眼瞼下垂

あなた史上最高に美しい目、
目力のある魅力的な印象へ

二重まぶたになりたい、今よりも目をもっと大きく印象的にしたい。
美しい二重まぶたに憧れる女性にとって、その治療法に強い興味を持つでしょう。あなたは「眼瞼下垂」という二重まぶたの手術をご存知でしょうか?

眼瞼下垂の治療前

眼瞼下垂治療前

眼瞼下垂の治療後

眼瞼下垂治療後

眼瞼下垂の手術を行うことで、単に二重まぶたに変わっただけでは無いことがお分かりになるでしょうか。黒目の露出が大幅に増えたことで目力があり、魅力な印象に変化しています。

眼瞼下垂は従来の二重まぶたの手術とは違います。

一般的に二重まぶたの手術には”埋没法”、”切開法”という2つの手術方法がありますが、これらは全てまぶたの皮膚を治療することで、一重まぶたを二重まぶたにしたり、二重まぶたの幅を広げる治療法で黒目の露出に変化はありません。
しかし、眼瞼下垂は違います。眼瞼下垂というのは、皮膚ではなく、まぶたを持ち上げる筋肉を操作することによって、まぶたの開きを大幅に増やす治療です。その結果、黒目の露出が増え目そのものを大きく変化させることができるのです。

眼瞼下垂でできること

  • 目力のある目元になれる
  • 二重まぶたにできる
  • 黒目を大きく見せることができる
  • まぶたが開きやすくなる
  • 眠そうな印象を改善できる
  • パッチリとした目元になれる
  • 偏頭痛・肩こりが解消できる
  • 目が大きくなる など

このように眼瞼下垂にはさまざまな効果と作用があります。

また、眼瞼下垂を知っていただく上で十分理解していただきたいのは、病気として疾患の治療としての効果を求める場合と、容姿、見た目の美しさを求めるという二つの要素があるのです。

美容的な眼瞼下垂と治療としての眼瞼下垂の違いについて

眼瞼下垂

眼瞼下垂は、目がしっかりと開かない状態を改善したり、黒目をはっきりと露出させ黒目がちな目元の印象に変わりたいなど、希望を叶えるために行う治療です。

まぶたがしっかりと持ち上がっていない

眼瞼下垂

黒目がしっかりと露出していない状態

眼瞼下垂

これらの状態を改善するのが”眼瞼下垂”の手術です。

慶友形成クリニックの眼瞼下垂

手術中からすでに「えっ」と驚く感動を実感できる
「眼瞼下垂」それが私たちの技術です

眼瞼下垂

慶友形成クリニックの眼瞼下垂の手術は、目を開けた時の状態や仕上がりの美しさだけにこだわっている訳ではありません。目を開ける時の、まぶたの開き具合のスムーズさや、自然なまぶたの開閉も実感していただける眼瞼下垂を行なっています。皮膚を切開し、細かな靭帯などの癒着を丁寧に解除するだけでも開きやすさを実感できる方もお見えになります。でも、仕上がりだけを考えればそういった処理をしなくても、結果的には大きな差は生まれないかもしれません。

しかし本当にそれで良いのでしょうか。美容外科は自然で美しいのは当然のこと。
私たちを選んでいただいた以上は最善の治療、最高の眼瞼下垂の手術を受けて頂きたいからこそ細かな処理にもこだわるのです。私たちは眼瞼下垂の手術に関して、一切の妥協をせず、さまざまな創意工夫を凝らし、仕上がりの自然さや患者さんの満足度、ダウンタイムの短縮に積極的に取り組んでいます。残念ながら他院様との差を評価していただくのは、他で受けられた方以外にはできないのですが、私たちは眼瞼下垂の仕上がり、美しさについて絶対の自信を持っています。

まぶたを開けるときの感動を実感してほしい

あなたに感動を与え、確かな仕上がりを実感出来る眼瞼下垂の手術をおこなっています。中には手術で感動する?と疑問を持たれる方も多いでしょう。しかし、当クリニックで眼瞼下垂の手術を受けられた方の多くは、手術中に感動される方が多いのです。それはまぶたを開けるときの動作や閉じる時のスムーズさに「エッ!」と驚かれます。

もちろん、これらは糸で固定する前の段階です。横走靭帯や瞼板前組織、隔膜の処理を丁寧に仕上がる技術だからこそ実感いただけます。一般的に眼瞼下垂の手術というのは隔膜を露出させて引き出し、瞼板に固定すれば開きやすさは改善します。そのまま傷を閉じれば仕上がりとしては成功です。しかし、それだけで本当に満足させてあげられるのでしょうか?まぶたの開閉をスムーズにしたり、自然な動きにすることが自然な表情を作り出せるものだと思います。

私たちの美容的眼瞼下垂は見た目の美しさだけではなく、動きや表情までも自然に表現できるようさまざまな工夫を凝らした眼瞼下垂を行なっています。

眼瞼下垂の手術内容・方法

眼瞼下垂の手術はまず初めにデザインを描き、局所麻酔の注射をおこないます。
新しく作る二重まぶたのライン上を切開、そうして余分な組織などを取り除いたり、横走靭帯などを適切に処理を行い、眼窩隔膜を露出させます。

眼窩隔膜を横に切開し、少し引き出して断片を瞼板に固定します。これによって瞼板と瞼を持ち上げる筋肉とをしっかりと再固定させます。

手術中に座った状態でまぶたの開き具合、黒目の露出の程度、まぶたの閉じ具合を確認します。その際、鏡でチェックし黒目の露出の程度を見ていただき理想的な形になっていることを確認していただきます。

次に二重まぶたを作ります。希望する幅に応じて細かく処理し、必要に応じて組織や余分な眼窩脂肪等を除去します。全て問題なければ傷を閉じて眼瞼下垂の手術が終了します。

眼瞼下垂の麻酔

眼瞼下垂の麻酔は局所麻酔で行います。まぶた全体に麻酔を浸透させて眼瞼下垂の手術を行います。
眼瞼下垂の手術の痛みはこの麻酔による注射の痛みです。基本的には麻酔が浸透してしまえば、眼瞼下垂の手術中に痛みを感じることはありません。
しかし麻酔の痛みが心配、不安という方は吸入麻酔によるリラックス麻酔の併用で麻酔の苦痛を緩和することも可能です。

眼瞼下垂のダウンタイム

眼瞼下垂は切開するだけでなく、筋肉の操作まで行うため術後に強い大きな腫れを生じる治療です。そのため周囲に知られたくないという方は、10〜14日程度は人と会うことを控えた方が良いでしょう。
基本的にダウンタイムの考え方は人と会っても、自然な状態であることが一般的です。メガネをかけるなどをすれば通常よりも目立ちませんが、余裕を見るのであれば10〜14日程度を推奨します。

眼瞼下垂の手術が完成するまで

眼瞼下垂の手術が完成するまでの期間ですが、概ね2週間程度とお考えください。もちろん、腫れなどの状態は個人差がありますし、2週間後に100%の仕上がりかというと若干の腫れ・むくみはあるでしょう。傷の炎症も消失している状態ではありません。しかし、その段階は見た目としてはほぼ仕上がりに近い状態なのです。
傷の炎症などを含めた完璧な仕上がりというのは数ヶ月を要しますが、それはあくまで組織というレベルでのお話であって、見た目に対することで考えるとそれほど長くかかるものではありません。

眼瞼下垂のリスクと問題点

眼瞼下垂で起こりうるリスク、問題点についてご案内します。

腫れ・内出血

まぶたの切開を行うことから強い・大きな腫れを引き起こします。一般的に翌日が腫れのピークで、2、3日持続し、その後少しずつ腫れが落ち着いてきます。術後7日を過ぎる頃には7、8割の腫れが落ち着くでしょう。当クリニックでは抜糸を術後10日目に行なっていますが、抜糸の頃には8、9割程度の腫れが引いています。

左右差

眼瞼下垂の手術の場合、皮膚の切開に加え、筋肉を操作することから、左右差のリスクは高くなります。また、目を開く際の癖も影響しやすく左右差を引き越しやすい状況にあるとお考えください。
当クリニックでは眼瞼下垂の手術中に寝た状態だけではなく、起き上がった状態や角度を付けた方向に動かしたりすることで左右差を引き起こさない眼瞼下垂の手術を行なっています。

ビックリ目

ビックリ目、ギョロっとした目元になってしまったというのは、過矯正と言い開きすぎた位置で筋肉を固定しまったことが原因です。もちろん時間の経過で改善する場合もありますが、基本的には、サイド筋肉の固定位置を再設定する必要があると考えます。
過矯正を防ぐには寝た状態だけではなく、起き上がった状態などいくつかの状態でまぶたの状態を丁寧に観察する必要があります。当クリニックではしっかりと時間をかけて丁寧に治療し、治療中に鏡で確認しながら作業しますので過矯正になる心配はございません。

眼瞼下垂に関する
疑問や不安にお答えします。

FAQ
目が開きすぎて不自然なくらいびっくり目になっている人もいるようです。私は自然な仕上がりを希望しているのですが、本当に不自然になることはないんでしょうか?
ビックリ目というのは過矯正によるものが一般的です。当クリニックの場合、治療中に何度も寝た状態、起き上がった状態など細かくチェックし、ご自身でも眼瞼下垂の手術中に鏡で確認していただけますので、不自然な仕上がりにはなりません。
二重まぶたのラインや黒目の見せ方というのは自分の思い描く通り、希望している通りにできるのですか?
黒目の見せ方については眼瞼下垂の手術中に鏡でご覧いただけますので、希望している形状で整えることができます。ただし本来、瞼板というのは硬い軟骨様の組織です。皮膚の様に伸びたり柔らかいものではありません。できる限り調整はしますが、瞼板に歪みができる様な形状にはできません。
手術中に鏡で確認いただきながら、手術ができますので希望通りにならないということはありませんのでご安心ください。
腫れはどれくらい出るんですか?手術当日は目を開けられないほど腫れますか?
基本的に眼瞼下垂は強い腫れを生じる手術です。しかし、当クリニックで受けていただいた多くの方は腫れの少なさに驚かれます。もちろん、個人差はありますが、腫れの少なさにはご満足いただける自身があります。そのため目が開けられないほど腫れることはありません。
腫れの期間については個人差がありますが、通常、翌日がピークで3、4日後には5、6割の腫れは落ち着き、抜糸の頃には7、8割の腫れは引いています。
まぶたの上の凹みも気になっています。同時に治療することはできますか?また、その治療方法も教えてください。
まぶたの上の凹みですが、眼瞼下垂(挙筋前転法)で改善させることが可能です。凹みの原因が挙筋腱膜にあり、眼窩脂肪は眼窩隔膜に覆われているのですが同時に挙筋腱膜と連結しています。眼瞼下垂は挙筋腱膜が瞼板から外れてしまったり、連結が緩んでしまった状態のため、眼窩脂肪は奥に引っ込んでしまいます。
眼瞼下垂の手術というのは挙筋腱膜を引き出して瞼板に再固定しますので、上瞼の凹みも同時に解消させることができます。

埋没法

埋没法は糸を使ってまぶたの皮膚の折り返す高さを固定し、二重の癖をつける二重まぶたの代表的な手術です。糸で止めるだけなので大きな腫れを生じることなく、傷跡も残さず美しく自然な二重まぶたを形成することができるのが特徴です。

マイクロカット

マイクロカットは切開を加えず、埋没法の糸を埋め込む部分から眼窩脂肪だけを速やかに除去するので腫れや内出血の心配がなく、自然に美しい目元に生まれ変わることができます。

小切開

小切開とは二重まぶたの切開法の手術の一つで、一般的な全切開に比べ切開する範囲が少ない二重まぶたを作る手法です。

全切開

「一重まぶたを二重まぶたにしたい」「今の二重まぶたの幅をさらに広げたい」こんなお悩みは、切開法による二重まぶたの形成術で解消できます。

眉毛下切開

たるんでしまった、まぶたのたるみを取って若々しく目元を蘇らせたい。アイリフト手術・眉毛下切開は、眉の直下からまぶたの皮膚を切除し、引き上げることで目元のたるみを改善させることができます。

目頭切開

目頭切開は、内側に広がりをもたせる事でぱっちりと大きな印象に与え、表現力も豊かにな目元になります。単体での治療もできますが二重まぶたの手術(埋没法・切開法・眼瞼下垂など)と組み合わせて治療することが多いです。

目尻切開

目尻切開は目の外側(外眼角)を切開してまぶたを横に広げ、目を大きくする方法です。目を大きく見せたい方や、目の横幅を広げたい方にお勧めの治療です。

下眼瞼下制術(グラマラスライン)

「グラマラスライン」は「下眼瞼下制術」とも呼ばれる治療のことで、垂れ目がちな目元を作ることができます。術後は優しげな表情・印象に変わりますし、白目の露出が増えて目が大きく見えメイク映えしやすくなります。

二重まぶたの修正

「二重まぶたの手術で、思ったような仕上がりにならなかった」「もっと違う、美しい自分に会いたい…」左右差・不自然さ・眠そうな目元など、二重まぶたの手術のトラブルは少なくありません。そんなときには「修正手術」ができます。