エラ削り美容外科

術後の痛み

エラ削りの術後の痛みが不安です。相当な覚悟が必要でしょうか?

骨を削るくらいだから激しい痛みを伴うんじゃ無いか。そんな不安を抱く方も少なくありません。しかし、それは大きな間違い。ここではそんなエラ削りの術後の痛みについてご説明いたします。
皆さんが心配されている痛みですが、エラ削りの場合、病気や何かしらの問題を引き起こしている訳ではありません。あくまで手術によって骨から骨膜を剥がして、骨を治療しているだけですので痛みの神経に何かしら悪影響を及ぼしていませんので手術だからと言って激しい痛みを感じることはありません。
術後の痛みというのは鈍い持続的な痛みを感じる程度です。そのため内服薬で痛みは十分コントロールできるとお考えください。
ただし、傷が治り始め神経が修復される過程において、お口を開ける動作などを行うと痛みを感じることがあります。このような可動時の痛みは1週間程度持続することがございます。
しかし、何もしない状態であれば痛みを感じることはありませんので痛みに対し過剰に心配する必要は無いと考えていただいてかまいません。

・何もしなければ痛みを感じることはありません。
・術後の痛みは内服で十分コントロールが可能です。
・術後は一時的にですが、お口を開けにくくなりその際に痛みを生じることがあります。

同じ治療に対するご質問はこちら