眼瞼下垂であなたはもっときれいになれる

眼瞼下垂で黒目がちな大きな目に変え、 魅力ある美しさを強調する!!

もっと目を大きくしたい、パッチリとした大きな二重まぶたになりたい。眠そうな目を解消したい。目元は見た目の印象に大きく影響する大切なポイント。単に二重まぶたになりたいというだけでなく、黒目を大きく見せることでより美しさを強調したいという方にお勧めするのが「眼瞼下垂」です。これまでの二重まぶたとは違い二重まぶたの幅や形状を変えるのではなく、目をもう少し広げて黒目と白目を美しく輝かせるのです。眼瞼下垂であなたの望む二重まぶた、美しい目元に変わりませんか。

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とはこれまでの二重まぶたの整形手術とは違い、目の大きさ・形状を根本から変更できる画期的な治療方法の一つです。一重まぶたを二重まぶたにしたり、二重まぶたの幅を広げるこれまでの二重まぶたの方法とは違い、まぶたの開閉幅、上下の幅を大きく広げ目そのものを大きくすることができるのが眼瞼下垂の特徴です。

眼瞼下垂でできること
目を大きくすることができる
二重まぶたにすることができる
黒目を大きく見せることができる
白目部分の露出を増やせる
目の形状を変えることができる
たるみを解消できる
目元の若返りが可能
偏頭痛が改善できる
肩こりが解消できる
不定愁訴などが改善する など

その眼瞼下垂の手術には大き分類すると美容目的としての眼瞼下垂、治療目的としての眼瞼下垂とがあります。前者の美容目的としての眼瞼下垂というのは今の状態よりもさらに目を大きく変化させることで容姿に変化を加える方法。後者の治療目的としての眼瞼下垂は視野の狭窄などの改善目的として行われている方法です。いずれの方法も同じ挙筋前転法という術式で治療しますが、治療目的の眼瞼下垂の場合、挙筋機能そのものに障害があることが多くその場合は、脚などの筋肉を移植する筋膜移植術が対象となります。

美容的な眼瞼下垂
眼瞼下垂の手術前

一重瞼ですが、まぶたの筋肉や動作には問題はなく、黒目にまぶたが重なって目が小さく見えてしまっている状態です。
眼瞼下垂の手術後

眼瞼下垂の手術によってまぶたがしっかりと持ち上がり、ぱっちりとした目力のある印象に変えることができます。
治療としての眼瞼下垂
重度の眼瞼下垂

まぶたがしっかりと持ち上がっておらず、眠そうな印象を与えてしまっています。人によっては上方視の障害などを伴うことも少なくありません。
眼瞼下垂の手術後

眼瞼下垂の手術によってまぶたをしっかりを持ち上げることができ、目力のある生き生きとした目元に変わることで美しいあなたを表現することができます。

眼瞼下垂の方法

眼瞼下垂の手術についてご説明します。眼瞼下垂の手術には大きく分けて2つの方法があります。一つは「筋膜移植法」という方法。これはまぶたを持ち上げる筋肉の機能が欠損していたり何らかの障害によって引き起こされている状態。筋肉の動きが無いため、太ももの筋肉(筋膜)を移植してまぶたの開きを改善させる方法です。
もう一つは筋肉の動きは正常であるもの関わらず、まぶたをしっかりと持ち上げることができない状態に行う治療で「挙筋短縮法:タツキング」と「挙筋前転法」と呼ばれる方法があります。当院では挙筋前転法を採用しています。
それはまぶたの筋肉に負担を与えることなく生理的な動きを取り戻すことができる治療法だからです。ここでは挙筋前転法についてご紹介します。

挙筋前転法

私たちが一番得意とする眼瞼下垂手術「挙筋前転法」についてご説明します。ご希望の二重まぶたのライン上に切開を加えます。そうして余分な筋肉や結合組織等を丁寧に取り除き、眼窩脂肪を覆っている眼窩隔膜を露出させます。眼窩隔膜に少し切開を加え眼窩隔膜の断片を前転させ瞼板にしっかりと固定します。この固定の位置や高さでまぶたの開く度合いが決まりますので、まぶたの開き具合を何度も確認します。また、寝ている状態だけでなく、起き上がった状態でも確認し問題がない状態を確認した位置で固定します。
開き具合と目の形が整ったら、余分な脂肪や組織などを取り除き傷を縫合して眼瞼下垂の手術を終了します。

慶友形成クリニックの眼瞼下垂

手術中からすでに「えっ」と驚く感動を実感できる
「眼瞼下垂」それが私たちの技術です

眼瞼下垂の手術といっても術式は一定の基準がありますが、皮膚の中の組織や靭帯の解除・処理の方法、皮膚の固定技術などは医師の考え方や経験などによって大きく違います。それが技術の違い・差であり、繊細な部分だからこそ仕上がりの自然さや美しさに大きな違いを生じると考えています。私たちは眼瞼下垂の手術の中でも挙筋前転法をいち早く導入し、これまで20年以上の実績を積み重ね今の技術を確立しました。眼瞼下垂の手術を考えている方は是非一度カウンセリングにお越し下さい。私たちの眼瞼下垂は仕上がりの美しさや自然さだけにこだわっている訳ではありません。手術中にまぶたを開けたときに感動できる眼瞼下垂を心がけています。それが他のクリニックとの違いの一つです。

私たちを選んでいただいた以上は最善の治療、最高の眼瞼下垂の手術を受けて頂きたいからこそ細かな処理にもこだわるのです。私たちは眼瞼下垂の手術に関して、さまざまな創意工夫を凝らし、仕上がりの自然さ、患者さんの満足度、ダウンタイムの短縮に取り組んでいます。残念ながら他との差を評価していただくのは、他で受けられた方以外にはできないのですが、私たちは眼瞼下垂の仕上がり、美しさについて絶対の自信を持っています。
ここでは眼瞼下垂に対する私たちのこだわりと特徴についてご紹介します。

まぶたを開ける時の感動を実感してほしい

私たちは感動を与える、感動を実感出来る眼瞼下垂の手術をおこなっています。手術で感動する?と疑問を持たれる方も多いでしょう。しかし、当院で眼瞼下垂の手術を受けられた方の多くは、手術中に感動される方が多いのです。それはまぶたを開けるときの動作や閉じる時にスムーズさに「エッ!」と驚かれます。
もちろん、これらは糸を固定する前の段階です。それは横走靭帯や瞼板前組織、隔膜の処理を丁寧に仕上がる技術だからこそ実感出来るためです。一般的に眼瞼下垂の手術というのは隔膜を露出させて引き出して、瞼板に固定すれば開きやすさは改善します。それで傷を閉じれば仕上がりとしては成功です。しかし、それだけで本当に満足させてあげられるのでしょうか? まぶたの開閉をスムーズにさせることで、自然な動作にすることが自然な表情を作り出せるものだと考えています。
私たちの美容的眼瞼下垂は見た目の美しさだけではなく、動きや表情までも自然に表現できるようさまざまな工夫を凝らした眼瞼下垂を提供しています。

自然な見た目、美しさを追求した目元を形成

眼瞼下垂の手術で大切なのは自然な仕上がりに整えることです。自然な仕上がりでなければ美しいとは言えません。元々ある左右のバランスのズレを生かして眼瞼下垂の手術を行うことも可能ですし、できる限り同じように整えることも可能です。あくまであなたご自身がどういった仕上がりを希望するかということで対応しています。よくあるトラブルは過矯正です。少し開きすぎてしまった目元はギョロっとした表情を作ってしまい美しい以前に不自然さを作り出してしまいます。美容目的であるはずの眼瞼下垂の手術の結果が不自然になってしまえば手術を受ける意味はありませんし、満足度は低くなってしまいます。私たちは仕上がりの美しさ、自然さにこだわった眼瞼下垂の手術をおこなっています。

傷跡を目立たせない工夫とこだわり

傷跡についても腫れなどと同じです。皮膚を切る以上、傷跡は残ります。美容外科は魔法ではありませんからね。しかし、誰でも傷は気になりますし目立つのは嫌なもの。私たちは傷跡を目立たせない技術、縫合方法の工夫、炎症をできる限り抑えるよう皮膚への負担を軽減する工夫、使用する医療材料へのこだわりからできる限り傷跡を目立たせない眼瞼下垂の手術を常に実践しています。
また、術後の翌日検診による傷跡ケアにも独自のこだわりがあり、処置や内服であなたの悩みの原因となる傷をできる限り引き起こさない、最小限に留める眼瞼下垂の手術を実践しています。

「切開=腫れ」を当たり前にしない

眼瞼下垂は切開をする手術です。切開する以上は腫れを引き起こすのは当然です。しかし、その当然を当たり前と考えるのはどうなのでしょうか。誰だって腫れるのは仕方がないけど嫌なものは嫌。私自身、自分が眼瞼下垂を受けるのなら腫れなんて嫌なものです。
だからこそ私たちはその腫れを最小限に抑えたいですし、抑えるべきなのです。具体的に腫れを抑える方法を伝えるのは難しいのですが、当院でご覧いただける治療例のお写真をご覧ください。眼瞼下垂の直後の写真でも腫れの少なさを十分理解していただけると思います。
また、直後の腫れを少なくするだけではなく、その後の腫れも最小限にとどめるようドレッシングや内服などの治療も積極的におこなっています。

何より満足度を得る努力を怠らない

眼瞼下垂の手術を選択するというのは精神的にも苦痛でしかありません。不安感や恐怖心は計り知れないものでしょう。キレイになれるのか? 失敗しないのか? さまざまな不安要素は尽きることはありません。決意して受けた眼瞼下垂だからこそ、徹底的に満足度にこだわっています。

気がかりな点や不安などは常にご相談を受けていますし、対処を含め全て患者さんのご要望をお伺いしています。また、最終チェック時に満足度を確認し、問題がなければ終了としています。残念ながら医師の考える満足度と患者さんが考える満足度とは違う場合もございます。私たちはすべての患者さんに受けてよかったと実感していただけるよう、眼瞼下垂の治療を心がけています。お気軽にご相談ください。

術後の経過

眼瞼下垂の手術後の経過についてご案内します。

腫れについて

眼瞼下垂の術後の腫れですが、翌日がピークで1、2日はその強い腫れが持続します。そうして少しずつ腫れが落ち着き始め5、6日を過ぎた頃には半分程度まで引いています。当院の眼瞼下垂の抜糸は10日後を推奨しているのですが、その頃には7、8割の腫れが引いており、限りなく希望の仕上がりの二重まぶたの幅に近づいている状態です。抜糸の翌日からアイメイクが可能で、眼瞼下垂の手術2、3週間以降はほぼ仕上がりに近いとお考え下さい。

痛みについて

痛みについて個人差はありますが、基本的に眼瞼下垂の手術は術後に痛みを感じるケースはほとんどありません。万一、痛みを感じ始めても内服ですぐに改善しますので、眼瞼下垂の手術に関しては痛みの心配は必要ありません。

内出血について

内出血については手術中十分に止血しますが、それでも術後に内出血を引き起こすことがあります。翌日に外側、下瞼側に紫っぽい皮膚色に出ているとそれが内出血です。2、3日頃には紫色になっている外輪部分が黄色っぽい色に変わり、3、4日頃には消失してしまいます。内出血が長期に持続することはありませんのでご安心下さい。

二重瞼が仕上がるまで

眼瞼下垂の手術を受けていただき、二重瞼が仕上がるまでの経過・状態をご案内します。
まず、眼瞼下垂の手術直後は腫れを生じますが、みなさんが想像しているような強い腫れではありません。腫れのピークは術直後ではなく、翌日の朝が一番のピークです。その後2、3日程度強い腫れが持続したあと徐々に腫れが落ち着いてきます。7日を過ぎると一気に腫れが引きやすい状態となり、10日後の抜糸の頃には7、8割の腫れが引いている状態です。
まだ若干は二重まぶたの腫れがあるため希望している二重まぶたの幅よりも少し広い状態ですが、多くの方はほぼ仕上がりに近い状態にまで落ち着いています。
抜糸の翌日からアイメイクなど普通にしていただけますし、腫れもむくみ程度のものですのであまり気にはならないと思います。眼瞼下垂の術後3週間ではもう仕上がりの二重まぶたの幅です。

眼瞼下垂の料金

眼瞼下垂の手術費用は下記の通りです。当院では個人差による追加加算や不透明な加算等は行なっておりません。他院で受けられた眼瞼下垂に修正手術に関しては別途追加加算を頂きますが、それ以外については全て表記している手術費用だけです。

眼瞼下垂
500,000円
他院修正
600,000円
別途消費税
全て両側の費用です。
術後検診、保証費用等全て含んでいます。

術後の検診

眼瞼下垂を受けられた後の術後の検診・診察の予定についてご案内いたします。
基本的な術後通院は4回を推奨しています。
以下のスケジュールはあくまで標準、一般的なものです。その方の状況に応じて対応させて頂くことも可能です。お気軽にご相談下さい。

翌日
傷跡ケア、経過観察のための診察
10日後
全抜糸
1ヶ月
経過観察のための診察
3ヶ月
最終チェック

安心して眼瞼下垂を受けて頂くために

安心して眼瞼下垂の手術を受けて頂くために慶友形成クリニックでは安心の保証制度を設けています。左右差やまぶたの開きが改善できていない、傷跡が目立って気になるなどさまざまな術後の悩みや不安に対し、担当医が納得のいくまでしっかりと対応させていただきます。もちろん、その際には治療費用等の発生はございません。どうぞ安心してお気軽にご相談下さい。