患者様中心の美容外科を常に心がけております

慶友形成クリニック
TOPへ | サイトマップ

24時間受付メール相談来院のご予約
慶友形成クリニック 院内案内美容施術料金案内慶友形成クリニックの特徴美容整形施術の治療品質慶友形成クリニックの治療案内院長挨拶慶友形成クリニックへのアクセスお問合せ
TOP > 治療案内トップ > 鼻尖縮小
治療案内therapy
鼻尖縮小

鼻尖縮小とは
鼻尖縮小とは、鼻先を細くする美容整形の治療です。両側の鼻の穴からアプローチして、鼻先部分の軟骨を処理して、細く仕上げますので、表面に一切傷が残ることなく自然に整います。主にダンゴ鼻の方に適した治療法です。軟骨移植やプロテーゼと併用することで鼻全体に大きな変化を加えることもできます。

鼻尖縮小の詳しい情報はこちら

鼻尖縮小の詳細
両側の鼻の穴からアプローチし、軟骨を細かく処理します。糸でしっかりと固定もしますので術後に再発、元に戻るということもありません。

鼻尖縮小のダウンタイム
ダウンタイム6-7

当日
治療後は、腫れを予防し、固定を確実に安定化させるために、テーピングと固定を行います。手術後4 - 5時間で軽い鈍痛が出る可能性はありますが、処方されたお薬を服用していただければ落ち着きます。
翌日
目元全体に腫れを生じる場合があります。著しい痛みなどはありませんが、腫れのため、安静が必要です。固定及びテーピングは今後の仕上がりのために重要です。通常5 - 7日間行います。
3日目
個人差もありますが、腫れは徐々に引いてきます。
5日目
傷に糸はありますが、外見上、著しく不自然な状態ではありません。テーピングを外します。
1週間目
抜糸をします。このころには腫れはほとんど引いています。
1ヵ月後
基本的には仕上がりの状態です。

鼻尖縮小の術後ケアについて
鼻尖縮小は治療後にテーピングなどを必要とします。そういった固定は基本的に抜糸まではおこなっていただきます。抜糸は7日後です。鼻尖縮小は少しのむくみでも結果に満足できない場合があり、最終的な仕上がりまでに少しお時間をいただく場合があります。
 
鼻尖縮小

Question
鼻尖縮小の傷が気になります。どの程度残るんでしょうか?
Answer
基本的に両方の鼻の穴の中からアプローチしますので、表面に傷が残ることはありません。ご安心下さい。

Question
過去に交通事故で鼻骨を骨折しています。そういった状態でも治療は可能でしょうか?
Answer
診察をしてみないと判断はできませんが、基本的には治療は可能だと思います。

Question
鼻先を細くしたいのは前からなんですが、上向きの鼻も治したいと考えています。鼻尖縮小で改善しますか?
Answer
鼻尖縮小はあくまで鼻先を細くする治療です。上向きの鼻を治療するには軟骨移植などの治療と併用が必要となります。

24時間受付メール相談来院のご予約このページのTOPへ
二重まぶた情報
脂肪吸引情報
豊胸情報
エラ削り・フェイスライン情報
AGING若返り
クマ・目元のスキントラブル情報
受け口・セットバック等、症状別治療情報

 
本ページ内すべての文書・データ等は著作物です。
無断掲載・転載等はお断りいたします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic.