眼瞼下垂

自分史上最高の美しい目、
目力ある魅力的な印象にかわる

二重まぶたになりたい、今よりも目をもっと大きくしたい。
美しい二重まぶたに憧れる女性にとってその治療法に強い興味を持つでしょう。あなたは「眼瞼下垂」という二重まぶたの手術をご存知でしょうか?

眼瞼下垂は従来の二重まぶたの手術とは違います。

一般的な二重まぶたの手術には”埋没法”、”切開法”という2つの手術方法がありますが、これらは全てまぶたの皮膚だけを治療することによって、一重まぶたを二重まぶたにしたり、二重まぶたの幅を広げる治療です。
しかし、眼瞼下垂は違います。眼瞼下垂というのは、皮膚ではなく、まぶたを持ち上げる筋肉を操作することによって、まぶたの開きを大幅に増やす治療なのです。その結果、黒目の露出が増え目そのものを大きく変化させることができるのです。

眼瞼下垂でできること

  • 目力のある目元になれる
  • 二重まぶたにできる
  • 黒目を大きく見せることができる
  • まぶたが開きやすくなる
  • 眠そうな印象を改善できる
  • パッチリとした目元になれる
  • 偏頭痛・肩こりが解消できる
  • 目が大きくなる など

このように眼瞼下垂にはさまざまな効果と作用があるのです。

また、眼瞼下垂を知っていただく上で十分理解していただきたいのは、眼瞼下垂には病気として疾患の治療としての効果を求める場合と、容姿、見た目の美しさを求めるという二つの要素があるのです。

美容的な眼瞼下垂と治療としての眼瞼下垂の違いについて

眼瞼下垂

眼瞼下垂は目がしっかりと開かない状態を改善したり、黒目をパッチリと露出させ黒目がちな目元の印象に変わりたいなどの希望を叶えるために行う治療です。

まぶたがしっかりと持ち上がっていない

眼瞼下垂

黒目がしっかりと露出していない状態

眼瞼下垂

これらの状態を改善するのが”眼瞼下垂”の手術です。

慶友形成クリニックの眼瞼下垂

OPERATION

手術中からすでに「えっ」と驚く感動を実感できる
「眼瞼下垂」それが私たちの技術です

眼瞼下垂

慶友形成クリニックの眼瞼下垂の手術は、目を開けた時の状態、仕上がりの美しさだけにこだわっている訳ではありません。目を開ける時のまぶたの開き具合のスムーズさ、なめらかなまぶたの開閉も実感していただける眼瞼下垂を行なっています。皮膚を切開し、細かな靭帯などの癒着を丁寧に解除するだけでも開きやすさを実感できる方もお見えになります。でも、仕上がりだけを考えればそういった処理をしなくても結果には大きな差は生まれないかもしれません。

本当にそれで良いのでしょうか。美容外科ですから自然で美しいのは当然のこと。
私たちを選んでいただいた以上は最善の治療、最高の眼瞼下垂の手術を受けて頂きたいからこそ細かな処理にもこだわるのです。私たちは眼瞼下垂の手術に関して、さまざまな創意工夫を凝らし、仕上がりの自然さ、患者さんの満足度、ダウンタイムの短縮に取り組んでいます。残念ながら他との差を評価していただくのは、他で受けられた方以外にはできないのですが、私たちは眼瞼下垂の仕上がり、美しさについて絶対の自信を持っています。

まぶたの開けるときの感動を実感してほしい

感動を与える、感動を実感出来る眼瞼下垂の手術をおこなっています。手術で感動する?と疑問を持たれる方も多いでしょう。しかし、当院で眼瞼下垂の手術を受けられた方の多くは、手術中に感動される方が多いのです。それはまぶたを開けるときの動作や閉じる時にスムーズさに「エッ!」と驚かれます。

もちろん、これらは糸を固定する前の段階です。それは横走靭帯や瞼板前組織、隔膜の処理を丁寧に仕上がる技術だからこそ実感出来るためです。一般的に眼瞼下垂の手術というのは隔膜を露出させて引き出して、瞼板に固定すれば開きやすさは改善します。それで傷を閉じれば仕上がりとしては成功です。しかし、それだけで本当に満足させてあげられるのでしょうか?開閉をスムーズにしたり、自然な動きにすることが自然な表情を作り出せるものだと思います。

私たちの美容的眼瞼下垂は見た目の美しさだけではなく、動きや表情までも自然に表現できるようさまざまな工夫を凝らした眼瞼下垂を行なっています。

眼瞼下垂の手術内容・方法

眼瞼下垂の手術はまず初めにデザインを描き、局所麻酔の注射をおこないます。
新しく作る二重まぶたのライン上を切開、そうして余分な組織などを取り除いたり、横走靭帯などを適切に処理し、眼窩隔膜を露出させます。

眼窩隔膜を横に切開し、少し引き出して断片を瞼板に固定します。これによって瞼板と瞼を持ち上げる筋肉とをしっかりと再固定させます。

手術中に座った状態でまぶたの開き具合、黒目の露出の程度、まぶたの閉じ具合を確認します。鏡でチェックし黒目の露出の程度を見ていただき理想的な形になっていることを確認していただきます。

次に二重まぶたを作ります。希望する幅に応じて細かく処理します。必要に応じて組織や余分な眼窩脂肪等を除去します。全て問題なければ傷を閉じて眼瞼下垂の手術を終了します。

眼瞼下垂の麻酔

眼瞼下垂の麻酔は局所麻酔です。まぶた全体に麻酔を浸透させて眼瞼下垂の手術を行います。
眼瞼下垂の手術の痛みというのはこの麻酔による注射の痛みです。基本的には麻酔が浸透してしまえば、眼瞼下垂の手術中に痛みを感じることはありません。
ですが麻酔の痛みが心配、不安という方は吸入麻酔によるリラックス麻酔の併用で麻酔の苦痛を緩和することも可能です。

眼瞼下垂のダウンタイム

眼瞼下垂は切開するだけでなく、筋肉の操作まで行うため術後に強い大きな腫れを生じる治療です。そのため周囲にバレたくないと言う場合は、10〜14日程度は人と会うことを控えた方が良いでしょう。基本的にダウンタイムの考え方は人と会っても不自然な状態ではないと言うことが一般的です。その期間としては10〜14日程度は必要であると考えます。

眼瞼下垂の手術が完成するまで

眼瞼下垂の手術が完成するまでの期間ですが、概ね2週間程度とお考えください。もちろん、腫れなどの個人差はありますし、2週間後に100%の仕上がりかというと若干の腫れ・むくみはあるでしょうし、傷の炎症も消失している状態ではありません。しかし、その段階の状態というのは見た目としてはほぼ仕上がりに近い状態なのです。
傷の炎症などを含めた完璧な仕上がりというのは数ヶ月を要しますが、それはあくまで組織というレベルでのお話であって、見た目に対することで考えるとそれほど長くかかるものではありません。
私たちの眼瞼下垂は腫れの少なさに自信があります。

眼瞼下垂の費用・料金

PRICE

慶友形成クリニックの眼瞼下垂の費用をご案内します。当院の手術費用には、術後検診やアフターケアの費用も含んでいます。追加加算等なく表記通りの値段で眼瞼下垂の手術を受けて頂けますのでご安心下さい。

眼瞼下垂片側
300,000
眼瞼下垂両側
500,000
眼瞼下垂他院修正
600,000
※ 別途、消費税

眼瞼下垂に関する
疑問や不安にお答えします。

FAQ
目が開きすぎて不自然なくらいびっくり目になっている人もいるようです。私は自然な仕上がりを希望しているのですが、本当に不自然になることはないんでしょうか?
ビックリ目というのは過矯正によるものです。一度引き起こすと厄介なのですが、当院の場合、治療中に何度も寝た状態、起き上がった状態など細かくチェックしますし、ご自身でも眼瞼下垂の手術中に鏡で確認していただけますので、不自然にはなりません。また、十分確認していただけますので、ご希望の仕上がりにすることができます。
二重まぶたのラインや黒目の見せ方というのは自分の思い描く通り、希望している通りにできるんですか?
黒目の見せ方については眼瞼下垂の手術中に鏡でご覧いただけますので、希望している形状で整えることができます。ただし本来、瞼板というのは硬い軟骨様の組織です。皮膚の様に伸びたり柔らかいものではありません。できる限り調整はしますが、瞼板に歪みができる様な形状にはできません。
手術中に鏡で確認できます。結果を把握しながら手術ができますので希望通りにならないということはありませんのでご安心ください。
腫れはどれくらい出るんですか?手術当日は目を開けられないほど腫れますか?
基本的に眼瞼下垂は強い腫れを生じる手術です。しかし、当院で受けていただいた多くの方は晴れの少なさに驚かれます。もちろん、個人差はありますが、晴れの少なさには自身があります。目が開けられないほど腫れることは無いです。
腫れの期間ですが、通常、翌日がピークで3、4日後には5、6割の腫れは落ち着きます。抜糸の頃には7、8割の腫れは引いています。 ただし、腫れについては個人差があることをご理解ください。
まぶたの上の凹みも気になっています。同時に治療することはできますか?また、その治療方法も教えて下さい。
まぶたの上の凹みですが、眼瞼下垂(挙筋前転法)で改善させることが可能です。それは凹みの原因が挙筋腱膜にあるからです。眼窩脂肪は眼窩隔膜に覆われているのですが同時に挙筋腱膜と連結しています。眼瞼下垂というのは挙筋腱膜が瞼板から外れてしまったり、連結が緩んでしまった状態ですので、眼窩脂肪は奥に引っ込んでしまいます。
眼瞼下垂の手術というのは挙筋腱膜を引き出して瞼板に再固定しますので、上瞼の凹みも同時に解消させることができるのです。
眼瞼下垂の事例写真について

眼瞼下垂の症例写真というのはみなさんが一番気になるポイントだと思います。お問い合わせでも症例写真の
しかし、美容外科というのは医療行為であり、医療法上、治療の比較写真の掲載についてはやってはいけない行為の一つです。私たちが知りうる限り症例写真を載せていない美容外科はほとんどありませんが、実は掲載していることが間違っているのです。
もちろん、やむなく掲載している美容外科もあるとは思いますが、やはり法令を遵守することが医療機関としてのモラルと考え私たちのクリニックのホームページでは開設以来眼瞼下垂の症例写真は一度も掲載しておりません。
ただし、カウンセリングでは全ての治療前後のお写真はご覧いただけますのでご安心ください。

二重まぶた

  1. 埋没法

    あなたが放つ美しさをより華やかに表現できるのは目元で…

  2. 眼瞼下垂

    自分史上最高の美しい目、…

  3. 眉毛下切開

    弛んでしまった目元を若返…

  4. マイクロカット

    腫れぼったいまぶた、厚ぼったい目元、これらの一つの原因は”眼窩脂肪”。もちろん、眼輪筋や皮下脂肪なども厚ぼったい目元の原因と…

  5. 小切開

    小切開とは二重まぶたの切開法の手術の一つで、一般的な全切開に比べ切開する範囲が少しだけで二重まぶたを作る手法です。切開によっ…

  6. 全切開(上眼瞼切開)

    一重瞼を二重瞼にしたい、今の二重まぶたの幅をさらに広げたい。これらの悩みを解消するのが切開法による二重まぶたの形成術です。皮…

  7. 眉毛上切開

    眉の高さが下がってきた、眉の位置を調整したい。おでこのシワを少しでも解消したい。これらの悩みを解消できるのは眉毛上切開(ブロ…

  8. 目頭切開

    目頭切開は、内側にかぶさっている皮膚を切除(蒙古襞の解除)し、内側(鼻の方向)に対し目を大きく見せる二重まぶたに関連する手術…

  9. 目尻切開

    目の外側(外眼角)に切開を加えることで、まぶたを横に広げて目を大きく見せるのが「目尻切開」です。目を大きく見せたい、目の横幅…

  10. グラマラスライン

    グラマラスラインは下眼瞼下制術とも呼ばれる治療のことで、垂れ目がちな目元に変えることができます。グラマラスラインの術後は優し…

  11. 二重まぶたの修正

    二重まぶたの手術は受けたけれど思ったような仕上がりじゃなかった。なりたかった私はもっと違う美しさ。左右差、不自然なふたえ、眠…