肌にとってコラーゲンは非常に大切

カテゴリー1

肌のコラーゲン

│肌にとってコラーゲンは非常に大切
ハリ・弾力のある肌は真皮層が密に作られているからこそ。そしてそれらを構成しているのがコラーゲン繊維、ヒアルロン酸、エラスチン。これらのうち一つでも欠けてしまうと肌のハリや弾力というのは失われてしまいます。
大切なのはコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンをしっかりと維持させることなのです。

│肌のコラーゲンは塗っても飲んでも意味はない!?
高純度のコラーゲン、低分子コラーゲンなど様々な化粧品やコラーゲンサプリが開発され販売されています。しかし、これらすべては肌に浸透したり、摂取したコラーゲンが肌のコラーゲンとして置き換わるということは絶対にありません。なぜなら肌のコラーゲン(真皮コラーゲン)は肌細胞だけしか作り出すことはできないのです。

化粧品で言うならコラーゲンを肌に塗っても角質層までしか浸透しません。もちろん、保湿という意味において角質に浸透すれば肌にハリや弾力は生まれますし、肌の状態が安定すると肌細胞の働きも活性化しますので、乾燥肌やエイジングケアという意味でコラーゲン化粧品による保湿は重要。しかし、塗ったコラーゲンが肌そのもののコラーゲンに置き換わり、コラーゲンが増えるわけでは無いのです。真皮層までコラーゲンが浸透することはありません。
もう一つは摂取したコラーゲン。経口摂取したコラーゲンは胃で全て分解され、アミノ酸などへ変化してしまい、腸で吸収される頃にはすでにコラーゲンではなくなっています。ですので、摂取したコラーゲンが肌のコラーゲンに置き換わることは不可能なのです。
ただし、最近の研究・報告では分解されたアミノ酸が肌細胞に何かしらのスイッチチャンネルを持っており、肌細胞が活性化させるのでは無いかと期待はされていますが、明確に解明された訳ではありません。あくまでその可能性を否定できないと言う考えです。

これらのことから現段階において肌のコラーゲンを増やす目的であればコラーゲンは塗っても、飲んでも大きな変化や期待はできないと言うことです。

│肌のコラーゲンを増やす方法
それじゃどうすれば肌のコラーゲンを増やすことができるのか?
実は決して難しい方法ではありません。実際には単純な方法で肌のコラーゲンを増やすことができるのです。
それは肌のコラーゲンを作る元となるもの、そのものを直接増やすということなのです。
そのものとは何か、それは“線維芽細胞”
線維芽細胞は真皮に存在する肌細胞の一つ。私たちの肌の再生医療「ベビーセル」は線維芽細胞を直接的に増やすことによって、肌のコラーゲンを増やすことができるのです。

(これまでの方法)
これまで行われてきた肌を若返らせる方法は、線維芽細胞を活性化させることによって肌のコラーゲンを増やし、

(ベビーセルとは)

ベビーセル 肌細胞を直接的に増やし、さらに活発にする
その他の方法 今あるだけの肌細胞の働きを活発にする

これまでの方法との一番の違い、それはベビーセルは線維芽細胞を直接的に増やすこと、それ以外の方法は肌細胞が増えることはありません。今ある線維芽細胞の働きを活発にするだけの作用しか無いのです。

ベビーセルという肌の再生医療は、あなた自身の皮膚片を採取し、その皮膚片に存在している線維芽細胞を抽出し、細胞培養という技術を使って採取した線維芽細胞を数百万倍にまで増殖させ、衰えた肌に直接注射で移植することで肌のコラーゲンを直接的に増やすのです。
当然ですが、細胞は数の勝負です。どれだけ働きの良い細胞であっても、肌細胞そのものが少なければ肌のコラーゲンを効率的に、効果的に増やすことなんてできません。ベビーセルは肌細胞を直接的に増やすことができる唯一のスキンケアなのです。

[ ベビーセルについて ]