患者様中心の美容外科を常に心がけております

慶友形成クリニック
TOPへ | サイトマップ

24時間受付メール相談来院のご予約
慶友形成クリニック 院内案内美容施術料金案内慶友形成クリニックの特徴美容整形施術の治療品質慶友形成クリニックの治療案内院長挨拶慶友形成クリニックへのアクセスお問合せ
TOP > 治療案内トップ > 鼻翼縮小
治療案内therapy
鼻翼縮小

鼻翼縮小とは
鼻翼縮小は小鼻を小さくする美容整形治療です。横に広がった小鼻には非常に効果的で十分満足していただける治療です。著しく腫れることはありませんが、7日後の抜糸まで糸が表面に見えています。

鼻翼縮小の詳しい情報はこちら

鼻翼縮小の詳細
小鼻を小さくする治療法は2通りあり、大きな変化を希望される場合は外側からの切開が必要で、それ以外は内側からの切開法で治療が可能です。

鼻翼縮小のダウンタイム
ダウンタイム5-6
当日
4、5時間後に軽い鈍痛が出る可能性はありますが、処方した薬を服用すれば落ち着きます。著しい腫れはありません。
翌日
創部に糸があるだけで著しい腫れはありません。皮脂が溜まりやすいため適切な処置が必要です。検診時に傷を最小限にするよう処置致します。
1週間目
抜糸します。傷の赤みはありますが、明日からお化粧で十分隠せます。
1ヵ月後
基本的に仕上がりです。個人差で、傷の赤みが持続する場合もあります。

鼻翼縮小の術後ケアについて
鼻翼縮小は術後の衛生ケアが大切です。糸が残っていてもしっかり洗顔をしないと、皮脂がたまりかえって傷に問題が出てしまう可能性があります。
 
鼻翼縮小

Question
内側からの方法と外側からの方法の違いがわかりません。
Answer
内側からの治療は、大きな変化を加えることはできません。外側の場合は組織自体を切除できますので、大きな変化を加えることができます。希望する仕上がりの大きさによって適切な治療法を選択することが大切です。

Question
鼻先の治療と同時に治療はできるんでしょうか?
Answer
鼻先の治療の種類にもよりますが、基本的には複合した美容整形治療は可能です。

Question
この手術は美容整形の中でも多い治療なんでしょうか?
Answer
実際に鼻翼縮小の治療は、隆鼻術や鼻先を細くする美容整形の治療と比べると少ないです。それはあくまで需要の問題であり、それ以上に鼻先を気にされているから多いということではないでしょうか。

24時間受付メール相談来院のご予約このページのTOPへ
二重まぶた情報
脂肪吸引情報
豊胸情報
エラ削り・フェイスライン情報
AGING若返り
クマ・目元のスキントラブル情報
受け口・セットバック等、症状別治療情報

 
本ページ内すべての文書・データ等は著作物です。
無断掲載・転載等はお断りいたします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic.