アテロームの治療

テロームの治療

アテロームの治療では、アテロームの大きさに合わせて皮膚を切開し、病巣部分を取り除く、標準治療は切開による切除術となります。また切除した組織は病理検査を実施します。

治療・手術の流れ

治療方法

アテロームの実際の治療方法・内容をご紹介します。

まず始めに皮膚を切開するデザインを描きます。そうして手術範囲に局所麻酔の注射を打ちます。

麻酔が十分効いていることを確認したら皮膚を切開し、アテロームを丁寧に取り除きます。

十分止血をしてから傷を縫合し手術を終了します。

術後は創部をガーゼで保護します。大きさ等によっても違いますが、必要に応じて圧迫をいたします。

治療の流れ

診察・検査

専門医(形成外科、皮膚科)が創部の状態を診察し、診断します。
診断の結果、アテローム(粉瘤)と判断したら治療方針のご提案をいたします。
アテロームは大きな治療ではありませんが、術前の血液検査が必須となります。
また血液検査は診察当日に受けて頂くことも可能です。

手術・治療

アテロームの切除術をおこないます。
手術時間は大きさや部位によって異なりますが、概ね30分程度となります。
入院は不要で日帰りにて治療いただけます。
術後は総武をガーゼで保護してお帰りいただきます。
また当日はシャワーのみ可能で入浴は禁止となります。

術後検診

術後7日以降に抜糸を行います。
採取したアテロームの病変は病理検査を実施しますので、その結果についてもご説明させていただきます。
※ 基本的には病理検査を実施しますが、行わない場合もございます。

アテロームの治療に関する
さまざまなご質問

FAQ
アテロームの治療ですが、診察を受けて最短でいつ頃手術が可能ですか?

予約状況にもよって違ってきますが、検査の結果が出るまでに4〜5日程度のお時間を要します。
手術のご予定はそれ以降とお考え下さい。

抜糸は絶対に必要ですか?

はい、保険診療、標準治療で対応していますので必ず抜糸が必要です。

傷跡が心配です。どの程度の傷跡になるんですか?

傷跡はアテロームの大きさで決まります。アテロームは、放置すればするほど大きくなりますので早期の治療が必要です。傷跡は可能な限り目立たせないように工夫はしますが、少なからず傷跡は残るとお考え下さい。
手術(切除)以外に治療法はありませんので、できる限り早めの治療をお勧めします。


線維芽細胞による再生医療

失われた肌細胞そのものを直接増やすことができる「肌の再生医療」線維芽細胞移植術でお肌の中から若返らせてくれます

ハイフ-HIFU-

手術までは難しいけど、何とかしたい、そんな方にお勧めするのがハイフ(HIFU)。これまでのリフトアップとは全く違うS-MASなど肌の奥深い層まで治療ができます。

シミ取りレーザー

老人性色素斑(年齢によるシミ)、脂漏性角化症(年齢によるイボ)、後天性真皮メラノサイトーシス(あざの一種)、など、一部の「シミ」はレーザーの治療対象となります。レーザーの治療対象でない 「シミ」 の場合は内服薬や外用剤、もしくは他の施術での改善方法を提案させていただきます。

アテロームの治療

アテロームの治療では、アテロームの大きさに合わせて皮膚を切開し、病巣部分を取り除く、標準治療は切開による切除術となります。