目の下のクマ取り
二重まぶた情報脂肪吸引情報豊胸情報エラ削り・フェイスライン情報若返り情報クマ・目元のスキントラブル情報受け口・セットバック等、症状別治療情報

通常、頬などの皮膚は2mm程度あるのに対し、下まぶたの皮膚は 1mm程度と圧倒的に薄い構造をしています。

その薄い皮膚の下には毛細血管が張り巡らされており、この部分の血行が悪くなり静脈血が滞留してしまうと血管(血流)性のクマとなるのです。さらに下には筋肉(眼輪筋)が存在しています。この眼輪筋の弛緩と、(悪い意味ですが)眼球の重みのシナジーによって、眼窩脂肪は前方に押し出され、プクッとした下まぶたを作ってしまいます。これがいわゆる「影グマ」です。
美容外科、美容整形の慶友形成クリニックでは、安全と情報開示を第一に考え施術を行っております。そのため、無理な治療やご本人様の努力によって改善できる部分が、かなりの部分である場合には、遠慮することなく、患者様と話し合い、正直にお伝えしています。

本ページ内すべての文書・データ等は著作物です。無断掲載・転載等はお断りいたします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic.