埋没法の術後の経過について

二重まぶた 埋没法

埋没法の経過

― 埋没法 経過
埋没法ってどれくらい腫れるんだろう、腫れってどれくらい続くんだろう、本当に痛くないの? これから埋没法を受けようと考えている方にとってこのような埋没法の経過というのは心配、不安材料の一つだと思います。ここではそんな埋没法の術後の経過についてご紹介します。

(腫れの程度・期間)
埋没法の経過で気になるのが術後の腫れではないでしょうか?
強く腫れた、1ヶ月腫れたなどネガティブな口コミも少なくありません。クリニックによっては腫れない埋没法のように特別な埋没法という紹介もあるので、通常の埋没法は腫れると勘違いしてしまう方も少なくありません。
私たちが言えることは余程のことがない限り「埋没法で腫れることはない」ということです。それは特別な埋没法だから腫れないという訳ではありません。そもそも埋没法という技術で腫れる要素というのは見当たらないのです。
可能性としてあるのは、不用意に皮下の血管に傷をつけてしまった場合などに内出血を引き起こし、それが原因で腫れを生じる可能性はありますが、それはごく稀なケースであり、ほとんどの例において埋没法は腫れを生じるような治療ではありません。当然、腫れが長期化するということも無いのです。
埋没法で腫れを生じるということは、異常な状態であるということを理解しておく必要があるのです。

(術中・術後の痛みって)
埋没法の痛みですが、手術中に生じる痛みと言うのは、麻酔の注射です。麻酔が効いてしまえば痛みを感じることはありません。また、術後数ヶ月後等に痛みを生じる場合は異常な経過です。正常な経過で痛みを伴うことありません。

→ 埋没法の痛みについて

(埋没法の経過で知っておくべき注意点)
埋没法の経過で知っておいて欲しいことを挙げるとすると以下の通りです。

・埋没法は強い腫れを生じないということ
・痛みを感じることはないということ(麻酔を除く)

関連記事

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA