小切開

小切開
少しの切開だけで
美しく自然な二重まぶたを手に入れる

小切開とは二重まぶたの切開法の手術の一つで、一般的な全切開に比べ切開する範囲が少ない二重まぶたを作る手法です。切開によって組織の癒着を利用して二重まぶたを作るため、ライン消失のリスクは埋没法よりも低く、非常に取れにくいのが特徴です。
また、わずかの切開だけ済みますので、全切開と比べると圧倒的に腫れが少ないのもメリットの一つです。

小切開の特徴

  • 自然な二重まぶたを作れる
  • ライン消失のリスクが非常に少ない
  • 術後の腫れが少ない
  • わずかな切開なので傷が目立たない
  • ダウンタイムが短い

小切開に関する
疑問や不安にお答えします。

FAQ
以前部分切開をしたのですが。二重のラインが気に入りません。もう一度部分切開で二重のラインを修正したいのですが、傷跡がまた違う部分にできますか?一度作った二重を修正する場合は、前のラインの跡が残ったりしませんか?

一度部分切開で治療し新しい幅で二重まぶたを作る場合ですが、基本的には部分切開ではなく全切開(上眼瞼切開)での治療を進める可能性があります。理由はいくつかありますが、新たに作る場合、皮膚の処理が必要になることが多く、部分切開では皮膚を切開できても切除して取り除くことはできません。
新たに新しい場所で作るという方法もありますが、その場合、別の場所に傷ができてしまうことになりますので避けるべきだと考えます。

部分切開法で作る二重は、上眼瞼切開の二重に比べてラインが不安定になりそうなイメージなのですが、部分切開法だと上眼瞼切開に比べて、将来的に二重のラインが崩れる可能性はありますか?

二重のラインが崩れるという事はありません。加齢によって幅が狭くなることはありますが、ラインが崩れたり不自然な経過になるということはありませんのでご安心ください。

全切開より腫れが少ないということですが、成果は全切開より少な目なのでしょうか?

二重まぶたとしての仕上がりは全切開と同じです。ただし、小切開は1センチ程度の癒着によって取れない二重まぶたにするのですが、全切開(上眼瞼切開)はまぶた全体を切開するため、広範囲に渡って癒着を作ることができます。小切開の考え方としては、埋没法よりも取れませんが全切開に比べると二重まぶたが戻ってしまうリスクがありますが、腫れに関しては全切開に比べ非常に少ないのでダウンタイムが短くないとダメという方に向いています。

一度手術をすれば、元に戻ることはないのでしょうか?

基本的には切開を行いますので非常に取れにくいのは事実ですが、元に戻ってしまう可能性を否定はできません。戻ることを未然に防ぎたいということであれば全切開(上眼瞼切開)による二重まぶたの形成術が必要です。

部分切開だと目頭、目尻側までの切開じゃない分、希望通りの二重になりにくいですか?

いいえ、そういったことではありません。二重まぶたというのはあくまで皮膚の折り返しを離床しますので、希望通りにならないということではありません。

傷跡が少ない方がいいので部分切開を希望しているのですが、上眼瞼切開と部分切開では仕上がりが自然なのはどちらですか?

全体的に切開することの方が自然な状態に仕上がります。


埋没法

埋没法は糸を使ってまぶたの皮膚の折り返す高さを固定し、二重の癖をつける二重まぶたの代表的な手術です。糸で止めるだけなので大きな腫れを生じることなく、傷跡も残さず美しく自然な二重まぶたを形成することができるのが特徴です。

マイクロカット

マイクロカットは切開を加えず、埋没法の糸を埋め込む部分から眼窩脂肪だけを速やかに除去するので腫れや内出血の心配がなく、自然に美しい目元に生まれ変わることができます。

小切開

小切開とは二重まぶたの切開法の手術の一つで、一般的な全切開に比べ切開する範囲が少ない二重まぶたを作る手法です。

全切開

「一重まぶたを二重まぶたにしたい」「今の二重まぶたの幅をさらに広げたい」こんなお悩みは、切開法による二重まぶたの形成術で解消できます。

眉毛下切開

たるんでしまった、まぶたのたるみを取って若々しく目元を蘇らせたい。アイリフト手術・眉毛下切開は、眉の直下からまぶたの皮膚を切除し、引き上げることで目元のたるみを改善させることができます。

目頭切開

目頭切開は、内側に広がりをもたせる事でぱっちりと大きな印象に与え、表現力も豊かにな目元になります。単体での治療もできますが二重まぶたの手術(埋没法・切開法・眼瞼下垂など)と組み合わせて治療することが多いです。

目尻切開

目尻切開は目の外側(外眼角)を切開してまぶたを横に広げ、目を大きくする方法です。目を大きく見せたい方や、目の横幅を広げたい方にお勧めの治療です。

下眼瞼下制術(グラマラスライン)

「グラマラスライン」は「下眼瞼下制術」とも呼ばれる治療のことで、垂れ目がちな目元を作ることができます。術後は優しげな表情・印象に変わりますし、白目の露出が増えて目が大きく見えメイク映えしやすくなります。

二重まぶたの修正

「二重まぶたの手術で、思ったような仕上がりにならなかった」「もっと違う、美しい自分に会いたい…」左右差・不自然さ・眠そうな目元など、二重まぶたの手術のトラブルは少なくありません。そんなときには「修正手術」ができます。