患者様中心の美容外科を常に心がけております

慶友形成クリニック
TOPへ | サイトマップ

24時間受付メール相談来院のご予約
慶友形成クリニック 院内案内美容施術料金案内慶友形成クリニックの特徴美容整形施術の治療品質慶友形成クリニックの治療案内院長挨拶慶友形成クリニックへのアクセスお問合せ
TOP > 治療案内トップ > ほくろ
治療案内therapy
ほくろ

ほくろとは
ほくろ(黒子)は皮膚の良性腫瘍の一種です。ごく稀にですが悪性腫瘍のケースもあります。きちんと検査をすれば心配はありません。当院では大きさや状態によってレーザーもしくは切開で治療します。ほくろは状態によって保険適応となる場合もございます。

ほくろの詳しい情報はこちら

ほくろの詳細
レーザーを照射し、ほくろの細胞を取り除きます。

ほくろのダウンタイム
ダウンタイム2-3

方法は大きさ、部位によって判断します。
■レーザーや電気メスで取り除く
照射した部分に7日間テープを貼ります。洗顔・洗髪・お化粧は当日から可能です。 日焼けは厳禁です。
■切除して取り除く
手術後2、3日間は傷の部分から血がにじみ出ることがあります。出血量が多い時や3日以降も続く時はクリニックにご相談ください。
仕事への影響はありません。洗顔、シャワー、入浴は翌日から可能です。傷の部分にテープを貼ります。

ほくろの術後ケアについて
ほくろ治療の術後はテーピングをおこないます。お化粧はテープの上からでも可能です。治療後は紫外線防止に十分気をつけて、しっかりとしたスキンケアをおこなってください。
 
ほくろ

Question
ほくろは一回治療したら再発することはありませんか?
Answer
切開での治療の場合、再発することはありませんが、レーザー治療の場合、奥深くに組織が残っていると再発するケースがあると思います。傷の問題もあり、奥深くまで治療できない場合は再度の治療をお勧めしています。

Question
傷が心配です。どれくらい残こるものなんですか?
Answer
ほくろの傷の経過は、1、2か月で薄いピンク色になります。お化粧で隠れるものですので心配はいりません。当院ではイオントフォレーシスなどスキンケアにも対応できますので安心してご相談下さい。


24時間受付メール相談来院のご予約このページのTOPへ
二重まぶた情報
脂肪吸引情報
豊胸情報
エラ削り・フェイスライン情報
AGING若返り
クマ・目元のスキントラブル情報
受け口・セットバック等、症状別治療情報

 
本ページ内すべての文書・データ等は著作物です。
無断掲載・転載等はお断りいたします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic.