太ももの脂肪吸引

HOME  美容外科  脂肪吸引のできる場所  太ももの脂肪吸引

慶友形成クリニックだからできる「太ももの脂肪吸引」について詳しくご紹介します。

美しいボディラインを描くのは、細くゆとりのあるパンツスタイルで決まる。

上半身が痩せて見えるのに下半身、特に太ももの太さがきになる女性は少なくありません。太ももの太さは下半身全体の太さを表現してしまうため、決して太っていなくても太って見えてしまうものです。太ももは筋肉もあるのですが、ほとんど皮下脂肪で太さが決まってしまいます。太ももを細くしたい、部分痩せをしたいと思っていても太ももを細くするというのは非常に厄介で多くの方は実現できません。
そんな想い、願いは太ももの脂肪吸引で叶えることができます。私たちは太ももの脂肪吸引で気になる下半身太りを解消し、美しいボディスタイルを作ることができます。お気軽にご相談ください。


太ももの脂肪吸引

太ももの脂肪吸引というのは、太もも(大腿部)に付いている皮下脂肪を、吸引管と呼ばれる細い管で吸い取って、太ももを部分的もしくは全体的に細くする部分痩せ、サイズダウンを目的とした美容整形手術です。一度吸引して取り除いた皮下脂肪は再発することがないので半永久的な部分痩せが可能なのです。

太ももの脂肪吸引(全周法)

太ももの脂肪吸引(全周法)

太ももの全周囲に及ぶ皮下脂肪を吸引し、太ももを大幅に細くすることができる脂肪吸引です。吸引範囲、吸引量共に多いためダウンタイムは長くなりますが、それ以上にサイズダウンができるため非常に満足度の高い脂肪吸引です。また、慶友形成クリニックでは他と違い、全周法の場合、入院していただき、術後の全身管理を徹底して行いますので、他の美容外科と違って吸引する皮下脂肪の量が多く除去できるのが特徴です。

太ももの脂肪吸引(ポイント法)

内股、後面、外側、前面といったように限局した部分的な痩身を希望の場合に実施するポイントの脂肪吸引です。限局されているため強い腫れなどや痛みが少なく、ダウンタイムが短いのが特徴です。ポイント法の場合、内股が一番多く、次いで裏側、外側、前面は内股や後側に比べると少ないです。これはもともと太ももに付いている皮下脂肪の量が内側が一番多いということ、脚と脚の間に隙間が欲しいという要望が多いという理由があるためです。

(太ももの脂肪吸引の実際:全周法)

Flow 1.デザイン

気になる部分の皮下脂肪を中心に吸引する範囲のデザインを描きます。鏡を見ながらご希望をお伺いしながらですので、希望の仕上がりに整うのでご安心下さい。太ももの脂肪吸引はこのデザインを切開図とし吸引を行いますので時間をかけて丁寧に行います。


Flow 2.麻酔

太ももの脂肪吸引(全周法)は全身麻酔下で脂肪吸引を実施します。全身麻酔というのは点滴から麻酔のお薬を流し、完全に入眠している状態で手術を行う方法です。途中で目がさめることなどはありません。目がさめると太ももの脂肪吸引が終了している状態です。


Flow 3.吸引口の作成・チューメセント液の浸透

太ももの皮下脂肪を吸い出す吸引口を作成します。吸引口周囲に麻酔の注射を行います。そうして全体的に麻酔薬を浸透させ広げていきます。そうして皮膚を数ミリ切開します。そこから皮下脂肪をスムーズに吸引しやすくするようにチューメセントと呼ばれる混合薬を全体に浸透させます。脂肪層に隅々まで行き渡ったらより高い効果を導き出すまでマッサージしながら脂肪をほぐします。当院でのチューメセント液には、麻酔薬、止血剤、腫れを早期に回復されるお薬など独自に考案した混合剤を使用しています。


Flow 4.皮下脂肪の遊離

チューメセント液を浸透させ、皮下脂肪を塊ではなく、細胞を細かく遊離させるために丁寧にマッサージを行います。薬の浸透にも数十分かかりますので少し時間をおいてより高い効果を導き出すよう工夫しています。


Flow 5.皮下脂肪の吸引

いよいよと脂肪を吸い取ります。太ももの皮下脂肪を専用の吸引管を使って吸い取っていきます。ゆっくりと丁寧に時間をかけて吸引します。必要に応じて数カ所からアプローチしたり、吸引管の太さを調整しながら多くの脂肪層から吸引することで、より効果的で美しいボディライン、痩せたスタイルに整えていきます。


Flow 6.廃液・ドレナージ

全て吸引し終わったら、残っているチューメセント液や血液を残さないように絞り出します。仮に残っていても全て吸収されますが、そのまま放置するよりも積極的にドレナージすることがより腫れや内出血を抑えることができるので、時間をかけて丁寧に実施します。 また、太もも全周の脂肪吸引は1泊の入院を推奨します。1日かけてしっかりと廃液を行うことで腫れや内出血などをできる限り最小限に抑えます。


Flow 7.縫合

翌日に傷を縫合します。傷は数ミリです。脂肪を吸引する際に脂肪吸引管と皮膚の摩擦によって、傷に相当なダメージを与えます。当院では皮膚を保護するためのプロテクターを使用しますが、さらに創部のトリミングをおこない、傷を目立たせない工夫をこらしています。


Flow 8.縫合

脂肪吸引の後に出血させないよう、腫れを大きくしないように吸引範囲に専用のスポンジを装着します。そうして専用のストッキングで全体を固定し、正確な皮膚の癒着をさせるのと同時により細く仕上がるために圧迫します。これで太ももの脂肪吸引は終了です。

慶友形成クリニックの脂肪吸引(太もも)
Everything

美しいシルエット、あなたが望むボディラインの
フォルムを描くデザインに自信があります。

太ももの太さの原因は皮下脂肪です。皮下脂肪を吸い取れば太もも、脚は必ず細くすることができます。ただし大切なのは、単に取れば良いと言うわけではありません。当院に来られる方の中にはとにかくあるだけの皮下脂肪を取って欲しいと言う方がお見えになります。しかし、そういった方は太ももの脂肪吸引を受けるべきではありません。皮下脂肪というのは一定量を残さなければ不自然で見た目に老けた足となってしまい美しさの微塵もないほどに劣化してしまうのです。

大切なのは体全体のバランス、今ついている皮下脂肪の程度、骨格の状態など総合的にどの部分を除去し、どの部分を残すかということが大切なのです。単に細ければ良いというのは結局、結果には満足できないのです。

私たちのこだわり 太ももの脂肪吸引に対する私たちのこだわりと工夫

私たちにはデザイン力があります。それは長年培われた経験と実績だけではなく、美しさを叶えるための美的センスです。大量の皮下脂肪を取り除くだけではなく、いかに美しいボディラインに築けるか、彫刻的な立体的デザインというのは技術だけではまかなえないものです。脂肪吸引の際のデザインには何より時間をかけて描きます。実際に鏡を見ながら丁寧に描いていきますので、脂肪吸引を受ける方に不安を抱かせることもありません。

太ももの脂肪吸引は、吸引量・吸引範囲によっては術後の腫れや痛み、圧迫による苦痛など社会復帰をする期間がかなり延長してしまいます。大切なのは術後の苦痛の低減化、早期社会復帰が何より求められるものです。多くの美容外科はベイザーを導入することで早期に社会復帰を目指すと提唱されていますが、術後の状態というのはそういった方法論ではなく、部分的なダメージ、組織への損傷以外で決まるものです。太ももの脂肪吸引のように広範囲の脂肪吸引、大量の皮下脂肪を吸引すればどんな脂肪吸引であっても術後の苦痛に差はありません。大切なのは術後の緩和ケアを含めた総合的な術後ケアマネージメントです。慶友形成クリニックでは脂肪吸引の技術だけではなく、術後ケアマネージメントに絶対の自信があります。

術後の痛みをできる限り抑える緩和ケアの実施
腫れを長期化させない工夫
術後の拘縮予防、術後リハビリによる早期社会復帰
凹凸を作らない技術
低圧吸引による細部までの仕上げ

これら5つの工夫とこだわりのある太ももの脂肪吸引でより高い満足度、術後の緩和ケアを実践しています。術後のリハビリ、美容リハを受けていただけるのは当院だけです。

太ももの脂肪吸引の適応
Adaptation

ウエストの脂肪吸引の適応 こんな方に太ももの脂肪吸引は向いています

太ももを細くしたい、脚に隙間が欲しい方などに太ももの脂肪吸引は向いています。太ももというのはアスリートでもない限り過剰な筋肉というのはありません。そのため細くしたいという望みのある方全てに太ももの脂肪吸引の治療適応はあると考えて良いと思います。



太ももを細くしたい方
ヒップアップをしたい方
全体的な下半身痩せをしたい方 など
脚と足に隙間を作りたい方
膝周りを細くしたい方

太ももは比較的大量の皮下脂肪を除去することができます。そのため同時にふくらはぎも細くしたいという方の場合は1泊の入院が必要ですし、術後の回復にも時間がかかりますのでダウンタイムには余裕を持つ時間が必要です。

太ももの脂肪吸引のメリット・デメリット
Feature

太ももの脂肪吸引の最大のメリットは苦労することなく、安全に気になる部分だけを確実に細くすることができます。一度除去された部分の皮下脂肪は再発することもありませんので一生涯、その部分は細いまま過ごすことができるのです。太ももの脂肪吸引は部分的に細くしたいと願う方にとっては何よりも嬉しい治療であることに違いありません。しかし、それとは逆にリスクとなる問題点もあります。 大切なのは起こりうるリスクを最小限に抑える技術的な工夫、適切なアフターケアが大切であることを知っておいて下さい。


脂肪吸引(太もも)のメリット

確実に細くできる
ダイエットが不要で太ももが細くなる
気になる部分だけを細くできる
リバウンドしない

脂肪吸引(太もも)のデメリット

× 広範囲の吸引は強い痛みを伴う
× 術後拘縮を引き越しやすい
× 一時的だが運動しにくくなる
× 傷跡の赤みがしばらく残ることがある

慶友形成クリニックの太ももの脂肪吸引はデメリットとなる問題をできる限り引き起こさない、万一引き起こしても短期間で緩和するよう脂肪吸引の方法から、術後の徹底したケアまで充実したアフターケアで脂肪吸引後の苦痛を最小限に抑える治療を行っています。また、日本で唯一、理学療法士による術後リハビリを実践している美容外科です。

太ももの脂肪吸引の概略
Outline

施術名
太ももの脂肪吸引

手術時間
60分?240分

料金
前面・内側・外側・後面 各270,000円  全周864,000円

諸費用
初診料 3,240円、血液検査10,800円、心電図・胸部レントゲン4,320円

診察当日の治療
不可

術後の腫れ
1、2週間(吸引量、吸引範囲で変動)

メイク
制限なし

シャワー・入浴
シャワーは圧迫固定の翌日から(術後4日目以降)、入浴は抜糸の翌日から

洗顔
制限なし

推奨通院回数
6回 (カウンセリング/脂肪吸引/3日後圧迫除去/7日後抜糸/術後1ヶ月検診/術後3ヶ月検診)

治療の流れ
TREATMENT FLOW

太ももの脂肪吸引の治療の流れ、仕上がりまでの流れについてご紹介します。



1  診察の予約

脂肪吸引の適応を判断するための診察が必要です。そのために事前のご予約をお願いします。診察から手術までどの程度の日数がかかりますか?という質問を多く受けますが、予約状況によっても違ってきます。特に問題がなければ最短で1週間程度で太ももの脂肪吸引を受けて頂くことは可能です。 しかし、血液検査の結果が出るには3、4日の日数がかかりますので余裕を持ったスケジュールを計画しましょう。診察の予約はお電話でも構いませんし、メールでもお申し込みいただけます。

・ カウンセリングから太ももの脂肪吸引の手術までは最短で1週間程度。
・ ご予約はお電話でもメールでも可。
・ 事前のご予約は必須。当日でも空きがあればご案内は可能です。


2  診察・カウンセリング

いよいよ専門医による診察です。まず、太ももの状態、皮下脂肪の付き具合などを診察します。そうしてご要望をお伺いし、具体的な脂肪吸引の方法、吸引する範囲、想定される目標の脂肪吸引量を提案します。また、注意事項、ダウンタイムやリスクなども細かに説明いたします。診察のお時間は概ね40分程度です。治療内容に応じて見積書を作成します。治療事例などはその際にご覧いただくことが可能です。

・ カウンセリングのお時間は概ね30、40分程度。
・ 診察には看護師(女性スタッフ)も同席します。
・ 想定できる皮下脂肪の吸引量などを提案します。


3  検査

太ももの脂肪吸引を受けていただくには、血液検査が必要です。出血時間など太ももの脂肪吸引に影響を及ぼす可能性のある検査は全て実施いたします。また、合わせて感染症などのチェックも行います。感染症があるからといって脂肪吸引が出来ない訳ではありません。
検査項目というのは一般的な検診とは違います。そのため別途で血液検査が必要となります。

・ 遠方の方や、すでに手術を申し込もうと考えている方は、診察時に血液検査を受けていただけますのでご安心ください。
・ 地元での検査をご希望の場合などは必要な検査項目を表記した用紙をお渡しいたしております。


4  太ももの脂肪吸引のお申し込み

太ももの脂肪吸引を受けようと決めていただいてから手術のお申し込みをしていただければ構いません。太ももの脂肪吸引は全て自己決定です。私たちが脂肪吸引を斡旋することはありません。あくまでご自身がどうしたいかで判断していただきます。
もちろん、太ももの脂肪吸引に対し不安や疑問があれば何度でも再相談させていただきますし、メールやお電話でも対応させていただきます。

・ 再相談などお気軽にお申し込み下さい。回数など特に制限もありません。
・ 再相談は無料です。


5  ウエストの脂肪吸引の実施

太ももの脂肪吸引の前に再度主治医と相談と確認を行います。その際、経過観察のための写真を撮影します。それが済んだら吸引部分のデザインを描
きます。そうして手術室に入室していただきます。
太ももの脂肪吸引のお時間は部分的な吸引の場合は60分、全周法の場合は240分程度かかります。全周法の場合は、吸引当日は入院していただきます。(入院に関してはあくまで吸引量にもよって違います。当院の場合、大量の吸引をご希望される方が多いので、多くの方は入院となります。)
局所麻酔による脂肪吸引ですので意識のある状態で脂肪吸引を行います。

・ 太ももの脂肪吸引の当日は入院していただきます。
・ 吸引した脂肪は脂肪吸引後にご覧いただけます。



6  翌日検診

入院した場合には翌日に傷を縫合します。そうすることで血液やリンパ液、体液などの貯留を極限まで除去できるため腫れが少なく済みますし、腫れの期間が短く済ませることができるのです。縫合後に歩いてご帰宅していただけます。

・大量の脂肪を吸引すれば強い腫れを生じます。1泊入院し、1日かけて余分な血液などを除去することは絶対にお勧めです。


7  3日以降でドレッシングの除去

術後に脂肪吸引用のスポンジを装着し、特殊な包帯で圧迫しているのですが、3日後に全て除去します。ご自宅でも出来ますが、基本的には通院による除去を推奨しています。必要に応じて疼痛緩和のケアを受けていただきます。

・ ご自身で外こともできますが、できる限りご来院ください。


8  7日後に抜糸

縫合糸を抜糸します。腫れはありますが、徐々に落ち着いてきます。ストッキングによる圧迫は継続していただきます。


9  仕上がりの確認・チェック

1ヶ月、3ヶ月後に仕上がりの状態、傷の状態をチェックします。そうして仕上がりの満足度、脂肪吸引の結果に対する評価を確認します。万一、取り残しや満足できない部分がありましたら、その内容に応じて満足のいく結果で対応します。

ウエストの脂肪吸引に関するご質問
Question

太ももの脂肪吸引で取れる皮下脂肪の量を知りたいです。とことん細くしたいのですが、限界はあるのでしょうか?
太ももの脂肪吸引で除去できる脂肪の量には個人差があり、どの程度取れるのかというのは人によって大きく違いますので、具体的な吸引量にはばらつきがあります。片側で500mlの方満足できる方もいれば、1,000ml以上の吸引が必要となることもあります。
もちろん、太ももの脂肪吸引で満足のいく結果を得るには吸引する皮下脂肪の量は大切です。とれば取るだけ細くはできます。しかし、全ての皮下脂肪を取るということは不可能ですし、行うべきではありません。表面に近い浅い層にある皮下脂肪は除去すべきではないのです。一部の美容外科では90%の皮下脂肪を取る、取れるということを表現していますが、理論上、テクニック的には可能ですがそこまで脂肪吸引を行うことは無いです。なぜなら、太ももの場合、筋肉の形状や大きさによってその輪郭が浮き出やすく、吸引による表面の凹凸ではなく、筋肉の段差や凹凸が表面化しますので、過剰な吸引は仕上がりが醜く不自然な形状となってしまいます。過剰な太ももの脂肪吸引は仕上がりが細くすることはできても筋肉などが浮き出て凹凸になるので絶対に行うべきではありません。

大腿全周の脂肪吸引を考えています。通勤で階段の上り下りが結構あるのですが、どれぐらいで普通に歩ける様になりますか?
太ももの脂肪吸引の術後の動きですが、吸引量によって大きく違います。大量の吸引を行った場合、スムーズに動けるようになるには1、2週間はかかります。ただし、術後のリハビリによって大幅に短縮は可能ですし、疼痛緩和ケアを受けていただくことでも短縮は可能です。慶友形成クリニックは理学療法士による術後リハビリも受けていただける唯一の美容外科です。

販売業で常に立ち仕事なのですが、仕事は何日ぐらいお休みが必要でしょうか?
通常、4、5日のお休みは必要です。ただし、1週間休めるのであればそちらの方がなお良いでしょう。術後の状態というのは個人差もありますが、吸引する範囲や吸引する脂肪の量でも大きく違ってきます。診察でどの程度の吸引が可能か、それに伴うダウンタイムはどの程度なのかということは具体的にご提案していますのでご安心ください。

手術当日は一人で歩いて家に帰れますか?一人暮らしで家も遠いので心配です。入院などはできるのでしょうか?
太ももの脂肪吸引の場合、全周法の場合は1泊の入院を推奨しています。部分的な吸引の場合はそこまでの痛みはありませんし、ご帰宅していただく分には問題はありません。

太ももの脂肪が気になっているのですが、それと皮膚のボコボコみたいなセルライトも気になっています。脂肪吸引したらセルライトも一緒に除去できますか?
太ももの脂肪吸引というのは皮下の脂肪を除去するものです。セルライトというのは表在性の脂肪ですので全く別物です。脂肪吸引を受けていただいてもセルライトは除去できません。セルライトはエンダモロジーなど体外式セルライト分解装置などで治療することで解消させることができます。当院では経験豊富なエンダモロジーの専任スタッフが常駐していますので、脂肪吸引後もしくはセルライトの除去目的の方でも受けて頂くことが可能です。お気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP