二重まぶたの修正

二重まぶたの修正
もう失敗なんてしたくない。
二重まぶたを修正してキレイな目元になる!!

「二重まぶたの手術で、思ったような仕上がりにならなかった」「もっと違う、美しい自分に会いたい…」左右差・不自然なさ・眠そうな目元など、二重まぶたの手術のトラブルは少なくありません。
そんなときには「修正手術」ができます。基本的に最初に受けた美容外科で保証として受けられますし、経済的な負担も少なく受けやすい手術です。しかし怖く感じたり、医師の対応等に疑問・不安がある方もいらっしゃるかもしれません。皆様に安心して修正手術を受けて頂けるよう、くわしくご説明いたします。

こんな方にお勧め

  • 希望の二重の幅じゃない
  • 二重のラインが消失した
  • 目が開きすぎている
  • 傷跡が目立つ
  • 左右差がある
  • 目が開きにくくなった

修正手術の時期

修正時期は二重まぶたの手術後3ヶ月以降を推奨しています。
3ヶ月以降というのはあくまで目安です。目の状態をよく見て判断いたします。
緊急性がなければ、時間をおいた方が組織の癒着等の影響を受けにくいということはご理解ください。

二重まぶたの修正の方法

二重まぶたの修正手術はさまざまな方法があり、お一人お一人目の状態で治療法が大きく違ってきます。以下の方法をいくつか組み合わせた修正術が必要になることも、少なくありません。

皮膚の切除
皮膚を切除した量の差によって左右差が生じている場合、皮膚を再切除して左右を均一に整え、満足のいく美しい仕上がりに整えます。
組織の除去
眼窩脂肪や結合組織・瞼板前組織などの余分な組織を除去することで、満足のいく仕上がりに整えます。
癒着の解除
修正手術で比較的厄介なのが、組織間の癒着です。組織が癒着して硬くなってしまうと、それを解除するだけで非常に長い時間を要することもあります。二重まぶたの修正の多くはこの癒着を解除しなければ自然に仕上がらないことが多いため、眼瞼下垂などの修正手術ではこの癒着の解除が一つのポイントになります。
新たなライン設定
すべての処置が完了したら新たな二重まぶたのラインを設定して、美しい二重まぶたに仕上げます。

二重まぶたの修正に関する疑問や不安にお答えします。

FAQ
他院で埋没法を受け1ヶ月を過ぎましたが、いまだに腫れが引きません。他院の修正でも請け負ってもらえますか?

基本的には埋没法を受けられたクリニックでの治療を推奨します。理由は通常、保証制度があるからです。
それでも当クリニックをご希望であれば、もちろん修正には対応しますのでご安心ください。腫れの状態にもよりますが、まずは抜糸をしてから後日改めて埋没法をかけ直す治療をお勧めすると思います。
腫れが出ないよう細心の注意を払って、修正治療をいたします。

切開法で二重にしたところ、術後から腫れが引いてもまぶたが完全には閉じません。皮膚の取りすぎが原因でしょうか?この場合、修正はできるのでしょうか?

皮膚を取りすぎた場合、元に戻すことは基本的には難しいです。 実際に診察してみないと判断できませんが、一つの方法として眼瞼下垂の手術のように、まぶたの開き具合を調整して取りすぎた皮膚の状態を解消できる可能性はあります。
ただし今の状態がまだ腫れを伴っているのであれば、まずは様子を見ることが必要です。

上眼瞼切開を受けて半年経ちます。左右差があり二重の幅も希望より狭いし、傷跡もがたがたです。このような状態から、左右差を揃えて二重の幅を広げることはできますか?また新しい二重のラインを作ったら、以前の傷跡はさらに目立ってしまうでしょうか?

修正は可能です。左右差を整えることは比較的簡単です。
以前の切開したラインを利用しますので、傷跡が新たに目立つようなことはありません。今の傷跡も目立たせないよう工夫して修正いたします。

二重の切開手術後2週間たちますが、二重のラインがかなり思っていたより上で二重の幅が不自然です。手術した病院からは「まだ腫れてるから落ち着くまで様子見」と言われましたが、いつまで待てば落ち着くのでしょうか?また幅を狭く自然な二重に修正することはできますか?

腫れの期間は術式や固定方法で大きく違いますのではっきりとお答えはできませんが、今2週間であれば様子見で良くなる場合もございます。いくら待っても満足できない場合、当クリニックで修正手術は可能です。他院修正の場合、3〜6ヶ月お待ちいただく場合がございます。

上眼瞼切開と目頭切開をしたら、あまりにも目の印象が派手になってしまいました。自分には似合っていないと後悔しています。二重はそのままでいいのですが、平行型を末広型の控えめな二重に戻すことはできますか?

皮膚に余裕があれば可能ですが、基本的には難しいかと存じます。


埋没法

埋没法は糸を使ってまぶたの皮膚の折り返す高さを固定し、二重の癖をつける二重まぶたの代表的な手術です。糸で止めるだけなので大きな腫れを生じることなく、傷跡も残さず美しく自然な二重まぶたを形成することができるのが特徴です。

マイクロカット

マイクロカットは切開を加えず、埋没法の糸を埋め込む部分から眼窩脂肪だけを速やかに除去するので腫れや内出血の心配がなく、自然に美しい目元に生まれ変わることができます。

小切開

小切開とは二重まぶたの切開法の手術の一つで、一般的な全切開に比べ切開する範囲が少ない二重まぶたを作る手法です。

全切開

「一重まぶたを二重まぶたにしたい」「今の二重まぶたの幅をさらに広げたい」こんなお悩みは、切開法による二重まぶたの形成術で解消できます。

眉毛下切開

たるんでしまった、まぶたのたるみを取って若々しく目元を蘇らせたい。アイリフト手術・眉毛下切開は、眉の直下からまぶたの皮膚を切除し、引き上げることで目元のたるみを改善させることができます。

目頭切開

目頭切開は、内側に広がりをもたせる事でぱっちりと大きな印象に与え、表現力も豊かにな目元になります。単体での治療もできますが二重まぶたの手術(埋没法・切開法・眼瞼下垂など)と組み合わせて治療することが多いです。

目尻切開

目尻切開は目の外側(外眼角)を切開してまぶたを横に広げ、目を大きくする方法です。目を大きく見せたい方や、目の横幅を広げたい方にお勧めの治療です。

下眼瞼下制術(グラマラスライン)

「グラマラスライン」は「下眼瞼下制術」とも呼ばれる治療のことで、垂れ目がちな目元を作ることができます。術後は優しげな表情・印象に変わりますし、白目の露出が増えて目が大きく見えメイク映えしやすくなります。

二重まぶたの修正

「二重まぶたの手術で、思ったような仕上がりにならなかった」「もっと違う、美しい自分に会いたい…」左右差・不自然さ・眠そうな目元など、二重まぶたの手術のトラブルは少なくありません。そんなときには「修正手術」ができます。