顔の腕の脂肪吸引

HOME  美容外科  脂肪吸引のできる場所  顔(頬・顎)の脂肪吸引

慶友形成クリニックだからできる「顔の脂肪吸引」について詳しくご紹介します。

引き締まったフェイスライン、シャープな輪郭は美しさを最大限表現する。

スッキリとしたフェイスライン、シャープでスリムな顔は知的で美しさを最大限引き出す美の要素です。美しいフェイスライン、整った小顔というのはメイクで描けるものではなく、あなたが持つ本来の美しさ、見た目の美しさの印象を位置付ける大切なエッセンスとなるのです。
ふっくらしたフェイスライン、たるみがちな頬、二重顎では全てを台無しにしてしまいます。顔の脂肪というのはマッサージやダイエットでは美しく痩せることはできませんし、効果の持続も期待できません。大切なのは余分な脂肪そのものをなくすことにあるのです。顔の脂肪吸引は全てをリセットし美しいフェイスラインを自然に描くことができるのです。


顔の脂肪吸引

顔の膨らみ、たるみの原因には皮膚のそのもののたるみ以外にも皮下脂肪が大きく影響しています。もともと皮下脂肪が多い方、過剰な飲食(飽食)、加齢による基礎代謝の低下、ホルモンバランスの乱れによる皮下脂肪の肥大によってフェイスラインの美しさが損なわれてしまいます。 一度付いてしまった皮下脂肪はダイエットで解消させることは難しいですし、運動で変えられるものでもありません。そんな悩みを瞬時に解消できるのが「顔の脂肪吸引」です。

顔の脂肪吸引は、頬や顎に付いている皮下脂肪を細い吸引管を使って直接的に除去する、取り除く最先端の美容外科治療です。傷跡も耳たぶの直下に2ミリ程度のものしか残りませんので、誰にも気がつかれることもなく顔を細っそりとシャープに整えることができるのです。 ここでは慶友形成クリニックが行なっている顔の脂肪吸引について詳しくご紹介します。

顔の脂肪吸引の種類

顔の脂肪吸引でも吸引する場所は人それぞれ違いますし、目的も違います。顔の脂肪吸引には、頬の脂肪吸引、フェイスライン・二重アゴの脂肪吸引、頬とフェイスラインの両方を行う脂肪吸引があります。

頬、フェイスラインの皮下脂肪を吸い取ってフェイスラインをスッキリとさせる小顔に整えるための顔の脂肪吸引です。耳たぶの直下らアプローチし、頬のボリュームを落とし小顔に変わります。

フェイスライン、顎下の皮下脂肪を吸い取ってたるみがちなフェイスラインを引き締めて、若返ったシャープな顔立ちに変えることができます。

頬、顎下、フェイスラインの皮下脂肪全てを吸い取って小顔にすること、たるみを引き上げて解消させることの全てを叶える顔の脂肪吸引です。

顔の脂肪吸引の実際

顔の脂肪吸引というのは、印をつけて吸引する部分に麻酔を行います。そうして吸引する範囲の脂肪層にお薬(チューメセント液)を浸透させ、脂肪を吸引しやすくする処理を行ってから皮下脂肪を吸引します。

Flow 1.デザイン

吸引する皮下脂肪の範囲にデザインを描きます。顔の脂肪吸引は寝た状態で行いますので、起き上がっている時とでは状態が違いますので、座った状態で正確なデザインが重要になります。


Flow 2.麻酔・吸引口の作成

耳たぶの直下に局所麻酔の注射を行ないます。そうしてアプローチするための吸引口を耳たぶの直下にメスで2ミリ程度切開して作成します。


Flow 3.チューメセント液の浸透

吸引口から皮下脂肪をスムーズに吸引しやすくするようチューメセントと呼ばれる混合薬を皮下脂肪層全体に浸透させます。脂肪層に隅々まで行き渡ったらより高い効果を導き出すまでマッサージしながら脂肪をほぐします。


Flow 4.皮下脂肪の吸引

皮下脂肪を吸い取っていきます。ゆっくりと丁寧に時間をかけて吸引します。顔の脂肪吸引には専用の極細の吸引管を使用し、低圧吸引ができるシリンジ法で丁寧に細かく皮下脂肪を吸い取ります。そうして美しいフェイスライン、たるみを解消させます。


Flow 5.廃液・ドレナージ

全て吸引し終わったら、残っているチューメセント液や血液を残さないように絞り出します。仮に残っていても全て吸収されますのでそのままにする美容外科も多いのですが、術後の腫れに影響を与えますのでしっかりと絞り出します。


Flow 6.縫合

全て絞り出したら傷を縫合します。傷は数ミリです。基本的には縫合は必要ない場合が多いのですが、傷を目立たせないように1針だけで縫合します。


Flow 7.ドレッシング

腫れを最小限に抑えること、内出血を引き起こさないよう専用のスポンジを装着し、マスクで圧迫固定を行ないます。顔の脂肪吸引はしっかりと癒着させることでたるみの予防ができます。これで顔の脂肪吸引は終了です。少しお休みいただきご帰宅していただけます。

慶友形成クリニックの顔の脂肪吸引
Everything

ただ細くボリュームダウンするだけでは
本当の美しさは描けない。

小顔になりたい、顔をシャープに整えたい。だからこそ顔の脂肪吸引に頼るのですが、単に皮下脂肪を吸い取ってサイズダウンするだけで本当にあなたが望む美しさ、細さを叶えることが出来る訳ではありません。顔の脂肪吸引にとって大切なのは全体のフォルムからより効果的に痩せ効果を導き出すデザイン、それと弛ませないアフターケアが大きなポイントになるのです。

私たちのこだわり 顔の脂肪吸引に対する私たちのこだわりと工夫

私たちが提供する「顔の脂肪吸引」は吸引するデザインにこだわっています。全体的なボリュームダウンは主たる目的ですが、全体のフォルムを含めた美しいフェイスラインを描くことにも重点を置いています。また、顔の脂肪吸引後のたるみを抑えるためのドレッシングやアフターケアにも力を入れています。

術中の痛みを感じさせない麻酔の工夫
腫れを長期化させない工夫
弛ませない技術、ドレッシング
腫れ、内出血を最小限に抑える工夫

これら4つの工夫とこだわりのある顔の脂肪吸引でより高い満足度、術後の緩和ケアを実践しています。

顔の脂肪吸引の適応
Adaptation

顔の脂肪吸引の適応 顔の脂肪吸引はこんな方に向いています

小顔になりたい、二重アゴを解消したいなど顔の輪郭、大きさのサイズダウンを希望される方に顔の脂肪吸引は適しています。顔の脂肪吸引は年齢によっては皮膚のたるみが強くなる可能性もありますが、他の治療との併用によって弛ませない結果に導き出すことは可能ですし、効果には十分満足していただける結果を残すことができます。まずは専門医である私たちにご相談ください。



小顔になりたい方
頬を痩せさせる
二重アゴの解消
フェイスラインをシャープに など

顔の脂肪吸引でボリュームを下げることで大きな小顔効果が期待です。さらに小顔に、より高い効果をご希望の方には、皮下脂肪だけではなく、筋肉(咬筋)を萎縮させてもっと顔を小さくするエラボトックスとの併用も可能です。


エラボトックスの詳細はこちら

顔の脂肪吸引のメリット・デメリット
Feature

顔の脂肪吸引はダイエットなど苦労することなく、確実に頬をすっきりとさせることが出来る整形手術です。腫れなど辛い期間はわずか数日で終了する上、効果は一生涯続くため非常にオススメの脂肪吸引の一つです。また、大きなリスクを伴うこともありませんのでどなたでも安心して顔の脂肪吸引を受けていただくことができます。


顔の脂肪吸引のメリット 

頬が痩せる。ほっそりと出来る
フェイスラインがシャープになる
傷跡が全く目立たない
リバウンドしない

顔の脂肪吸引のデメリット

× 一時的な腫れを生じる
× 圧迫期間中不自然さが目立つ

顔の脂肪吸引は治療後に腫れや圧迫などで数日間ですが、人と会うのは難しくなります。そのため手術に対し抵抗感を感じる方が多いのですが、確実な効果と一生涯効果が持続するメリットを考えるとわずか数日間のダウンタイムはあっという間のことです。そのため多くの方の感想は、「もっと早く受ければよかった」という感想を持たれる方が多いのも特徴の一つです。

顔の脂肪吸引の概略
Outline

施術名
顔の脂肪吸引

手術時間
約60分

料金
頬の脂肪吸引 324,000円、顎の脂肪吸引 216,000円、
頬+顎の脂肪吸引 432,000円

諸費用
初診料 3,240円、血液検査 6,480円、全身麻酔 108,000円

診察当日の治療
不可

術後の腫れ
1週間程度

メイク
制限なし

シャワー・入浴
シャワーは圧迫固定の翌日から(術後4日目以降)、入浴は抜糸の翌日から

洗顔
制限なし

推奨通院回数
6回 (カウンセリング/脂肪吸引/3日後圧迫除去/7日後抜糸/術後1ヶ月検診/術後3ヶ月検診)

治療の流れ
TREATMENT FLOW

顔の脂肪吸引の治療の流れ、仕上がりまでの流れについてご紹介します。



1  診察の予約

顔の脂肪吸引の適応を判断するための診察が必要です。診察には時間がかかりますので事前のご予約をお願いします。診察から手術までどの程度の日数がかかりますか?という質問を多く受けますが、予約状況によっても違ってきます。特に問題がなければ最短で1週間程度で顔の脂肪吸引を受けて頂くことは可能です。
しかし、血液検査の結果が出るには3、4日の日数がかかりますので余裕を持ったスケジュールを計画しましょう。診察の予約はお電話でも構いませんし、メールでもお申し込みいただけます。

・ カウンセリングから埋没法の手術までは最短で1週間程度。
・ ご予約はお電話でもメールでも可。
・ 事前のご予約は必須。当日でも空きがあればご案内は可能です。


2  診察・カウンセリング

いよいよ専門医による診察です。まず、顔の皮下脂肪の状態、付き具合などを診察します。そうしてご要望をお伺いし、具体的な脂肪吸引の方法、吸引する範囲、想定される目標の脂肪吸引量を提案します。また、注意事項、ダウンタイムやリスクなども細かに説明いたします。診察のお時間は概ね40分程度です。治療内容に応じて見積書を作成します。治療事例などはその際にご覧いただくことが可能です。

・ カウンセリングのお時間は概ね30、40分程度。
・ 想定できる皮下脂肪の吸引量などを提案します。


3  検査

顔の脂肪吸引を受けていただくには、血液検査が必要です。出血時間など顔の脂肪吸引に影響を及ぼす可能性のある検査は全て実施いたします。また、合わせて感染症などのチェックも行います。感染症があるからといって脂肪吸引が出来ない訳ではありません。
検査項目というのは一般的な検診とは違います。そのため別途で血液検査が必要となります。

・ 遠方の方や、すでに手術を申し込もうと考えている方は、診察時に血液検査を受けていただけますのでご安心ください。
・ 地元での検査をご希望の場合などは必要な検査項目を表記した用紙をお渡しいたしております。


4  顔の脂肪吸引のお申し込み

顔の脂肪吸引を受けようと決めていただいてから手術のお申し込みをしていただければ構いません。顔の脂肪吸引は全て自己決定です。私たちが脂肪吸引を斡旋することはありません。あくまでご自身がどうしたいかで判断していただきます。
もちろん、顔の脂肪吸引に対し不安や疑問があれば何度でも再相談させていただきますし、メールやお電話でも対応させていただきます。

・ 再相談などお気軽にお申し込み下さい。回数など特に制限もありません。
・ 再相談は無料です。


5  顔の脂肪吸引の実施

顔の脂肪吸引の前に再度主治医と相談と確認を行います。その際、経過観察のための写真を撮影します。それが済んだら吸引部分のデザインを描きます。そうして手術室に入室していただきます。
顔の脂肪吸引のお時間は60分程度かかります。
局所麻酔による脂肪吸引ですので意識のある状態で脂肪吸引を行います。

・ 麻酔の痛みが心配な方には静脈麻酔などの併用が可能です。
・ 吸引した脂肪は脂肪吸引後にご覧いただけます。


6  3日以降でドレッシングの除去

術後に脂肪吸引用のスポンジを装着し、専用のフェイスバンテージで圧迫しているのですが、3日後に全て除去します。ご自宅でも出来ますが、基本的には通院による除去を推奨しています。必要に応じて疼痛緩和のケアを受けていただきます。

・ ご自身で外こともできますが、できる限りのご来院を推奨しています。


7  7日後に抜糸

縫合糸を抜糸します。軽度の腫れはありますが、徐々に落ち着いてきます。専用のフェイスバンテージによる圧迫は継続していただきます。


8  仕上がりの確認・チェック

1ヶ月、3ヶ月後に仕上がりの状態、傷の状態をチェックします。そうして仕上がりの満足度、顔の脂肪吸引の結果に対する評価を確認します。万一、取り残しや満足できない部分がありましたら、その内容に応じて満足のいく結果で対応します。

顔の脂肪吸引に関するご質問
Question

頬と顎の脂肪が気になるのですが、脂肪をとったら皮膚が弛んだりしませんか?
頬や、顎の皮下脂肪を取り除くと当然ボリュームは小さくなる訳ですから皮膚に緩みが生じます。しかし、それが直ちに頬のたるみへと繋がる訳ではありません。皮膚そのものは容易に収縮しますので、たるみの心配はありません。
また、慶友形成クリニックの顔の脂肪吸引はたるみを引き起こさないよう術後のドレッシングや術後のアフターケアにも取り組んでいます。

手術後、フェイシャルエステはいつぐらいから受けてもいいですか?
顔の脂肪吸引のフェイシャルエステですが、基本的には1ヶ月以降を推奨しています。ただし、フェイシャルエステでもレーザーを使うものであったり、スキンケアが中心でマッサージを行わないものでしたら1、2週間以降で施術を受けていただいても構いません。

脂肪を取った後、皮膚がボコボコになったりしませんか
顔の皮膚の薄い方ですと表面が凹凸するなどのリスクがあります。そのため当院では使用する吸引方法に工夫を凝らし、皮膚の凹凸を作らない安全で確実な効果を実感していただける顔の脂肪吸引を実施しています。

脂肪が再発することはありますか?
顔の脂肪吸引で除去した脂肪というのは増えることはありませんので再発の心配はありません。厳密に言えば若干は再発すると考えられています。しかし、その再発の量というのは吸引量とはかけ離れたものですので、再発が無いとお伝えしています。

PAGE TOP