患者様中心の美容外科を常に心がけております

慶友形成クリニック
TOPへ | サイトマップ

24時間受付メール相談来院のご予約
慶友形成クリニック 院内案内美容施術料金案内慶友形成クリニックの特徴美容整形施術の治療品質慶友形成クリニックの治療案内院長挨拶慶友形成クリニックへのアクセスお問合せ
TOP > 治療案内トップ > 乳房吊上げ
治療案内therapy
乳房吊上げ(マストペクシー)

乳房吊上げとは
乳房吊上げの治療は、垂下った乳房を吊り上げる美容整形です。下垂は筋肉や靭帯が離断してしまったり、伸びきってしまう状態なので、伸びてしまった皮膚を切除し、靭帯を処理することで下垂が改善します。この治療は乳輪の縮小効果もあります。

乳房吊上げの詳しい情報はこちら

乳房吊上げの詳細
乳房吊上げはデザインを施し、伸びきってしまった皮膚を切除します。乳輪縮小の効果も優れています。

乳房吊上げのダウンタイム
ダウンタイム6-7

当日
手術後3、4時間で痛みが出る場合があります。処方された薬を指示通りに服用してください。 ご希望があれば入院も可能です。
翌日
強い痛みはありませんが、鈍痛を感じる場合があります。薬を服用後20、30分で痛みは減少します。
2、3日目
腫れ、内出血の予防のため胸全体を圧迫していますので、バスト創部を見ることはできません。激しい痛みはありません。皮膚炎やテープかぶれを起こさないように肌に優しい衛生材料を使用していますが、ガーゼを固定するテープでかゆみがでる場合もあります。そのときは交換します。状態に応じて外用薬も処方します。
1週間後
縫合している糸を抜糸します。抜糸後はガーゼも外れオープンの状態になります。一時的に乳頭の感覚が鈍感になる場合がありますが、徐々に通常感覚に戻ります。必要に応じて内服薬を処方します。
2-3週間後
手術の傷の部分が薄いピンク色 になっている場合があります。
2-3ヶ月後
傷のピンク色は薄くなり、自然な肌色になります。傷を目立たないようにするためテーピングをします。
3-6ヶ月後
乳輪の輪郭が気になる方はアートメイクを施すと、より自然な見栄えにできます。

乳房吊上げの術後ケアについて
乳房吊上げの美容整形治療の術後のケアで大切なのは、テーピングです。傷を最小限に目立たなくさせるのに効果的です。術後検診で詳細をアドバイスさせていただきますのでご安心下さい。 また、乳輪と肌とのグラデーションは治療でも行っていますが、ご希望に応じてアートメイクも対応しています。お気軽にご相談下さい。
 
乳房吊上げ

Question
手術の痛みが心配です。手術中や手術後にどれくらいの痛みがあるんでしょうか?
Answer
局所麻酔の場合、注射による痛みはあります。しかし、全身麻酔なら痛みを感じることはありません。
>当院の痛みについての取り組み

Question
他のクリニックで一度治療を受けています。でも、またすぐに垂れてきました。乳輪の形もすごく不自然です。このような修正にも対応していただけるんでしょうか?
Answer
他院修正の治療にも対応していますのでご安心下さい。また、術後のトリートメントを行っているので、再発を遅らせることが可能です。お気軽にご相談下さい。

Question
傷はどれくらいで目立たなくなりますか?
Answer
個人差もありますが、一般的に2、3か月かかります。あくまでも状況に応じた期間とお考えください。


24時間受付メール相談来院のご予約このページのTOPへ
二重まぶた情報
脂肪吸引情報
豊胸情報
エラ削り・フェイスライン情報
AGING若返り
クマ・目元のスキントラブル情報
受け口・セットバック等、症状別治療情報

 
本ページ内すべての文書・データ等は著作物です。
無断掲載・転載等はお断りいたします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic.