受け口 セットバック 症状別治療法
二重まぶた情報脂肪吸引情報豊胸情報エラ削り・フェイスライン情報若返り情報クマ・目元のスキントラブル情報受け口・セットバック等、症状別治療情報

下顎前突症(受け口)は上下の歯の咬みあわせが反対になっている状態の治療です。

一般的には矯正治療で改善する症例も多いのですが、治療期間が長期化すること、治療中の持続的な痛みなどを伴うため、外科的な治療を求める方が増加傾向にあります。当院では下顎前突症などの骨切り治療は、院長を含めた骨切り専門のチーム(形成外科認定医2 - 3人、麻酔専門医1名)が治療にあたります。経験の少ないアルバイト医師ではなく、すべて日本形成外科認定の専門医によるスタッフですので絶対的な安全性と国内最高クラスの医療技術を提供致します。
美容外科、美容整形の慶友形成クリニックでは、安全と情報開示を第一に考え施術を行っております。そのため、無理な治療やご本人様の努力によって改善できる部分が、かなりの部分である場合には、遠慮することなく、患者様と話し合い、正直にお伝えしています。

本ページ内すべての文書・データ等は著作物です。無断掲載・転載等はお断りいたします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic.