眉毛下切開美容外科

眉毛下切開保険

眉毛下切開は保険で受けることはできないんですか?

眉毛下切開はまぶたのたるみを解消する美容整形手術。たるみを解消するということは見た目の若返りを改善させる目的ですので保険治療の対象ではなく、あくまで自由診療の範囲内で受けて頂ける治療です。そんな眉毛下切開の費用、保険が使えない理由等について詳しくご紹介します。

眉毛下切開は保険が使えるのか?

眉毛下切開の治療を保険で受けられると思われている方が多いので、眉毛下切開の治療費用についてご説明いたします。眉毛下切開というのはまぶたのたるみを引き上げて目元のたるみを解消させ、見た目の若返り効果を目的とした治療です。病気など疾患の治療ではありません。ですので保険対象となることは無いのです。

慶友形成クリニックの眉毛下切開の費用は30万円です。これは両側の費用で、他に追加加算等はございません。ただし、治療費用以外に発生する料金としては、初診料の3,000円、血液検査の6,000円が別途必要となります。ただし、過去に当院で診察を受けられたことがある方は初診料がかかりません。

眉毛下切開300,000

どうして保険が使えないのか?

眉毛下切開はあくまで美容的・整容的な効果を目的とした治療です。そのため健康保険は使えません。ただし、眼瞼下垂の治療費用の算出として“その他”という項目があり、皮膚の過剰なたるみによって上方視の障害などを伴うケースなどは保険として解釈し、適応している医療機関もあるようです。
だからと言って眉毛下切開を眼瞼下垂に当てはめて治療を行うことは問題があります。眉毛下切開はたるみを解消する治療であり、見た目を改善させることが目的です。そこに保険を適応させるということは医療機関として問題があると考えた方が良いでしょう。

眉毛下切開