患者様中心の美容外科を常に心がけております

慶友形成クリニック
TOPへ | サイトマップ

24時間受付メール相談来院のご予約
慶友形成クリニック 院内案内美容施術料金案内慶友形成クリニックの特徴美容整形施術の治療品質慶友形成クリニックの治療案内院長挨拶慶友形成クリニックへのアクセスお問合せ
TOP > ニュース
ニュースNews
 
2016/12/04  線維芽細胞の治療について
 

改装工事、設備の増設など諸事情のため、再生医療による細胞移植は一時中止しております。治療の再開につきましては本サイトにて告知させて頂きます。

   
2015/12/01  アゴ削りのページを更新しました。
関連URL:http://outline.k-u.jp/method/index12.html
 

アゴ削りのページを更新しました。

   
2015/7/27  ビルのメンテナンスによる休診、電話対応について
 

8月13日は当院があるトキビルのメンテナンスによって休診とさせていただきます。
それに伴い13時から15時まで停電を予定しており、お電話が不通となってしまいます。

当院にご来院の患者さまで緊急のご連絡については事前にお渡ししている携帯電話のほうまでご連絡下さい。
ご迷惑をおかけすることをお詫びいたします。

医療法人社団 慶友形成クリニック 理事長 蘇雅宏

   
2015/7/27  ビルのメンテナンスによる休診、電話対応について
 

8月13日は当院があるトキビルのメンテナンスによって休診とさせていただきます。
それに伴い13時から15時まで停電を予定しており、お電話が不通となってしまいます。

当院にご来院の患者さまで緊急のご連絡については事前にお渡ししている携帯電話のほうまでご連絡下さい。
ご迷惑をおかけすることをお詫びいたします。

医療法人社団 慶友形成クリニック 理事長 蘇雅宏

   
2015/3/19  一緒に働いてくれる看護婦さんを募集しています。
 

美容外科で働いてみませんか!


私たちと一緒に患者さんの笑顔を美しく輝かせる仕事をしませんか。

美容外科で働くことに不安や疑問を抱く方が非常に多いだけでなく、中には嫌悪感を抱く方も少なくありません。
なぜなら一般的な美容外科の多くは治療斡旋のノルマを課せられたり、根拠のない治療をおこなっていたり美容医療に対する不信がぬぐえないのも現実です。

一生懸命働こうと責務を持った看護師が美容医療に携わって直ちに離脱してしまうというケースも少なくありません。
しかし、私たちは違います。形成外科を基礎とし「すべては患者さんのため」をコンセプトに誠実な美容医療を目指しています。

《私たちのお約束》
・誠実な医療サービスを提供しています。
・治療の斡旋などはおこないません。
・看護婦として恥ずかしくない誇れる仕事です。


現在、当院では2,3名の看護師・准看護師の募集をおこなっております。

当院での入職をご希望・検討されている看護師、准看護師の方はどうぞ直接、クリニックまでお問合せ下さい。
なお、他府県からの採用の場合、寮や引越しについてのサポートもございます。お気軽にご相談下さい。


<主な当院での仕事内容>
当院は美容外科手術が中心です。レーザーや注射による治療は他と比べると比較的少ないとお考えください。なので主な業務内容としては、外科手術の前処置、助手・介助。検診の介助などです。

・外科手術が中心のクリニック
・再生医療(細胞培養、脂肪幹細胞の培養、分離研究)の実績が豊富
・医師はすべて専門医(人柄も気さくです)



<看護師紹介センターをご利用の方に>
看護師紹介センターを介して、求人募集のお問合せを頂くのですが、当院は紹介センターを介さず適正な看護師採用をおこなっております。当院での入職をご希望・検討されている看護師、准看護師の方はどうぞ直接、クリニックまでお問合せ下さい。看護師紹介センターからのご相談には一切応じておりません。予めご了承下さい。

紹介センターを介さない理由としましては、これまでに紹介センター側の不誠実な対応があまりにも酷く、適正な看護師採用に不利益を被っているからです。当院は採用させていただいた看護師、及び准看護師の個々の希望、看護業務に対する能力について適正に評価し、双方合意の下で雇用契約を締結させていただき、安心して看護業務を行っていただけるよう常に心がけています。
なお、詳しい雇用条件などにつきましてはハローワークに掲載しておりますので、そちらをご参考いただけると幸いです。

慶友形成クリニック 採用担当
TEL:03-5676-3361

   
2012/2/01  メディカルエステネットキャンペーンを実施しています
関連URL:http://www.keiyu-style.jp/campaign.html
 

メディカルエステのネットキャンペーンを実施しています。ご利用期間は2月1日から2月29日までの特別キャンペーンです。是非この機会にご利用下さい。

   
2011/8/03  大阪・神戸院の開設について
 

医療法人社団慶友形成クリニックは大阪・神戸方面の患者数の増加に伴い、広域医療法人として厚生労働省に施設認可を申請しておりましたが、この度、厚生労働省から診療所の開設許可が降り医療法人社団慶友形成クリニック神戸として新たに開業する運びとなりました。慶友形成クリニック神戸は線維芽細胞移植を始めとする再生医療を充実させると共に、輪郭形成、鼻の美容整形など高度な医療技術を提供できる「西日本美容外科の柱」となるべく高機能先端美容外科クリニックを目指します。今後とも何卒よろしくお願い致します。

   
2011/3/14  手術及び検診を含めた診察について
 

東北地方太平洋沖地震後の交通機関の乱れによってご来院されるかたの時間が大きくずれ込んでいます。ご予約いただいている時間で極力対応できるようさまざまな面で配慮しておりますが、状況によってはお待ち頂く場合もございます。予めご了承下さい。また、ご来院できない場合のご連絡も電話などの通信障害も各地域で発生しており、スムーズにつながらない場合もございますが、ご一報頂けると幸いです。

   
2011/3/13  東北地方太平洋沖地震の影響について
 

2011年 3月11日(金)に発生致しました、東北地方太平洋沖地震において被災された方々に対してお悔やみとお見舞いを申し上げるとともに、一刻も早い復旧、復興をお祈りいたします。

<当院の診療体制について>
都内、関東全域において交通機関の乱れが引き続き継続します。当クリニックは通常通り診療しておりますが、節電などの問題から院内の照明を含め一時的に止めているところもございます。受付窓口の照明も落として診療していますので、休診を勘違いされている方もお見えになっているようです。通常通り診療しておりますのでご安心下さい。

   
2011/2/07  メール相談に関するお願い
 

最近、メール相談をお申込みされても返事がこないというお電話をいただくケースが増えています。届きましたメールに関しましてはすべて返信しておりますが、多くの方でリターンメールとなり戻ってきていることが多くなっております。ご相談の際はメールアドレスをよく確認していただきご相談いただきますようお願い致します。また、携帯電話のメールアドレスをご利用になられている方はドメイン指定の解除をお願いいたします。(ドメイン解除アドレス:k-u.jp)

   
2010/12/03  脂肪吸引のモニターを募集いたします。
関連URL:http://body.k-u.jp/monitor.html
 

脂肪吸引のモニターを募集いたします。院内カタログの制作にあたり、脂肪吸引の写真が必要となりました。期間限定ににはなりますが、脂肪吸引をご検討の方には是非ご利用をご検討いただければと思います。

   
2010/4/29  形成外科の保険診療。美容皮膚科の診療時間に関するご案内
 

形成外科(眼瞼下垂など)における保険診療の診療時間については下記の通り設定させていただきます。予めご了承ください。尚、保険診療に関しては医師の指名はご遠慮いただいております。予めご了承下さい。

(形成外科)  保険診療における診療日:水曜日 土曜日
          診療時間:AM10:00 - PM19:00

(美容皮膚科) 診療日:月曜日、木曜日、土曜日
          診療時間:月・木曜 AM10:00 - PM16:00
               土曜日  AM10:00 - PM15:00

   
2009/11/28  慶友形成クリニックサイトをご覧の皆様へ
 

2009年11月27日に各地域におきまして発生したネットワーク障害に関連し、当サイトも一時的に閲覧が出来なくなりました事をお詫び致します。

   
2009/4/09  永久脱毛のキャンぺーンについて
関連URL:http://www.keiyu-style.jp/campaign.html
 

今回、期間限定として永久脱毛とインディバのキャンペーンを実施いたします。是非この機会にお試しください。

   
2008/2/27  再生美容医療 ”線維芽細胞情報サイト”をオープンしました。
関連URL:http://www.fibroblasts.jp
 

究極のアンチエイジングの治療。不老治療として大きく期待されている線維芽細胞移植術の情報サイトをオープンしました。再生医療としてさまざまなメディアで取り上げられている治療との大きな違いをお確かめください。

   
2007/8/20  クリニック設備増設工事及びメンテナンスのお知らせ
 

線維芽細胞注入治療の患者様の増加に伴い、培養設備の増設工事を行いますので8月27日から8月31日までの5日間を休診とさせていただきます。ご迷惑をお掛け致しますがご了承下さいますようお願い申し上げます。なお、術後のお問い合わせとご相談に関してはメールで対応しておりますのでそちらをご利用下さい。

   
2007/6/25  メール相談のご利用についてのお願い
 

フォームからご相談いただいた内容に対する回答は、基本的に当日に対応しております。返信がこないということで何度も送られるお客様も多いのですが、メールアドレスの入力ミスによるものか、当院にリターンメールとして戻ってくるケースが非常に増えております。
※携帯電話によるメールアドレスの場合、受信可能な状態に正しく設定を行って下さい。
※パソコンメールの場合は、メールアドレスを再度確認していただき、セキュリティソフトなどで受信メールの設定をおこなっている場合は、当院からのメールが受信できるよう正しく設定をおこなって下さい。

   
2007/2/15  眼瞼下垂治療における生命保険の請求に関して
 

眼瞼下垂の治療を保険・自費診療に限らず、当院で治療を受けられた患者様から生命保険の請求についてのお問い合わせが増加しております。ご自身が加入されている保険会社及び、ご加入の保険の種類によって、治療費用の負担及び一部負担額は大きく異なります。保障内容について当院では分かりかねますので、直接、ご加入の保険会社にご確認下さい。
また、自費診療の医療費控除に関して、眼瞼下垂の治療は医療費控除の対象となる場合がございます。治療費用明細(領収書)は大切に保管して下さい。診断書などの提出が必要な場合は対応をいたします。

   
2007/1/16  眼瞼下垂の保険診療の適応について
 

眼瞼下垂は状態、及び症状に応じてご加入の健康保険が適応される場合がございます。診察した医師が治療において十分考慮したうえで、適応の有無を確定します。他院で眼瞼下垂の診断を受けた場合でも、必ず保険適応対象になるとは限りません。その際は紹介状をご持参下さい。
また、大学病院及び他の医療機関からの手術依頼は、紹介状が必要となります。紹介状がない場合の診療は、当院での眼瞼下垂の治療は初診となります。予めご了承下さいますようお願い致します。
※眼瞼下垂で健康保険が適応されるのは治療目的のためであり、美容・整形目的の場合は適応されません。医師の診察において治療の必要性を判断した場合だけに保険が適応されます。

   
2007/1/07  陥没乳頭の保険適用について
 

「陥没乳頭の治療を保険でできないか?」というお問合せが多いです。保険適用とは厚生労働省で指定されている診療報酬によって算定されます。陥没乳頭の保険適用に関しては下記の通りに定められていますので、当院では下記の通りの適用が認められればすべて保険治療として対応させていただきます。

陥没乳頭形成術
再建乳房乳頭形成術

(1)授乳障害のある陥没乳頭に対して乳頭形成をおこなった場合、又は乳腺悪性腫瘍手術後の乳房再建に対して二期的に乳頭形成を行った場合に算定する。
(2)美容を目的とするものは給付外である。
(平成18保医発0306001)

   
2006/12/21  二重まぶた(埋没法)における糸の露出に関して。
 

瞼板法と挙筋法の違いについての見解ですが、医師によってさまざまな意見があります。当院の考え方は、あくまでも瞼板法を優先としています。瞼板法にはさまざまな誤解があるようですので明確な説明を致します。
当院で行っている瞼板固定法は角膜側に糸の露出は一切ございません。瞼板固定法には糸を結膜側に2〜3ミリ程度露出させる方法もあるので、角膜への負担や障害のリスクばかりをを強調してしまいがちです。しかし糸を一切露出させない瞼板固定法の場合、そういった角膜に起きる障害のリスクはありません。
当院は腱膜性眼瞼下垂の治療症例が他のクリニックと比べ圧倒的に多く、経験上、挙筋への負担を考えますと挙筋固定法での治療には非常に抵抗がありますので、挙筋固定での治療は行っておりません。
また、挙筋にはミューラー筋など自律神経系の神経が付随しており、美容目的に糸で周辺組織を癒着させるのは、美容面ではなく健康面への影響を考慮すべきだと考えています。挙筋固定が自然で、瞼板固定法は自然な仕上がりにならないと勘違いされる方も少なくありませんが、瞼板固定法でも糸の締め具合や、固定の状態によって自然で安全な二重まぶたに仕上げることが十分可能であるということをご理解下さい。

   
2006/11/18  豊胸術におけるインプラントの最新情報。
 

FDAが、豊胸術で使用するブレストインプラントの製造メーカー2社(Menter社とInamed社)の製造するシリコンジェルに対して正式な認可を決定しました。
当院では Menter社製のエリートジェル、Inamed社製のバイオセルバックの2種を使用しております。
また、FDAの方針として2-3年間隔でのMRI検査を推奨しています。当院では従来より、治療を受けた方すべてに術後のフォローとして、さまざまな検査を受けられるシステムを構築しておりますので、安心して治療を受けていただくことが可能です。

   
24時間受付メール相談来院のご予約このページのTOPへ
二重まぶた情報
脂肪吸引情報
豊胸情報
エラ削り・フェイスライン情報
AGING若返り
クマ・目元のスキントラブル情報
受け口・セットバック等、症状別治療情報

 
本ページ内すべての文書・データ等は著作物です。
無断掲載・転載等はお断りいたします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic.