脂肪吸引で脚を細くする!!

美しい脚のラインは細いだけでは描けない。魅力あるスタイルは「太ももの脂肪吸引」で決める!!
脚が太くて悩んでいる、太ももが太い。これらボディスタイルのお悩みを解消することはなかなか難しい。ダイエットや運動で痩せたい部分だけ、太ももだけをさせることは不可能に近いし、運動は必要だけれど痩せる目的では効果なんてない。しかし、「太ももの脂肪吸引」は違います。気になる部分だけ痩せます。
太ももの脂肪吸引

もの脂肪吸引

太ももの脂肪吸引は、太もも(大腿部)に付いている皮下脂肪を、吸引カニューレと呼ばれる細い管で吸い取って、太ももを部分的もしくは全体的に細くする部分痩せ、サイズダウンを目的とした美容整形手術です。一度吸引して取り除いた皮下脂肪は再発することがないので半永久的な部分痩せが可能です。
太ももの脂肪吸引には、太もも全体、全周の皮下脂肪を吸引する”全周法”と、気になるスポットだけを吸引する”ポイント法”があります。

全周法

太ももの全周囲に及ぶ皮下脂肪を吸引し、太ももを大幅に細くすることができる脂肪吸引です。吸引範囲、吸引量共に多いためダウンタイムは長くなりますが、それ以上にサイズダウンができるため非常に満足度の高い脂肪吸引です。また、慶友形成クリニックでは他と違い、全周法の場合、入院していただき、術後の全身管理を徹底して行いますので、他の美容外科と違って吸引する皮下脂肪の量が多く除去できるのが特徴です。

ポイント法

内股、後面、外側、前面といったように限局した部分的な痩身を希望の場合に実施するポイントの脂肪吸引です。限局されているため強い腫れなどや痛みが少なく、ダウンタイムが短いのが特徴です。ポイント法の場合、内股が一番多く、次いで裏側、外側、前面は内股や後側に比べると少ないです。これはもともと太ももに付いている皮下脂肪の量が内側が一番多いということ、脚と脚の間に隙間が欲しいという要望が多いという理由があるためです。

形成クリニック太ももの脂肪吸引

美しいシルエット、あなたが望むボディラインの
フォルムを描くデザインに自信があります。

太ももの太さの原因は皮下脂肪です。皮下脂肪を吸い取れば太もも、脚は必ず細くすることができます。ただし大切なのは、単に取れば良いと言うわけではありません。当院に来られる方の中にはとにかくあるだけの皮下脂肪を取って欲しいと言う方がお見えになります。しかし、そういった方は太ももの脂肪吸引を受けるべきではありません。皮下脂肪というのは一定量を残さなければ不自然で見た目に老けた足となってしまい美しさの微塵もないほどに劣化してしまうのです。

大切なのは体全体のバランス、今ついている皮下脂肪の程度、骨格の状態など総合的にどの部分を除去し、どの部分を残すかということが大切なのです。単に細ければ良いというのは結局、結果には満足できないのです。

私たちのこだわり 太ももの脂肪吸引に対する私たちのこだわりと工夫
私たちにはデザイン力があります。それは長年培われた経験と実績だけではなく、美しさを叶えるための美的センスです。大量の皮下脂肪を取り除くだけではなく、いかに美しいボディラインに築けるか、彫刻的な立体的デザインというのは技術だけではまかなえないものです。脂肪吸引の際のデザインには何より時間をかけて描きます。実際に鏡を見ながら丁寧に描いていきますので、脂肪吸引を受ける方に不安を抱かせることもありません。

太ももの脂肪吸引は、吸引量・吸引範囲によっては術後の腫れや痛み、圧迫による苦痛など社会復帰をする期間がかなり延長してしまいます。大切なのは術後の苦痛の低減化、早期社会復帰が何より求められるものです。多くの美容外科はベイザーを導入することで早期に社会復帰を目指すと提唱されていますが、術後の状態というのはそういった方法論ではなく、部分的なダメージ、組織への損傷以外で決まるものです。太ももの脂肪吸引のように広範囲の脂肪吸引、大量の皮下脂肪を吸引すればどんな脂肪吸引であっても術後の苦痛に差はありません。大切なのは術後の緩和ケアを含めた総合的な術後ケアマネージメントです。慶友形成クリニックでは脂肪吸引の技術だけではなく、術後ケアマネージメントに絶対の自信があります。
● 術後の痛みをできる限り抑える緩和ケアの実施
● 腫れを長期化させない工夫
● 術後の拘縮予防、術後リハビリによる早期社会復帰
● 凹凸を作らない技術
● 低圧吸引による細部までの仕上げ
これら5つの工夫とこだわりのある太ももの脂肪吸引でより高い満足度、術後の緩和ケアを実践しています。術後のリハビリ、美容リハを受けていただけるのは当院だけです。

脂肪吸引適応

太ももの脂肪吸引の適応 こんな方に太ももの脂肪吸引は向いています
太ももを細くしたい、脚に隙間が欲しい方などに太ももの脂肪吸引は向いています。太ももというのはアスリートでもない限り過剰な筋肉というのはありません。そのため細くしたいという望みのある方全てに太ももの脂肪吸引の治療適応はあると考えて良いと思います。

● 太ももを細くしたい方
● ヒップアップをしたい方
● 全体的な下半身痩せをしたい方 など ● 脚と足に隙間を作りたい方
● 膝周りを細くしたい方
太ももは比較的大量の皮下脂肪を除去することができます。そのため同時にふくらはぎも細くしたいという方の場合は1泊の入院が必要ですし、術後の回復にも時間がかかりますのでダウンタイムには余裕を持つ時間が必要です。

脂肪吸引の概略

太ももの脂肪吸引のメリット・デメリット

脂肪吸引(太もも)のメリット
○ 確実に細くできる
○ ダイエットが不要で太ももが細くなる
○ 気になる部分だけを細くできる
○ リバウンドしない

脂肪吸引(太もも)のデメリット
× 広範囲の吸引は強い痛みを伴う
× 術後拘縮を引き越しやすい
× 一時的だが運動しにくくなる
× 傷跡の赤みがしばらく残ることがある

慶友形成クリニックの太ももの脂肪吸引はデメリットとなる問題をできる限り引き起こさない、万一引き起こしても短期間で緩和するよう脂肪吸引の方法から、術後の徹底したケアまで充実したアフターケアで脂肪吸引後の苦痛を最小限に抑える治療を行っています。また、日本で唯一、理学療法士による術後リハビリを実践している美容外科です。

完成するまで

脂肪吸引に関するご質問

太ももの脂肪吸引で取れる皮下脂肪の量を知りたいです。とことん細くしたいのですが、限界はあるのでしょうか?

太ももの脂肪吸引で除去できる脂肪の量には個人差があり、どの程度取れるのかというのは人によって大きく違いますので、具体的な吸引量にはばらつきがあります。片側で500mlの方満足できる方もいれば、1,000ml以上の吸引が必要となることもあります。
もちろん、太ももの脂肪吸引で満足のいく結果を得るには吸引する皮下脂肪の量は大切です。とれば取るだけ細くはできます。しかし、全ての皮下脂肪を取るということは不可能ですし、行うべきではありません。表面に近い浅い層にある皮下脂肪は除去すべきではないのです。一部の美容外科では90%の皮下脂肪を取る、取れるということを表現していますが、理論上、テクニック的には可能ですがそこまで脂肪吸引を行うことは無いです。なぜなら、太ももの場合、筋肉の形状や大きさによってその輪郭が浮き出やすく、吸引による表面の凹凸ではなく、筋肉の段差や凹凸が表面化しますので、過剰な吸引は仕上がりが醜く不自然な形状となってしまいます。過剰な太ももの脂肪吸引は仕上がりが細くすることはできても筋肉などが浮き出て凹凸になるので絶対に行うべきではありません。

Q 大腿全周の脂肪吸引を考えています。通勤で階段の上り下りが結構あるのですが、どれぐらいで普通に歩ける様になりますか?
A 太ももの脂肪吸引の術後の動きですが、吸引量によって大きく違います。大量の吸引を行った場合、スムーズに動けるようになるには1、2週間はかかります。ただし、術後のリハビリによって大幅に短縮は可能ですし、疼痛緩和ケアを受けていただくことでも短縮は可能です。慶友形成クリニックは理学療法士による術後リハビリも受けていただける唯一の美容外科です。
Q 販売業で常に立ち仕事なのですが、仕事は何日ぐらいお休みが必要でしょうか?
A 通常、4、5日のお休みは必要です。ただし、1週間休めるのであればそちらの方がなお良いでしょう。術後の状態というのは個人差もありますが、吸引する範囲や吸引する脂肪の量でも大きく違ってきます。診察でどの程度の吸引が可能か、それに伴うダウンタイムはどの程度なのかということは具体的にご提案していますのでご安心ください。
Q 手術当日は一人で歩いて家に帰れますか?一人暮らしで家も遠いので心配です。入院などはできるのでしょうか?
A 太ももの脂肪吸引の場合、全周法の場合は1泊の入院を推奨しています。部分的な吸引の場合はそこまでの痛みはありませんし、ご帰宅していただく分には問題はありません。
Q 太ももの脂肪が気になっているのですが、それと皮膚のボコボコみたいなセルライトも気になっています。脂肪吸引したらセルライトも一緒に除去できますか?
A 太ももの脂肪吸引というのは皮下の脂肪を除去するものです。セルライトというのは表在性の脂肪ですので全く別物です。脂肪吸引を受けていただいてもセルライトは除去できません。セルライトはエンダモロジーなど体外式セルライト分解装置などで治療することで解消させることができます。当院では経験豊富なエンダモロジーの専任スタッフが常駐していますので、脂肪吸引後もしくはセルライトの除去目的の方でも受けて頂くことが可能です。お気軽にお問い合わせください。