ハイフ-HIFU-

ハイフ-HIFU-
ハイフで叶えるリフトアップと小顔
顔のたるみを引き上げて一気に若返り!!

「なんとなく肌に元気がない」「肌のハリ感や弾力が衰えてきた」「フェイスラインが崩れ、ほうれい線やマリオネットラインが気になり始めた」
そんなお肌の老化症状を感じていませんか?
手術までは難しいけど、何とかしたい、そんな方にお勧めするのがハイフ(HIFU)。これまでのリフトアップとは全く違うS-MASなど肌の奥深い層まで治療できるフェイスリフトです。

ハイフ

ハイフは超音波を利用したこれまでのたるみ取りや引き締めとは全く違う新しいタイプのリフトアップ機器です。ハイフはレーザーとは違い、超音波を利用した治療法で、超音波をある一定の深さに1点に集中させてその部分に超音波エネルギーが凝集し、大きな熱を産生します。その熱を利用し弛んでしまった組織に強い刺激を加え、収縮させることでたるみを引き上げます。 表面側に刺激を加えず、深い層「S-MAS筋」まで照射することができるのが大きな特徴です。

こんな方にお勧め

  • 頬のたるみが気になる
  • ほうれい線をなんとかしたい
  • マリオネットラインが気になる
  • 顔全体のたるみが気になる
  • フェイスラインを引き締めたい
  • リフトアップをしたい
  • 二重顎をなんとかしたい
  • 目元のたるみが気になる
  • 目をぱっちりとさせたい

ハイフに関する
疑問や不安にお答えします。

FAQ
ほかのレーザーとの決定的な違いはなんですか?
ハイフは4.5㎜という深い層にまで届いて、熱によって皮下組織を収縮させる作用に優れています。リフトアップレーザーとの違いは、治療できる深さが深いということ、また、数種類の深さの違うカートリッジを扱うことで層に応じた治療ができるということです。そのためより高いリフトアップ、肌の引き締め効果が期待できます。
効果が現れるまで時間がかかりますか?

多くは施術直後に効果が実感できますし、数日後にはさらに引き締め効果を実感することができます。

真皮の奥まで照射してやけどなどにはならないのでしょうか?

一般的にレーザー治療などのやけどというのは表面上にで切るものになりますので、深部の治療をするハイフではやけどを作りません。リスクはゼロではありませんが、通常の経過であればやけどを引き起こすことはありません。

何回くらい照射すればよいものなのでしょうか?

何回という明確なデータはなく、回数を重ねればより高い効果を実感していただける治療です。

顔以外の対象部位はありますか?

フェイスライン下から首にかけて治療が可能で膝などのたるみにも効果的です。

クリニックによって値段も違えば効果に差があると聞きますが何を基準に選べば良いでしょうか? また慶友形成さんと他クリニックとの違いがあれば教えてください。

まず、クリニックの選び方ですが、誰が治療を行うかということも選択基準に考えても良いかもしれません。 当院では看護師などメディカルスタッフによる施術プランもありますが、専門医だけが治療にあたるドクタープランもございます。

次に照射数(ショット数)も大切です。照射数は効果に一番影響します。当院の場合、顔全体で500ショット以上を照射していますので、料金はかなりリーズナブルになっています。当院の特徴ですが、効果を重視したハイフですのでショット数は非常に多いと思く、他のスキンケアとの併用も行っていますのでより高い美肌効果が期待できます。


線維芽細胞による再生医療

失われた肌細胞そのものを直接増やすことができる「肌の再生医療」線維芽細胞移植術でお肌の中から若返らせてくれます

ハイフ-HIFU-

手術までは難しいけど、何とかしたい、そんな方にお勧めするのがハイフ(HIFU)。これまでのリフトアップとは全く違うS-MASなど肌の奥深い層まで治療ができます。

シミ取りレーザー

老人性色素斑(年齢によるシミ)、脂漏性角化症(年齢によるイボ)、後天性真皮メラノサイトーシス(あざの一種)、など、一部の「シミ」はレーザーの治療対象となります。レーザーの治療対象でない 「シミ」 の場合は内服薬や外用剤、もしくは他の施術での改善方法を提案させていただきます。

アテロームの治療

アテロームの治療では、アテロームの大きさに合わせて皮膚を切開し、病巣部分を取り除く、標準治療は切開による切除術となります。