眼瞼下垂の治し方について詳しくご紹介します。

二重まぶた

眼瞼下垂の治し方

まぶたが重く感じてきた。前と比べしっかりと開かない。おでこのシワが年々深くなるなどこれらの症状を感じている方は、まぶたとまぶたを持ち上げる筋肉との間に緩みを生じていたり、筋肉そのものが伸びてしまっている状態、つまり「眼瞼下垂」の状態に陥っている可能性があります。

まぶたの開閉は、まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)と瞼板との結びつきが非常に重要です。もちろん筋肉の動きも重要ですが、多くの場合、筋肉に問題を生じているのではなく、眼瞼挙筋と瞼板との結び付きに問題を生じていることが多いため、ここでは結び付きを直す方法、眼瞼下垂の治し方についてご紹介します。

(眼瞼下垂とは)
眼瞼下垂というのは、文字通り、眼瞼(目)+下垂(垂れ下がる)という状態を言い、まぶたがしっかりと持ち上がらず、垂れ下がっている状態のことです。まぶたがしっかりと持ち上がらないために、眠そうな目元になってしまったり、しっかりと持ち上げようとしておでこの筋肉を無理やり使うことでおでこのシワが深くなったりしてしまいます。
眼瞼下垂の状態を病気として扱うこともありますが、これらは老化症状の一つでもあるため単に加齢と判断することも少なくありません。

(眼瞼下垂の治し方)
そんな眼瞼下垂の治し方ですが、大きく分けて2つの方法があります。一つは筋肉そのものを短く短縮することでまぶたをしっかりと持ち上げることができるようにする「挙筋短縮法:タッキング法」、もう一つは筋肉を直接操作するのではなく、瞼板と筋肉との癒着を再固定する「挙筋前転法」という2つの治し方があります。

挙筋短縮法
古くから行われてきた眼瞼下垂の治し方の代表的な手法。主に眼科領域で開発された治療法。筋肉を直接短縮するため比較的重度の眼瞼下垂に効果的ですが、眼瞼挙筋はミューラー筋が繋がっており、ミューラー筋は自律神経に影響を与えるためやむ得ない状況であれば必要ですが、他の手法を用いることができるのであれば別の治し方を推奨しています。

挙筋前転法
挙筋前転法は筋肉を直接治療するのではなく、筋肉と連動している挙筋腱膜を操作し、挙筋腱膜を瞼板に再固定することで緩んでしまったまぶたを再度しっかりと正しい位置に再固定することでまぶたの開きを正常化させる手法です。
この治し方は筋肉への負担がないため非常に生理的でまぶたの開き方も自然にすることができるので当院では主な眼瞼下垂の治し方として採用し多くの治療実績をあげています。

(美容的眼瞼下垂の治し方)
眼瞼下垂の治し方で注意しなくてはいけないのが、病気の治療としての眼瞼下垂の治療なのか、それとも美容的な目的、整容的な目的による眼瞼下垂の治療なのかということ。同じ手法であっても目的の違いで仕上がりは違います。
眼瞼下垂の治療は筋肉を操作し、まぶたを持ち上げる量(開く量)を増やすことです。そのため、眼瞼下垂の状態でなくても、今よりももっとパッチリとした目元、大きなクリっとした目にしたいなどの希望があれば開き方を調整することで目を大きくする。黒目を大きくする(見せる)というのが美容的な眼瞼下垂なのです。

関連記事