エラ削り

ハリ出ているエラ、広がっているエラ。エラさえ張っていなければ...
そんな悩みを抱えている女性も少なくありません。エラを含めた輪郭は、見た目の美しさに大きな影響を与える大切なパーツの一つ。だからこそ美しいフェイスラインには憧れを抱くし、エラが張っているとそれをコンプレックスに感じてしまう。
でもエラの広がりはどんだけ悩んでいても解決しないし、メイクでごまかすこともできない。一生、この輪郭で悩むより、思い切って美容整形を受けてみようかな。そんな想いを私たちは何より大切にします。

エラ削りによる小顔矯正

エラ削り

エラ削りとは、エラ部分(下顎角骨)の骨を直接を削ったり、切り取ることで広がっている輪郭を外科的に矯正することで小顔にしたり、なりたかった自分のフェイスライン、輪郭を手に入れる美容外科手術です。エラ骨(下顎角骨)を削り取ってしまうため確実な小顔効果を認めます。
エラ削りはエラ張りの根本的な原因である骨(エラ骨)を削って小顔にする外科矯正なのです。

エラ削りでできること

  • エラが張っているの解消する
  • 小顔になれる
  • 顔がゴツゴツしているのを解消できる
  • エラを目立たなくできる
  • 大きな顔の印象を変えられる
  • 卵型の顔になれる
  • 丸みのある輪郭にできる

エラ削りとは? どんな治療法?

エラ削りというのは、エラ部分(下顎角骨)を削る骨切り術ですが、エラの骨の状態、大きさや広がり具合は個人差もありますし、その方がどういった仕上がりを求めているのかということでも削る方法というのは全く違います。
エラ削りと言っても輪郭のタイプによってエラを削る方法はそれぞれ違うのです。ここではその中の数種類のエラ削りの方法をご紹介します。

-エラにはタイプがある

エラの広がりというのは人それぞれ大きく違います。正面から見て横に広がりのある方、横から見てエラが大きい方、それら療法という方もお見えになります。ですので単にエラ削りでエラを小さくすると言ってもさまざまな方法があるんです。

正面から見て横に広がっている

横に広がっているタイプのエラは、下顎角骨部分を切除するだけでも小顔効果を引き出せるタイプのエラ張り。どこまでの仕上がりを希望するのかによっても違いますが、容易に小顔効果を引き出しやすいタイプのエラ。

横から見てエラが大きい

正面から見てもエラの広がりが少なく、横顔で見るとエラが大きいタイプのエラ張り・輪郭。このようなタイプの場合、エラ部分を局所的に削っても希望の仕上がりにならないこともあります。
当院では外板切除を含めフルライン(顎まで含めた広範囲な骨切り)でより高い効果を導き出すエラ削りが可能です。

エラ削りの治療方針

正面から見た時のエラの改善

正面から見てエラが広がっているタイプはエラ(下顎角骨)を削って小顔に整えます。また、希望に応じて下顎骨のボディ部分も削って顔の横幅を小さくします。

横から見た時のエラの改善

正面から見てあまり広がりがなく、横から見るとエラが大きい場合は、エラ部分だけを削っても満足のいく仕上がりにならないことが多いです。そのためエラからアゴにかけての部分まで広範囲に下顎骨を切り落として元々のエラの角の位置の高さを上にすることで大幅な変化を加えます。

エラを削る方法

下顎角骨を削る

横に広がっている突出している部分のエラを切り落として輪郭を整える方法

外板切除

外板と呼ばれる部分の骨を切り落として正面からの広がりを小さく整える方法

全体的な骨切り

大きな変化を加える方法で、アゴ部分にまで及ぶエラ削りです。下顎縁全層とも呼ばれますが、当院ではフルラインと言います。

エラ削りの治療の流れ

エラ削りは骨を削る治療ですので、診察当日に治療を行うことはできません。いかにご紹介するような流れで治療を開始し、安全を第一に考えながらエラ削りの治療を進めていきます。

当院では、徹底したカウンセリング、術前シミュレーションをおこない、患者さんが治療を理解し、十分納得して治療を開始していただけるようにしています。どうぞご安心下さい。

カウンセリング

カウンセリングでは、エラ削りについての正しい情報を知っていただくために専門医が細かく丁寧にわかりやすく説明していますが、不明な点やわかりにくい部分などがありましたら遠慮なくご質問して下さい。

エラ削りというのは、どういった手術内容なのか、多くの方はネットの情報を参考にしていると思いますが、その内容は偏った情報だけであったり、漠然としたイメージしか持たれておらず、あなた自身の骨格、輪郭には向かない内容で理解している方も少なくありません。そのため私たちは、あなた自身の状態や希望する仕上がりに適切な治療プランをご提案することはもちろん、一般的なエラ削りとの違いや起こりうるリスクやデメリット、術後の経過について包み隠さずお伝えします。
もちろん、エラ削りだけでなく、他の治療法の必要性の有無なども詳しく説明をおこないあなたのご希望にあったベストな治療プランをご提案いたします。

少しでも疑問を感じた際には、遠慮なくご質問下さい。エラ削りなど美容外科手術は小さな疑問が大きな不安を生みかねません。不安を感じたまま過ごすことは良い治療結果を見出すこともできなくなってしまいます。

カウンセリングは患者さんによっても異なりますが、概ね40、50分程度とお考えください。もちろん、疑問点が多い場合はそれ以上のお時間がかかる場合もございます。

診察・カウンセリングの意味

エラ削りについて十分な知識を持っていただき、ご自身で治療が必要だと判断してから手術をお申し込みいただければかまいません。よく、「手術はまだ考えておらず、カウンセリングだけでも受けられますか?」という質問を受けます。

私たちの基本的な考えは、カウンセリングというのは手術を前提に受けるものではないということです。カウンセリングというのはあくまでエラ削りの適応の判断、あなたにベストな術式を含めた治療プランの提案です。
エラ削りを受けることが前提ではありません。エラ削りの治療を受けるか否かは時間をかけてゆっくりと考え、決心がついてから申し込めば良いことです。そのことだけは決して忘れない下さい。

術前検査

エラ削りは骨を削って形を整える治療です。そのため骨膜周辺の組織や、骨の中の神経、血管を傷つける可能性は否定できません。そのようなリスクと向き合わなければならない治療です。どれだけ経験を積んだ専門医であっても、検査なしでエラ削りを行えば、神経や血管に思わぬ損傷・ダメージを与えてしまいます。

そのため、すべての患者さんには3D-CTを含めた術前検査を受けていただきます。患者さんそれぞれで神経や血管の正確な位置というのは違うため非常に大切であることをご理解下さい。中には一刻も早いエラ削りの手術を希望される方もいらっしゃいますが、納得できる安全性の高い治療のために、何卒検査へのご協力をお願いします。

頭部の3D-CTは連携医療機関で撮影していただきます。撮影データをご持参し、そのままクリニックに戻って来ていただくか、連携クリニックから当院に郵送にて届いたあと、そのデータを使って、再度カウンセリングを行います。

エラ削り

エラ削りは全身麻酔下で手術を行います。そのためエラ削りの最中は完全に眠っている状態です。エラ削りの手術自体は2時間程度とお考えください。治療が終わったら麻酔から覚醒し、数時間回復室(リカバリー室)でお休みいただき、帰宅できる状態になってからご帰宅していただきます。
ただし、翌日のドレーン抜去がありますので御遠方の方などは近くのホテルでの宿泊を推奨しています。
エラ削りの実際の術式等についてはこちらをご参考下さい。

術後検診

エラ削りの術後検診ですが、翌日のドレーン抜去、1週間での経過観察のための診察、14日以降での抜糸、1ヶ月後、最終チェックの確認のための術後検診が必要です。

術後回復リハ

エラ削りの術後は強い腫れを生じることがあります。また、手術によって一時的にお口を開ける動作に痛みを感じることで開けにくいなどの状態になる場合があります。
そのため当院では術後の回復リハを理学療法士が直接治療したり、運動指導を実施しています。

仕上り確認

私たちはエラ削りを行なった以上責任があります。治療の責任はそれを実施した医師にあります。そのため経過を把握する上で最終チェックは必ず必要です。問題ないから、結果には満足しているからという理由で術後の最終確認に来られない患者さんも一定数おられます。
エラ削りで将来的に何かしらの問題を引き起こすことはありませんが、一般の方でわからない判断できないことがないとは言い切れません。ですので最終チェックの診察は受けて下さい。

エラ削りの手術

エラ削りの手術は全身麻酔ですので治療中に不安を感じることは一切ありません。また、麻酔が聞かないといったこと、途中で目が覚めるといったこともありません。手術の時間は概ね2時間程度で終了します。

麻酔

エラ削りは全身麻酔下で行います。当院では麻酔医、術者、助手、看護師の数名の医療チームでエラ削りを実施します。麻酔医による全身麻酔ですので安全に全身麻酔を実施することができますのでご安心下さい。
全身麻酔中は一切の痛みを感じることはありませんし、途中で起きてしまうこともありません。麻酔の導入で眠ってしまったら次はエラ削りが完了している状態で目覚めます。
麻酔が覚めなかったら... そういった心配をされる方もお見えになりますが、麻酔は確実に覚めますのでご安心下さい。

切開

左右のエラ部分に麻酔の注射を浸透させます。麻酔が十分に浸透し効果が出現したら、左右の奥の歯茎の直下を2〜3㎝切開します。

エラの露出

切開した部分からさらに奥深くまで進んで骨(下顎角骨)を露出させ、骨切りする範囲の骨膜を丁寧に剥がしていきます。そうしてしっかりと骨を露出させます。

骨切り

治療計画に基づき骨に直接骨切りのデザインを描きます。そうして骨を削っていきます。デザイン通り、細かく丁寧に削ります。左右差やデザイン通りの仕上がりになっているのか細かく正確に確認します。

洗浄

骨切りの場合、細かな骨片が創部に残っていると腫れや術後の炎症に大きな影響を与える可能性がありますので何度も洗浄を繰り返します。

縫合

仕上がりの形状、段差などがないことを確実にチェック、問題ないことを確認してからドレーンを挿入し、お口の中の左右の傷を縫合してエラ削りを終了します。

ドレッシング

術後は腫れや出血の予防、低減化のために少し強めの圧迫を行います。そのため術直後はお顔に包帯を巻いている状態です。包帯はご帰宅時に外して帰ることができます。

エラ削りが完了するまで

エラ削りの手術が終わって仕上がりまで、エラ削りが完了するまでの状態や注意事項についてご案内します。

エラ削りは入院は不要です。日帰り手術ですのでそのままご帰宅していただけます。ドレーンを挿入しています。ドレーンは左右のエラ部分から管が露出している状態で、管の先には血液やリンパ液、水分などを貯めるボックスが付いています。
それは何も触らずそのままにしておきます。
翌日の検診でそのドレーンを抜去します。

術直後からご帰宅して頂くまでは顔全体に包帯を巻いています。ご帰宅時に包帯は外しますが、お家に帰られてからは、専用のフェイスバンテージを装着し、腫れを抑えるように過ごしていただきます。

翌日、クリニックに来られる際はフェイスバンテージを外して来ていただいて問題ありません。腫れが強い間はできる限りフェイスバンテージの装着を推奨します。
昼間難しい場合は夜間だけでも装着することを推奨します。
腫れが落ち着いたらフェイスバンテージは不要です。

強い大きな腫れは2〜3日続きます。その後少しづつ腫れが引き始め、術後7日ごろには6、7割の腫れが引いています。
2週間頃にはほとんど腫れは落ち着いており、ほぼ完成に近い仕上がりに落ち着いています。ただし、朝起きた時などは浮腫みやすいことはあるとお考えください。

料金・費用

PRICE

エラ削りの料金・治療費用のご案内です。

エラ削り
880,000
全身麻酔
132,000
エラボトックス
110,000

※ 消費税含む

さまざまな疑問・質問

Q&A

エラ削りに関する疑問・質問にお答えします。

エラ削りの傷跡が心配です。本当に全て口の中から手術するんでしょうか?
はい。エラ削りはお口の中からアプローチし、エラ部分の骨(下顎角骨)を削ります。皮膚表面を切開することはありませんので傷跡の心配はございません。ただし、術直後にドレーンという管を挿入し、血液やリンパ液を外に排出する処置をしますのでその部分だけは表面に出てしまいますが、傷跡として残るようなことはございませんのでご安心下さい。
エラ削りをすると皮膚が弛んだりすることはないんですか?
皮膚のたるみというのは年齢や状態によっても違いますが、皮膚には伸縮性がありますのでたるみに対し過度の心配は不要です。ただし、皮膚のたるみとエラ削りによる小顔のどちらを優先するかと考えれば、エラ削りの方がはるかに美しさを表現できると考えます。
また、エラ削りによってということではなく、誰でも加齢によって皮膚はたるみますし、フェイスラインは崩れます。ですのでたるみの症状が出た場合、その都度ハイフ等で対応することが望ましいと考えます。
もともと左右差があります。揃えることはできますか?それとも左右差のあるままエラを小さくするんですか?
左右差を整えて、均等に仕上げますのでご安心下さい。
術後、いつ頃からエラが小さくなった効果を実感することができますか?
骨そのものは削った直後から小さくなります。あとは腫れの問題ですが、通常1週間程度で効果を実感していただけます。ただし、本当に仕上がりというまでのサイズダウンについては2週間ほどのお時間を見たようが良いでしょう。
エラ削りの術後はいつから食事ができますか?普通に食事ってできるものなんですか?
術直後はお口を開ける可動域が狭くなりますので普通のお食事は難しいです。通常、3〜4日程度でこれまでの食事が可能なようになるとお考え下さい。ただし刺激物は7〜10日程度避けたほうが良いです。
今までエラボトックスを受けています。骨切りの方が効果はありますか?
それはエラの広がりが何が問題であるかということです。エラ骨(下顎角骨)が原因であれば、骨を削った方がより高い効果を実感できるでしょうし、骨そのものに原因がないのであれば、エラボトックスで十分です。骨切りに意味はありません。

すべて見る

輪郭の整形

  1. アゴ削り

    小さなアゴは美しさと小顔の象徴 …

  2. アゴ削り(水平骨切り術)

    顎のサイズは変えずに 形だけをキ…

  3. アゴ削り(中抜き)

    長い顎を短くし美しい フェイスラ…

  4. アゴ削り(分節術)

    顎の形を自由に変化させ、新しい自分…

  5. アゴプロテーゼ(アゴ形成)

    顎がないフェイスラインは…

  6. Vライン形成

    尖った顎先、ツンとしたフェイスラインは美しさと可愛さ、それに伴って小顔効果を出すことができます。これら顎先を細くする治療はV…

  7. エラ削り

    ハリ出ているエラ、広がっているエラ。エラさえ張っていなければ... そんな悩みを抱えている女性も少なくありません。エラを含…

  8. エラボトックス

    注射でも小顔にできる方法があります。それは「エラボトックス」という方法。エラ部分は下顎角骨以外に咬筋と呼ばれる筋肉が走向して…

  9. 頬骨削り

    男性的な強さが表現されやすい頬骨 …

  10. バッカルファット除去

    下膨れた印象、ぽっちゃりとした顔は頬のたるみだけではなく、バッカルファットと呼ばれる頬の深部脂肪が影響していることがあります…

  11. フルライン

    フルラインというのは顎だけではなく、エラ部分も同時に外科矯正することでより高い小顔効果、Vライン、Vシェイプを叶えるための治…

  12. 上顎前突

    出っ歯、上顎が出ている、もっこりとした口元などの悩みは上顎前突の治療「Lefort I型骨切り術」で解消させることができます…

  13. 下顎前突

    受け口、しゃくれ顎などの悩みは下顎全体の位置を前後にスライドさせたり、回転させることができる「下顎枝矢状分割術:SSRO」で…

  14. セットバック

    出っ歯、受け口など輪郭の悩みは骨切りが必然です。セットバックというのは分節術と呼ばれる方法で、上顎全体や下顎全体の骨を移動さ…

  15. 額(おでこ)形成

    おでこに丸みが欲しい、おでこの形を変えたいなどおでこが気になっている方、コンプレックスに感じている方にはおでこの整形手術が可…