患者様中心の美容外科を常に心がけております

慶友形成クリニック
TOPへ | サイトマップ

24時間受付メール相談来院のご予約
慶友形成クリニック 院内案内美容施術料金案内慶友形成クリニックの特徴美容整形施術の治療品質慶友形成クリニックの治療案内院長挨拶慶友形成クリニックへのアクセスお問合せ
TOP > 治療案内トップ > 下眼瞼切開
治療案内therapy
下眼瞼切開

下眼瞼切開とは
下眼瞼切開は、弛んだ皮膚を切除して引き上げる“アイリフト”と呼ばれる美容整形治療です。下眼瞼切開は皮膚を切開して引き上げる方法以外に、筋肉を引き上げて固定する方法、ふっくらとした状態を保ちたい場合には脂肪を固定する方法など、状態や希望する仕上がりに応じてさまざまな術式で対応できます。

下眼瞼切開の詳しい情報はこちら

下眼瞼切開の詳細
弛緩した皮膚を切除して、シワやたるみを取り除くのが下眼瞼切開という美容整形の治療です。

下眼瞼切開のダウンタイム
ダウンタイム5-6

当日
手術後の痛みはありません。ご帰宅後によく休んでいただくことが大切です。夜間に涙と一緒に血液がにじむ可能性はありますが、正常な経過ですのでご安心下さい。
翌日
軽いむくみがある程度で、痛みや不自然さは一切ありません。稀ですが内出血の可能性もあります。しかし、時間の経過で完治します。
3日目
自然な状態で、傷は一切見えません。

下眼瞼切開の術後ケアについて
下眼瞼切開の術後のケアですが、4、5日は腫れを抑えるために肌色のテープを肌に直接貼ります。術後7日目に抜糸をしますので、ダウンタイムは5-7日程度とお考えください。術後のアフタートリートメントは高周波温熱療法など、充実した内容を提供させていただいております。
 
下眼瞼切開

Question
傷は目立ちますか?
Answer
下眼瞼切開の治療部位は、まつ毛の下ギリギリのラインで切開します。術後、1-2週間は気になるかもしれませんが、お化粧でも消すことができますし、赤みが落ち着けば、目立つことはありません。

Question
年齢は43歳です。たるみも膨らみもある状態です。脱脂がよいのか、切開がよいのか悩んでいます。どういった治療法が一番適しているんでしょうか?
Answer
治療法の選択は難しいですね。このように考えて下さい。膨らみも、皮膚のたるみもすべてを一度で完治させたい場合は切開以外に方法はありません。しかし、お仕事の状況を含めたダウンタイムに余裕がないということであれば、まずはレーザーによる脱脂術で膨らみを取り除き、皮膚のたるみはスキンケア的な治療で対応するやり方です。顔の表情は、膨らみを取るだけでも明るく変りますので一時的とはいっても非常に満足される方が多いようです。

Question
年も年なので、上・下まぶたにたるみがあります。仕事はしていなので休みを十分とることができます。上下のまぶたの治療を同時に受けることはできますか?その際のメリット、デメリットを教えて下さい。
Answer
上下のまぶたの治療を同時におこなうのは可能です。メリットは一度に治療するためにダウンタイムが一回で済むこと。デメリットは、一時的な腫れが強いことです。しかし、アフターケアトリートメントなども行っていますし、デメリットは基本的にはありません。あるとすれば手術時間が長くなるということぐらいです。

24時間受付メール相談来院のご予約このページのTOPへ
二重まぶた情報
脂肪吸引情報
豊胸情報
エラ削り・フェイスライン情報
AGING若返り
クマ・目元のスキントラブル情報
受け口・セットバック等、症状別治療情報

 
本ページ内すべての文書・データ等は著作物です。
無断掲載・転載等はお断りいたします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic.