シミ取りレーザー

シミ取りレーザー

一般的に 「シミ」といっても種類はいろいろあります。普通の 「シミ」のように見えても、レーザーでは治療が難しいもの、スキンケア指導などが中心になるもの、また、悪性疾患やそれに類似するものなどもあります。従って、最初の専門医師による診察と診断は、とても大切になります。

老人性色素斑(年齢によるシミ)、脂漏性角化症(年齢によるイボ)、後天性真皮メラノサイトーシス(あざの一種)、など、一部の「シミ」はレーザーの治療対象となります。レーザーの治療対象でない 「シミ」 の場合は内服薬や外用剤、もしくは他の施術での改善方法を提案させていただきます。

老人性色素斑はQスイッチレーザー、脂漏性角化症は炭酸ガスレーザーを使い治療が可能です。後天性真皮メラノサイトーシスは数か月に1回、複数回のレーザーでの治療が必要になります。

レーザー治療後は7-14日程度の痂疲(かさぶた)形成があり、テーピングと軟膏による治療が必要になります。かさぶたが取れた後は数か月かけて肌に色がなじんでいきます。

全体的な肌質改善や、誤ったスキンケアを改善することで、良い治療経過をたどることも多いですので、ご希望の方には提案させていただきます。


線維芽細胞による再生医療

失われた肌細胞そのものを直接増やすことができる「肌の再生医療」線維芽細胞移植術でお肌の中から若返らせてくれます

ハイフ-HIFU-

手術までは難しいけど、何とかしたい、そんな方にお勧めするのがハイフ(HIFU)。これまでのリフトアップとは全く違うS-MASなど肌の奥深い層まで治療ができます。

シミ取りレーザー

老人性色素斑(年齢によるシミ)、脂漏性角化症(年齢によるイボ)、後天性真皮メラノサイトーシス(あざの一種)、など、一部の「シミ」はレーザーの治療対象となります。レーザーの治療対象でない 「シミ」 の場合は内服薬や外用剤、もしくは他の施術での改善方法を提案させていただきます。

アテロームの治療

アテロームの治療では、アテロームの大きさに合わせて皮膚を切開し、病巣部分を取り除く、標準治療は切開による切除術となります。