患者様中心の美容外科を常に心がけております

慶友形成クリニック
TOPへ | サイトマップ

24時間受付メール相談来院のご予約
慶友形成クリニック 院内案内美容施術料金案内慶友形成クリニックの特徴美容整形施術の治療品質慶友形成クリニックの治療案内院長挨拶慶友形成クリニックへのアクセスお問合せ
TOP > 治療案内トップ > フェイスリフト
治療案内therapy
フェイスリフト

フェイスリフトとは
フェイスリフトは、リフティング手術の代表的な美容整形で、頬からフェイスランを全体的に引き上げて、顔全体のたるみを改善する治療です。当院のフェイスリフトは単に皮膚を切除して筋肉を処理するだけではなく、靭帯部分まで丁寧に処理し、自然で持続期間の長い治療をおこなっています。

フェイスリフトの詳しい情報はこちら

フェイスリフトの詳細
フェイスリフトは筋肉の処理方法などが大きく違います。もともとは皮膚だけを引き上げていた治療ですが、筋肉の処理をすることで、効果が長くなるというメリットから多くのクリニックで行われています。しかし、当院では皮膚、筋肉だけではなく、靭帯まで処理することで自然な若返りを実現しました。

フェイスリフトのダウンタイム
ダウンタイム6-7
当日
手術当日は入院していただくことも可能です。手術後4、5時間で鈍痛が出る場合があります。処方された薬を服用すれば治まります。
翌日
圧迫を外すので来院の必要があります。(入院されている場合は、午前中に洗髪などのケアをさせていただきます)。シャワーを準備していますので、洗髪を含め適切なケアを行います。傷を最小限にする処置も行います。腫れが生じていますが、2、3日で引いていきます。状態により簡単なマスクだけで帰宅できます。
3日目
徐々に腫れが落ち着いてきます。
5日目
傷に糸はありますが、見た目は不自然ではありません。
1週間目
抜糸します。引き上げる範囲にもよってコメカミ部分を残す場合もあります。髪の毛の中なので目立ちません。この頃、腫れは7 - 8割程度落ち着いています。
10日目
1週間目で抜糸できなかった部分をすべて抜糸します。
2週間目
腫れは9割程度落ち着いています。基本的に仕上がりに近い状態です。
3-6ヵ月後
完全な仕上がりです。

フェイスリフトの術後ケアについて
フェイスリフトは腫れなどダウンタイムを伴う美容整形治療です。当院では術後のドレッシングを進化させるだけではなく、術後のアフタートリートメントにも工夫をしています。それによって腫れが少なくなり、早期の復帰ができるよう対応しています。
 
フェイスリフト

Question
フェイスリフトは全身麻酔で治療するのでしょうか?局所麻酔で治療していただくことはできますか?
Answer
基本的には全身麻酔を推奨しています。理由としては手術時間が非常に長いということから、全身管理をしっかりとした状態で一切苦痛なく治療ができるためです。ただし、希望によって局所麻酔をご希望の場合はご相談させていただきますのでご安心下さい。

Question
どれくらい効果が持続するのでしょうか?他のクリニックでは10歳若返るというのを見かけますが、効果は10年くらいは持続しますか?
Answer
残念ながら10年持続するということではありません。治療を受けた直後から誰でも老化は始まります。一般的にフェイスリフトは数年前の状態に戻しリセットをするという考え方です。何年持続することではないんです。しかし、治療後から正しいスキンケアなどでしっかり守れば、老化の進行をより抑えることができます。

Question
現在、38歳です。それほど弛んではいませんが、予防的にフェイスリフトを受けることはできるんでしょうか?
Answer
確かに、靭帯や筋肉を処理するということから考えると、予防的な効果にも優れています。しかし、余分な皮膚がなければ治療効果に満足はできないと思いますので、フェイスリフトということではなく、まずはスキンケアなどをお勧めします。


24時間受付メール相談来院のご予約このページのTOPへ
二重まぶた情報
脂肪吸引情報
豊胸情報
エラ削り・フェイスライン情報
AGING若返り
クマ・目元のスキントラブル情報
受け口・セットバック等、症状別治療情報

 
本ページ内すべての文書・データ等は著作物です。
無断掲載・転載等はお断りいたします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic.