マイクロカット

マイクロカット
腫れぼったい目元をスッキリとさせ、
美しく自然な二重まぶたに。

厚ぼったい目元、腫れぼったいまぶた、これらの原因の一つは”眼窩脂肪”。もちろん、眼輪筋や皮下脂肪なども厚ぼったい目元の原因になりますが、眼窩脂肪であることも少なくありません。マイクロカットは原因の一つである”眼窩脂肪”を取り除き、その状態で埋没法で二重まぶたに仕上げる美容外科手術のこと。
切開を加えず、埋没法の糸を埋め込む部分から眼窩脂肪だけを速やかに除去するので腫れや内出血の心配がなく、自然に美しい目元に生まれ変わることができます。

マイクロカットでできること

  • 二重まぶたになれる
  • 二重まぶたの幅を広げる
  • すっきりとした目元になれる
  • 目を大きく見せることができる
  • 目元が美しく変わる
  • 表情豊かな目元になる

マイクロカットとは

マイクロカットは、二重まぶたの埋没法と、上眼瞼脱脂(眼窩脂肪を取り除くこと)を組み合わせた腫れぼったいまぶたを解消すると同時に、二重まぶたを作ることができる美容外科手術の一つです。

マイクロカット埋没法+上眼瞼脱脂
埋没法二重まぶたにする方法
上眼瞼脱脂上まぶたの脂肪を取り除く方法

腫れぼったいまぶた、厚みのあるまぶたは眼窩脂肪が多い状態ということが比較的多いため、眼窩脂肪を取り除き、埋没法で二重まぶたにすることで、スッキリとした美しい目元に仕上げることができるのが最大の特徴です。
上眼瞼脱脂と言っても、大掛かりな切開等の必要がなく、埋没法で糸を通すわずかな切開口から眼窩脂肪を除去するため、腫れや内出血などの心配もありません。
また、仕上がりは非常に自然なので、腫れぼったい目元をスッキリとさせたい方には非常にお勧めの二重まぶたの治療法です。

マイクロカットの麻酔

マイクロカットの麻酔の方法は局所麻酔です。埋没法と同様に糸を通す部分や、まぶたの裏側にわずかな麻酔薬を注射して、治療中の痛みをブロックします。使用する麻酔量が少ないため腫れが少ないのもマイクロカットの特徴の一つです。

マイクロカットが完成するまで

理想の二重まぶたに仕上がるまでの期間についてご紹介します。
マイクロカットは埋没法と同様、腫れをほとんど引き起こさない二重まぶたの手術です。上眼瞼脱脂が加わったとしてもそれによって多少の腫れは出現する可能性はありますが、切開法のように腫れが顕著に現れるものではありません。
そのため、3、4日以降にはほぼ仕上がりに近い状態に整っていると考えて良いでしょう。
腫れが長期化するようなことはありませんので心配は不要です。

マイクロカットの傷跡について

マイクロカットの傷ですが、埋没法の糸を通すための切開ですので、1、2mm程度切開を加えますが、傷跡として目立ったり、残るようなことはありませんのでご安心ください。

マイクロカットに関する
疑問や不安にお答えします。

FAQ
マイクロカットと他の切開法との決定的な違いはあるのでしょうか?
マイクロカットと他の切開法の違いは癒着の差です。マイクロカットは埋没法にプラスαとして、眼窩脂肪を取り除く治療があります。あくまで二重まぶたの固定は糸です。切開法は組織の癒着によって作りますので取れないというメリットがあります。
マイクロカットが向いている人の眼の形とは?
マイクロカットに向いている目の形状というのは、腫れぼったさです。眼窩脂肪が原因で腫れぼったい、厚みの強い目元の方にマイクロカットは向いています。
上まぶたの厚ぼったさは、眼窩脂肪もしくは皮膚、眼輪筋の厚みが原因ですので、眼窩脂肪を速やかに取り除くことができるマイクロカットは「腫れぼったいまぶた」に非常に向いている治療法です。
埋没法を受け、後から脱脂術を受けるのと、マイクロカットを行うのでは違いはあるのでしょうか?
埋没法で二重まぶたを作ってしまうと、瞼板と皮膚とを糸で結んでいる状態になります。眼窩脂肪は瞼板と皮膚との間にある脂肪ですので、先に埋没法を行なってしまうと、眼窩脂肪を取り出すことは困難です。
その場合、埋没法を受けた後にマイクロカットを受けるのではなく、最初からマイクロカットを受けることをお勧めします。
以前、埋没法で取れてしまい、瞼が厚いためマイクロカット法を勧められました。脂肪を取った部分が凹んだり傷が目立つことはありませんか?
過剰に脂肪を取ってしまうと凹んでしまうリスクはあります。当クリニックでは除去量を十分に考慮し、確認しながら脂肪量を調整しますので取り過ぎる事はありません。傷は脂肪を取る量と関係がありませんので心配は入りません。
ぱっちり二重が希望ですが、まぶたが厚いのでまぶたの脂肪も一緒に取って欲しいです。なるべく傷跡を残したくないのですが、マイクロカット法と部分切開ではどちらがメリットが多いですか?
どちらがメリットが多いか?ということですが、その判断は非常に難しいです。理由はそれぞれにメリットもデメリットもありますので。傷が不安ということであれば、やはりマイクロカットが良いとは思います。しかし、まぶたの厚みは皮膚や眼輪筋も影響していますので、状態によっては切開法が望ましい場合もあります。
よろしければ一度診察にお越しください。状態を見て適切な治療法をご提案致します。
まぶたが厚く眼瞼下垂ぎみです。ダウンタイムも考えると仕事の休みがなかなかとれなく眼瞼下垂の手術や上眼瞼切開などはすぐにはできそうもありません。マイクロカット法で眼瞼下垂は改善しますか?反対にマイクロカット法をして眼瞼下垂が悪化してしまうことなどはありますでしょうか?
マイクロカットで眼瞼下垂を改善させることはできません。通常マイクロカットで眼瞼下垂が悪化する事はありませんが、いずれ眼瞼下垂の手術を受けるのであればマイクロカットではなく、埋没法で二重まぶたの手術を受けることをお勧めします。
眼瞼下垂の手術は、眼窩脂肪を覆っている眼窩隔膜を利用する手術ですのでマイクロカットは悪影響を及ぼすリスクがあります。そのため、埋没法に留めておくことが望ましいです。
マイクロカット法で瞼の脂肪だけでなくたるみも取ることは可能ですか?
たるみは皮膚の影響ですので改善は難しいのですが、埋没法の固定する位置を少し上で調整すれば皮膚を少し持ち上げることができますので、たるみが改善できたように感じていただける場合もございます。

埋没法

埋没法は糸を使ってまぶたの皮膚の折り返す高さを固定し、二重の癖をつける二重まぶたの代表的な手術です。糸で止めるだけなので大きな腫れを生じることなく、傷跡も残さず美しく自然な二重まぶたを形成することができるのが特徴です。

マイクロカット

マイクロカットは切開を加えず、埋没法の糸を埋め込む部分から眼窩脂肪だけを速やかに除去するので腫れや内出血の心配がなく、自然に美しい目元に生まれ変わることができます。

小切開

小切開とは二重まぶたの切開法の手術の一つで、一般的な全切開に比べ切開する範囲が少ない二重まぶたを作る手法です。

全切開

「一重まぶたを二重まぶたにしたい」「今の二重まぶたの幅をさらに広げたい」こんなお悩みは、切開法による二重まぶたの形成術で解消できます。

眉毛下切開

たるんでしまった、まぶたのたるみを取って若々しく目元を蘇らせたい。アイリフト手術・眉毛下切開は、眉の直下からまぶたの皮膚を切除し、引き上げることで目元のたるみを改善させることができます。

目頭切開

目頭切開は、内側に広がりをもたせる事でぱっちりと大きな印象に与え、表現力も豊かにな目元になります。単体での治療もできますが二重まぶたの手術(埋没法・切開法・眼瞼下垂など)と組み合わせて治療することが多いです。

目尻切開

目尻切開は目の外側(外眼角)を切開してまぶたを横に広げ、目を大きくする方法です。目を大きく見せたい方や、目の横幅を広げたい方にお勧めの治療です。

下眼瞼下制術(グラマラスライン)

「グラマラスライン」は「下眼瞼下制術」とも呼ばれる治療のことで、垂れ目がちな目元を作ることができます。術後は優しげな表情・印象に変わりますし、白目の露出が増えて目が大きく見えメイク映えしやすくなります。

二重まぶたの修正

「二重まぶたの手術で、思ったような仕上がりにならなかった」「もっと違う、美しい自分に会いたい…」左右差・不自然さ・眠そうな目元など、二重まぶたの手術のトラブルは少なくありません。そんなときには「修正手術」ができます。