患者様中心の美容外科を常に心がけております

慶友形成クリニック
TOPへ | サイトマップ

24時間受付メール相談来院のご予約
慶友形成クリニック 院内案内美容施術料金案内慶友形成クリニックの特徴美容整形施術の治療品質慶友形成クリニックの治療案内院長挨拶慶友形成クリニックへのアクセスお問合せ
TOP > 治療案内トップ > 乳房再建術
治療案内therapy
乳房再建術
(乳がん治療後)

乳房再建とは
乳がんで失われた乳房を、形成外科的な治療でもとの乳房に近づける美容整形です。乳房再建には、お腹の筋肉を移植する方法と、インプラント(生理食塩水)を用いた方法との2通りがあります。当院ではインプラントを用いた乳房再建を専門としています。

乳房再建術の詳しい情報はこちら

乳房再建の詳細
エキスパンダー法と呼ばれる方法で2段階に分けて治療するのが一般的です。
1)
エキスパンダーと呼ばれる拡張器(生理食塩水バッグタイプ)を挿入しポケットを作ります。その後2、3週間隔で少しずつエキスパンダー内に生理食塩水を注入し、徐々に皮膚を伸ばします。通常、5、6ヶ月かけてゆっくりと治療します。
2)
胸の状態が整ったら、インプラント(人工乳腺)を挿入します。
乳頭・乳輪を作成します。

乳房再建のダウンタイム
ダウンタイム5-6

当日
手術後1、2時間で痛みが出る場合があります。処方された薬を指示通り服用してください。経過によっては入院をしていただきます。
当日
ドレーンを挿入した場合は手術翌日に抜去します(ドレーンは基本的に挿入しませんが、大胸筋下法の場合など必要性があれば挿入します)。
2、3日目
強い痛みはありませんが、鈍痛を感じる場合があります。薬を服用後20、30分で痛みは減少します。腕を動かす時に筋肉痛ほどの痛みを伴う場合があります。部分的に内出血が出現することがありますが、正常な経過です。
腫れ、内出血の予防のため胸全体を圧迫していますので、バストの状態を確認することはできません。肌に優しい安全な衛生材料を使用していますが、ガーゼを固定するテープでかゆみがでた場合、状態に応じて外用薬を処方します。交換も可能です。
1週間後
抜糸します。その後ガーゼも外します。個人差もありますが、一時的に乳頭の感覚が鈍くなったり、逆に敏感になる場合がありますが、徐々に通常の感覚に戻ります。必要ならば内服を処方します。軽い腫れは持続しています。
2〜3ヶ月後
インプラントの入れ替えをおこないます。治療後の経過は基本的に上記と同じ経過です。

乳房再建の術後ケアについて
乳房再建は2回に分けておこなうエキスパンダー法が一般的です。エキスパンダーを挿入している期間は、形状が不自然で左右の大きさにも違いがあります。皮膚を伸ばす治療ですので、その期間は我慢していただく必要があります。皮膚に余裕ができ、インプラントを挿入できる状態になったらインプラントを挿入します。
 
乳房再建

Question
エキスパンダーを入れている期間はどれくらいですか?
Answer
個人差もありますが、一般的には3-6ヵ月を要する場合があります。

Question
乳房再建を考えていますが、保険は使えないの?
Answer
残念ながら、保険でできる乳房再建は移植による治療です。また、生理食塩水でも一部認められていますが、使用するインプラントは生理食塩水の中でも、硬さや形状には問題があるため、当院ではおこなっておりません。そのため、保険外治療として見た目の美しさを最優先とした治療を提供しています。

Question
地元の病院で乳房摘出治療を受けました。そこでは筋肉を移植する方法での再建を保険でできると言われたんですが、ピンクリボンの会で知り合った人は、インプラントでの治療で非常に満足しているということもあり、そちらでインプラントでの治療を受けることはできますか?
Answer
関連病院以外でも治療は可能です。その場合は診断書を含め紹介状が必要となります。


24時間受付メール相談来院のご予約このページのTOPへ
二重まぶた情報
脂肪吸引情報
豊胸情報
エラ削り・フェイスライン情報
AGING若返り
クマ・目元のスキントラブル情報
受け口・セットバック等、症状別治療情報

 
本ページ内すべての文書・データ等は著作物です。
無断掲載・転載等はお断りいたします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic.