが、その凹みに対しヒアルロン酸を注射することで立体的な変化を改善します。また、コラーゲンは皮膚の薄い部分に注射することができるので、小じわなどの解消にも非常に有効で、下眼瞼脱脂の術後に目元の若返りとしてオススメの治療です。

改善点

ゴルゴ線の改善
凹みの補修・改善
小じわの改善
下眼瞼Co2脱脂の適応
Therapeutic Adaptation

下眼瞼Co2脱脂はダウンタイムはほとんどありませんし、傷を残さないというメリットを考えると目の下のクマの治療法としては非常に優れています。しかし、全ての方に向いているわけではありません。下眼瞼脱脂には向いている方、向いていない方があります。
ここではそんな下眼瞼Co2脱脂に向いている方、治療後の満足度が高いタイプをご紹介します。

下眼瞼脱脂はこんな方に向いています。

目の下のクマを解消したい方
影ぐまを解消したい方
眠そうな目を解消したい方
目の下の膨らみを解消したい方
目元を若返らせたい方
疲労顔・老け顔を解消したい方 など

下眼瞼脱脂のメリット・デメリット
good and bad points

下眼瞼脱脂にはメリットもあればデメリットもあります。しかし、目元の膨らみ、影ぐまを解消する方法は下眼瞼脱脂以外にはありません。メリットとデメリットを比較して考えてもやはり、治療適応があれば非常に満足度の高い方法であることに違いはありません。

下眼瞼脱脂のメリット 

影ぐまに最も効果がでる
治療直後から効果を実感できる
再発のリスクは非常に少ない
表面に一切の傷を残さない
ダウンタイムが短い、ほぼ無い
通院回数が少なく済む など

下眼瞼脱脂のデメリット

× 皮膚のたるみには効果がない
× 脂肪を過剰に取ってしまうと修復が困難
× シワが深くなることがある
× ゴルゴラインが強調されることがある
× 難易度が高く、高い治療技術を要する
× 小じわが増えることがある など

私たちが行なっている下眼瞼脱脂はCo2レーザーによる脱脂術です。これまでの下眼瞼脱脂のデメリットを克服し、より安全な治療と効果の持続を可能にした下眼瞼脱脂術を行なっています。目の下のくま、影ぐまでお悩みの方はまずご相談にお越しください。治療の適応、具体的な治療法について詳しくご紹介させていただきます。

下眼瞼Co2脱脂の概略
Outline

施術名
下眼瞼Co2脱脂術(Pre-Septal法)

手術時間
30分程度

料金
両側 270,000円  /  片側 162,000円

諸費用
初診料 3,240円、血液検査 6,480円

診察当日の治療
不可

術後の腫れ
ほとんどなし

メイク
マスカラのみ7日以降、その他は特になし

シャワー・入浴
シャワーは当日、入浴は翌日から可能

洗顔
当日から可

推奨通院回数
3回 カウンセリング、下眼瞼脱脂の手術、1か月もしくは3ヶ月後

治療の流れ
TREATMENT FLOW

ここでは目の下のクマ、膨らみの治療「下眼瞼Co2脱脂」の仕上がり・完成までの流れについてご案内いたします。下眼瞼Co2脱脂の治療をお考えの方は是非参考になさってください。
ただし、ここでご紹介する流れは標準的なものであり、その方のご要望に応じ変更できる部分もございます。お気軽にご相談下さい。

1  診察・カウンセリング   40分

当院では診察、カウンセリングから手術、最終確認まで担当医が一貫して治療にあたります。診察ではまず、目の下のクマ、膨らみの状態・程度を診察します。そうしてどこまでの改善ができるのか、他に併用すべき複合治療などがあるのかなど、具体的な治療プランをご提案します。
診察時にはお顔の写真を撮影させていただき、あなたのお顔を基準に問題点、具体的な改善方法・治療法等をご提案いたします。
通常、30、40分で終了しますが、質問などが多くなれば時間は長くなります。実際の治療例のお写真などはこの時にご覧いただけます。その後、提案させていただいた治療に対する見積書(料金表にある価格です。追加費用等はございません。)をお渡しします。
診察当日の治療は行いません。また、治療の斡旋もおこないません。受けるか否かはしっかりと考えていただければ構いません。また、他の美容外科にカウンセリングに行ったり、手術の必要性を熟知し、その上で下眼瞼Co2脱脂があなたにとって本当に必要か否かを検討し、お申し込みいただければ構いません。
医療的な不安や疑問については何度でもご相談いたします。

・ カウンセリングのお時間は概ね40分程度。
・ あなたのお顔の写真を使い具体的な治療法など細かく説明します。
・ カウンセリングから下眼瞼Co2脱脂まで最短でも1週間程度は必要です。
・ ご予約はお電話でもメールでも可能です。
・ 完全予約制です。当日でも空きがあればご案内は可能です。


2  下眼瞼Co2脱脂のお申し込み

下眼瞼Co2脱脂の手術を受けるか否か十分に熟知した上で治療を申し込んでいただければ構いません。レーザー治療ですが、治療についてしっかりと考えて下さい。当たり前のことですが私たちから治療を斡旋することはございません。もちろん、目の下のクマの治療に対し不安や疑問があれば何度でも再相談させていただきますし、メールやお電話でも対応しております。

下眼瞼Co2脱脂の申し込みはお電話もしくはメールで承ります。ただし、治療を受ける際には必ず血液検査が必要です。血液検査を行っていない場合、手続きを含め再びご来院いただく必要がございます。

・ 再相談などお気軽にお申し込み下さい。回数など特に制限もありません。
・ 再相談は無料です。


3  各種検査   10分程度

下眼瞼Co2脱脂の治療を受けていただくには必ず血液検査が必要です。血液検査には感染症や出血時間、止血時間や貧血の状態など手術に関連性のある項目を実施しています。一般的な健康診断の検査とは項目が違いますので、ご注意ください。他院での血液検査に関しては採血実施日や検査項目によってはご利用になれないこともございます。
遠方の方などは診察の際に血液検査を事前に実施していただくことも可能です。

・血液検査の結果が出るには概ね4、5日かかります。
・他院の血液検査はご利用になれない場合がございます。
・血液検査は必須です。ご遠方の方などはメールやFAXで必要項目をお渡ししますので、お近くの医療機関で受けていただくことも可能です。


4  下眼瞼Co2脱脂の手術

下眼瞼Co2脱脂の手術当日はまず診察室で最終的な打ち合わせを行います。そうして手術室へ入室していただきます。
まず初めに目薬で表面麻酔を行います。痛みはありません。その後下まぶた全体に局所麻酔を行います。麻酔の効果が出現したら治療を開始します。まぶたの裏側、経結膜側からCo2レーザーを照射し、前面側まで侵入し眼窩脂肪を露出させ適切な量の眼窩脂肪を除去します。除去が終了したら傷を閉じ下眼瞼脱脂は終了です。下眼瞼Co2脱脂の手術自体は概ね30分程度で終了します。
終了後に鏡で状態を見ていただき、目の下の膨らみが改善できているのを確認していただけます。その後は別室へ移動し、圧迫、アイシングを行います。その後、最終チェックし問題なければお帰りいただけます。

・ 麻酔の痛みが心配な方には吸入麻酔の併用が可能です。
・ 治療後に鏡で仕上がりをご確認していただけます。


5  経過観察・最終チェック

1ヶ月もしくは3ヶ月後に仕上がりの状態をチェックします。そうして仕上がりの満足度、下眼瞼脱脂の結果に対する評価を確認します。万一、傷の状態、左右差、気になる点などがございましたらその問題点に対し速やか対応します。
ただし、状態によって医療的に問題があると判断した場合、傷の状態が落ち着くまで少し時間をいただく場合がございます。

1ヶ月もしくは3ヶ月後に仕上がりの状態をチェックします。そうして仕上がりの満足度、下眼瞼脱脂の結果に対する評価を確認します。万一、傷の状態、左右差、気になる点などがございましたらその問題点に対し速やか対応します。
ただし、状態によって医療的に問題があると判断した場合、傷の状態が落ち着くまで少し時間をいただく場合がございます。

下眼瞼Co2脱脂に関するご質問
Question

傷跡が心配です。本当に傷跡は残らないんでしょうか?
当院で行なっている下眼瞼脱脂は経結膜アプローチです。まぶたの裏側から脂肪層にアプローチしますので、皮膚表面には一切の傷は残りませんのでご安心ください。

眼窩脂肪ですが、取ってはいけないと聞いたことがあります。下眼瞼脱脂で眼窩脂肪を取り除いても本当に大丈夫なんでしょうか?
眼窩脂肪ですが、除去してはいけないわけではありません。過剰な除去はさまざまな問題を引き起こす可能性がありますが、下眼瞼脱脂で除去する程度の脂肪量は一切問題ありません。私たちはこれまで20年以上の治療実績を誇ります。20年前の方もフォローしていますが、なんら問題なく経過しています。通常の除去であれば一切心配はございません。

腫れはどれくらい出るんですか? ネットの口コミなどで目が開けられないほど腫れたという評判を聞いたのですが、そんなことは起こりうるんでしょうか?
腫れなどは個人差もありますが、下眼瞼脱脂で目が開けられないほど腫れるということはありません。 通常、軽いむくみ程度の腫れに落ち着きますし、長期化することもないです。

下眼瞼脱脂を受けて効果がないということは起こしませんか? 絶対に効果はあるんでしょうか?
はい、下眼瞼脱脂は確実な効果を生み出します。効果がないというケースは元々下眼瞼脱脂の治療適応がないケースで無理に下眼瞼脱脂を行なった場合等です。カウンセリングで治療適応を判断し、効果があると判断した場合にだけ治療をお勧めしています。

PAGE TOP