眉毛下切開

眉毛上切開
たるんでしまった、まぶたのたるみを取って
若々しく目元を蘇らせたい。

加齢と共に何年か前から一気にたるみ始めたまぶた。昔はこんな目元じゃなかった…。そんな悩みを抱えている方にお勧めするのが眉毛下切開と呼ばれる上まぶたのたるみ取り手術。残念ながらまぶたのたるみは切って引き上げる以外に解決できる方法はありません。

この先、たるんだまぶたのままで一生悩み続けるか、思い切って眉毛下切開で若返るかはあなた次第です。
私たちはあなたの「いつまでも若くあり続けたい」「綺麗になりたい」という想いを誰よりも大切にします。美容外科手術は一般的に批判的な意見が多いように見受けられますが、現実的な解決方法というのは眉毛下切開以外にはありませんし、皆さんが思っている以上に多くの方が受けているのも事実です。
あなたが若々しい印象になってどこが悪いんでしょう。私たちはあなたの気持ちを大切にいたします。

下切開

まぶたのたるみはどれだけ筋肉を鍛えたところで改善するものではありません。目元のたるみというのは余分な皮膚そのものを切除して引き上げなければ改善させることはできないのです。眉毛下切開は眉の直下からまぶたの皮膚を切除し、引き上げることで目元のたるみを改善させることができます。

まぶたがたるんでいる状態(外側)

眉毛下切開(前)

眉毛下切開で引き上げた状態

眉毛下切開(後)

まぶたというのは表情一つで疲れた印象や老いた印象を相手に与えてしまいます。眉毛下切開は腫れも少なく、傷跡も目立ちにくいです。ダウンタイムの数日間だけ経てば、あなたの目元は自然に昔の目元、若々しい目元に生まれ変わるのです。

眉毛下切開の適応

眉毛下切開はまぶたのたるみを引き上げて昔のような目元に戻ることができる若返りの美容整形手術です。加齢によって生じるまぶたのたるみはあなたの美しさと若さを大きく損なってしまい、まぶたのたるみはどれだけ丁寧に手入れをしていても防ぐことはできません。残念ですが、一度たるんでしまったまぶたの皮膚というのは引き締めることも、改善させることも現実には不可能です。

しかし、私たちが行っている「眉毛下切開」は違います。加齢による皮膚のたるみは切除することで簡単に劇的に解消させることができるのです。

眉毛下切開の適応と特徴

  • まぶたのたるみを取りたい
  • 目元を若返らせたい
  • 二重まぶたの幅を広げたい
  • 目尻側のたるみを引き上げたい
  • 昔のような目元に戻りたい
  • 一重のままたるみだけを解消したい
  • 自然な仕上がりを求める方
  • 傷跡が目立ちにくい

昔のようにたるみが無く、若々しい目元に戻したい。まぶたのたるみを解消したい。その思いを実現するのが「眉毛下切開」です。眉毛下切開とは文字の通り眉毛の下を切開する治療で、たるんだ皮膚を直接切除するので治療直後からたるみが改善した目元に変わることができます。

一般的な上眼瞼切開との大きな違いは、たるんだ分だけの皮膚を切除するため、一重の方は、一重のままで、二重の方も昔の状態に戻すだけなので自然な仕上がりになります。

私たちのこだわり

眉毛下切開に対する私たちのこだわりと工夫

私たちが提供する「眉毛下切開」は切開する際のデザインにこだわりがあります。単に眉の直下に合わせて描くのではなく、たるみの状態、適切な皮膚の切除量を正確に判断し、デザインを描きます。

  • 自然な仕上がりに整えます
  • 術中の痛みを感じさせない麻酔の工夫
  • 腫れを生じさせない、長期化させない工夫
  • 傷を目立たせない縫合技術
  • 皮膚及び筋肉の切除

これら5つの工夫とこだわりのある眉毛下切開であなたの満足度をより高く、若さと美しさを最大限にまで引き上げています。

眉毛下切開

眉毛下切開は切開するデザインによって仕上がりの自然さ、たるみ除去の量、また、傷跡にも影響を及ぼします。単に眉のラインを描くだけではありません。

眉毛下切開・切開の場所

眉毛下切開でたるみを引き上げるデザインにはA、Bのように2通りがあります。
眉をそのまま残したいのか、外側にたるみが強いなどのようにたるみの改善を優先するのかなど、選択方法はあなたの要望、仕上がりの形状に応じて考慮する必要があります。
カウンセリングではそういった具体的な内容についても詳しくお話しします。

切開する範囲、剥離する範囲に局所麻酔の注射をおこないます。眉毛下切開で痛みを伴うのは麻酔の注射だけです。手術中は一切痛みを感じることはありませんのでご安心ください。
痛みに対し不安な方は吸入麻酔などの併用も可能です。

傷の方向性や毛の角度を考慮し、皮膚の切開デザインで描いたラインに切開を加えて傷跡を目立たせない切開をおこないます。

眉の直下や眉の間を切開する場合、きめ細やかな技術が後々傷跡に影響しますので丁寧に実施します。

たるんでいる余分な皮膚を切除し皮下脂肪、眼輪筋を必要に応じて切除・除去します。
皮下を少し剥離してしっかりと止血します。

切除の量を調整して傷を仮縫合し、皮膚の切除量を正確に整えます。必要に応じて皮膚を再度トリミング、切除をおこないます。リフトアップの効果を最大限に引き上げ、より自然な仕上がりに整えます。

仕上がりに問題がなければ傷を丁寧に縫合します。

術後、止血・圧迫のためしばらく安静にしていただきます。圧迫後、問題がなければドレッシングしてご帰宅いただけます。

眉毛下切開の治療の流れ

当クリニックで眉毛下切開を受けて頂く場合の治療の流れは以下をご参考ください。

STEP-1カウンセリング

眉毛下切開の治療適応を判断するためには診察が必要です。当クリニックでは事前のご予約をお願いしております。
診察・カウンセリングのご予約はお電話やメールでお取りください。

カウンセリングの際、診察から眉毛下切開の手術までどの程度の日数が必要ですか?という内容の質問を多く受けますが、予約状況によっても違ってきます。また、血液検査の結果が出るまでに3、4日の日数がかかりますので余裕を持ったスケジュールをお考えください。特に問題がなければ最短で1週間程度で眉毛下切開を受けていただくことは可能です。

  • 当クリニックは東京本院(船堀)と神戸院(三宮)にございます。
    ご予約の際はどちらでの診察・カウンセリングをご希望かお知らせください。
  • ご予約はお電話やメールでお取りください。
  • 予約の状況によりますが、当日予約も可能です。
  • カウンセリングから眉毛下切開手術まで最短で5日程度です。
STEP-2診察・カウンセリング

まぶたのたるみの状態、ご希望されている仕上がりの形状・目的をお伺いし、眉毛下切開があなたに適しているのか?他の治療の方が適していないのかを判断した上で具体的に説明します。診察時には写真を撮影させていただき、どこをどういった形状で切開するのかを実際にあなたの写真を使って説明しますので、より明確にご理解いただけると思います。
また、眉毛下切開における注意事項、ダウンタイムやリスクなども細かに説明いたします。治療内容に応じて見積書を作成します。

  • ご予約時間の10分前までにお越しください。
  • 問診票の記入、カルテの作成などございます。
  • カウンセリングのお時間は概ね30分程度
  • あなたの目元の写真を使い具体的な切開方法など細かく説明します。
STEP-3眉毛下切開手術のお申込み

眉毛下切開を受けようとご自身が心に決めてから手術のお申し込みをしてください。ご手術は全て自己決定です。私たちが治療を斡旋することはありません。あくまでご自身がどうしたいかで判断していただきます。
もちろん、眉毛下切開に対し不安や疑問があれば再カウンセリングさせていただきますし、メールやお電話でもご相談ください。

ご手術や血液検査のご予約をお取りください。お電話やメールでも可能です。

  • カウンセリング当日に、手術の申込みも可能です。
  • 手術日の希望日時がございましたら、早めにお申し込みください。
STEP-4血液検査・手術の手続き

血液検査を未実施する美容外科もありますが、当クリニックではすべての美容外科手術において血液検査を実施しています。 腫れ・内出血に影響を及ぼす止血時間の測定や感染症などをチェックいたします。 一般的な健康診断と検査する項目が異なりますので、必ず血液検査が必要になります。

  • 血液検査(カウンセリング当日に血液検査が可能です)
  • ご手術の手続き(ご予約内容の確認、ご手術戦後の注意事項、持ち物、お支払い方法などについてご説明致します)
STEP-5眉毛下切開の実施

当日は担当医と再カウンセリングを行います。仕上がりイメージの確認や聞きたいこと・確認したいことなど無いかお話を伺います。また、術後の経過観察の為に写真をお撮りします。

  • 手術は概ね60分程度です。
  • 手術後は、内出血を最小限に抑えるため止血・圧迫し、圧迫後は診察しドレッシングをおこないます。
  • 手術後の注意事項やお薬の説明をいたします。
  • 不明な点や、ご気分など問題がなければお帰りいただけます。
  • ご来院からお帰りまで、120~150分程度を目安にお考えください。
STEP-6翌日の検診・創処置

眉毛下切開手術の翌日に腫れや内出血の確認、傷を目立たせないようにするための処置をおこないます。当クリニックでは少しでも傷跡を残さないようにするため、術後の処置ケアをしっかりと実践しています。

STEP-77〜10日後に抜糸(早めにすることもできます。ご相談ください。)

縫合している糸は眉毛の直下にありますので、眉毛のない方ですと糸はやはり目立つ可能性が高いです。抜糸後は赤みがしばらく残りますが、時間の経過で消失します。個人差はありますが、縫合糸は手術後7~10日後で抜糸しています。

眉毛下切開の手術を受けたいけど、 ダウンタイムの時間を長く取れない!! 抜糸の日を早めたい!!などご希望がありましたら、カウンセリング時や手術申込みの時にご相談ください。担当医より説明させていただきます。(ただしご手術後に抜糸日を早めることはできません。)

STEP-8最終チェック

1ヶ月、3ヶ月後に仕上がりの状態、傷の状態を確認して終了になります。

眉毛下切開に関するご質問

Q&A
眉毛下切開に関する疑問や不安にお答えします。
最終的な傷跡というのはどの程度残りますか?気にならない程度のものでしょうか?傷が目立つ場合アートメイクは絶対に必要ですか?

眉毛下切開における眉の傷というのは、眉がしっかりとある方の場合であればほとんど気になりません。眉というのは個人差があり、眉が薄い人もいれば、途中で途切れた眉の方もいらっしゃいます。そういった方の場合、切開線が突如現れるわけですから、傷が目立ちやすくなってしまいます。そうした方のケースではアートメイクをすることでかなり傷が目立ちにくくなるので推奨しています。

自分の眉毛がなくなってしまうんですか? 自分の眉が無くなるのならどの程度覚悟した方が良いですか?

眉は切除して無くなるわけではありません。ただし、希望する仕上がりの状態によっては眉の一部を切除することもありますが、全て初回のカウンセリングでご要望をお伺いする時に必要性の有無についてご案内しています。手術中に勝手に切って眉がなくなってしまうなんてことは絶対にありませんのでご安心ください。

腫れが心配です。どの程度の腫れを覚悟しなくてはいけないんでしょうか?

眉毛下切開を含め皮膚を切除する以上は腫れが生じます。しかも腫れには個人差が大きいということもご理解して頂く必要がありますし、腫れの感じ方というのも人それぞれ違います。しかし、当クリニックで受けていただいた方のほとんどは腫れの少なさに驚かれています。私たちは、たるみ効果の改善だけではなく、術後の腫れについても最小限に抑える技術、術後ケアに工夫をしていますので、どうぞご安心ください。

まぶたのたるみが気になっています。眉毛下切開と上眼瞼切開とではどちらが良いですか?自分にはどっちが合っているのかを事前に知っておきたいです。

まぶたのたるみを取ると言ってもそれぞれに適応があります。眉毛下切開が適している方もいれば、上眼瞼切開が適している方もいます。中には両方を併用する必要のある方もいらっしゃいます。
まずは診察でまぶたの状態を診させていただき、その上でご要望をお伺いします。その際、どういった治療法がベストなのかという提案をさせていただきます。どちらがあなたにとって適切なのかは、あくまで今の状態と希望している仕上がりで違ってきますので、まずは診察にお越しください。
あなたの望む仕上がりに対し、どういった治療法が良いかということを具体的に提案させていただくことが一番大切です。

一重まぶたです。まぶたのたるみを取りたいのですが、二重にしたい訳ではありません。それでもたるみは取れるんでしょうか?たるみが取れても二重になるのは嫌なんです。

まぶたのたるみをとる方法には2つの手法があります。上眼瞼切開と眉毛下切開と言う方法です。どうしても上眼瞼切開は二重まぶたとなってしまいますが、眉毛下切開は純粋にたるみだけを取ることができます。そのためご希望どおり一重まぶたのままの仕上がりを求めるのであれば眉毛下切開が適しています。

目尻のたるみが気になります。上眼瞼切開と眉毛下切開とではどちらが効果的なんでしょうか?

目尻側のたるみに対しては眉毛下切開が上眼瞼切開に比べると広く、大きな範囲で切除することができます。しかし、どちらを選択すべきかはその方のたるみの状態、希望する仕上がりの状態で違ってきます。診察では状態を診察させていただき、その上で最適な治療プランをご提案しています。

眉毛ギリギリで切開をすると眉毛の毛根を傷つけてしまうと聞きました。本当ですか?

もちろん、毛根を切開してしまうとその部分の毛は脱落してしまいます。しかし、当クリニックでは毛の角度を見極め、毛根へのダメージを留めて眉毛下切開をしていますのでご安心下さい。


埋没法

埋没法は糸を使ってまぶたの皮膚の折り返す高さを固定し、二重の癖をつける二重まぶたの代表的な手術です。糸で止めるだけなので大きな腫れを生じることなく、傷跡も残さず美しく自然な二重まぶたを形成することができるのが特徴です。

マイクロカット

マイクロカットは切開を加えず、埋没法の糸を埋め込む部分から眼窩脂肪だけを速やかに除去するので腫れや内出血の心配がなく、自然に美しい目元に生まれ変わることができます。

部分切開(小切開)

小切開とは二重まぶたの切開法の手術の一つで、一般的な全切開に比べ切開する範囲が少ない二重まぶたを作る手法です。

上眼瞼切開(全切開)

「一重まぶたを二重まぶたにしたい」「今の二重まぶたの幅をさらに広げたい」「まぶたのたるみが気になる」「二重の幅が狭くなった」など、こんなお悩みは、切開法による二重まぶたの形成術で解消できます。

眼瞼下垂

眼瞼下垂は、目がしっかりと開かない状態を改善したり、黒目をはっきりと露出させぱっちりとした目元の印象など希望を叶えるために行う治療です。

眉毛下切開

まぶたのたるみ(特に目尻側のたるみ)を取って若々しく目元を蘇らせたい。アイリフト手術・眉毛下切開は、眉の直下からまぶたの皮膚を切除し、引き上げることで目元のたるみを改善させることができます。

目頭切開

目頭切開は、内側に広がりをもたせる事でぱっちりと大きな印象を与え、表現力も豊かな目元になります。単体での治療もできますが二重まぶたの手術(埋没法・切開法・眼瞼下垂など)と組み合わせて治療することが多いです。

目尻切開

目尻切開は目の外側(外眼角)を切開してまぶたを横に広げ、目を大きくする方法です。目を大きく見せたい方や、目の横幅を広げたい方にお勧めの治療です。

下眼瞼下制術(グラマラスライン)

「下眼瞼下制術」は「グラマラスライン」とも呼ばれる治療のことで、垂れ目がちな目元を作ることができます。術後は優しげな表情・印象に変わりますし、白目の露出が増えて目が大きく見えメイク映えしやすくなります。

二重まぶたの修正

「二重まぶたの手術で、思ったような仕上がりにならなかった」「もっと違う、美しい自分に会いたい…」左右差・不自然さ・眠そうな目元など、二重まぶたの手術のトラブルは少なくありません。また、前回の手術から月日が経ち、新たなたるみやラインを変えたいなど、そんなときには「修正手術」ができます。