再生医療

再生医療メイン

再生

REGENERATIVE MEDICINE

再生医療とは、自然に再生できない組織や細胞、臓器を再生させ、機能を回復させる先端医療です。
私たちの行っている再生医療は細胞を用いた再生医療です。治療に用いる細胞は「線維芽細胞」と呼ばれる肌の真皮層にいる細胞で、肌の中でコラーゲンの再構築やヒアルロン酸を作り出すことができる唯一の細胞です。
当然、細胞は自然には再生できないので、細胞培養と呼ばれる特殊な環境下で細胞を増殖させて肌に移植します。

移植した線維芽細胞

・コラーゲンの再構築(バネとなりお肌をしっかり支える重要な役割)
・ヒアルロン酸、エラスチンを生成(湿度や水分保持、肌の弾力を構成する)し、衰えた肌機能を回復させます。
ご自身の細胞と血液で、お肌の内側から時間をかけ肌組織を再生さて、お肌の若返りができる治療です。

線維芽細胞による再生医療

肌にとって大切なものは何だと思いますか?コラーゲン、それともヒアルロン酸?
もちろんそれらは肌の弾力や潤い・ハリに絶対に欠かすことのできない大切なものです。しかし加齢によって肌が老化するとコラーゲンやヒアルロン酸が減少し、真皮がスカスカの状態に陥り、たるみやシワとして表面に出てしまいます。
その為、コラーゲンやヒアルロン酸を作り出す肌細胞『線維芽細胞』を補充しなければ意味がないのです。

線維芽細胞移植術は、あなた自身の肌細胞(線維芽細胞)を抽出し、培養技術を使って大量に増殖させた後、肌に戻すことで肌を生理的、根本的に若返らせることができる最先端の若返り治療です。

線維芽細胞による再生医療でできること
  • 根本的な肌の若返り
  • たるみの改善
  • 潤い、保湿効果が高まる
  • 毛穴の広がりの改善
  • 目の下のクマの改善
  • シワの改善
  • 肌のハリ・弾力がアップする
  • ツヤ感がアップする
  • たるみ毛穴が引き締まる
  • 老化を大幅に遅らせる など