二重まぶたになる、変わる

あなたが放つ美しさをより華やかに表現 できるのは「目元」、「アイライン」。
女性はわずかな目元の変化や、アイメイクひとつで見た目の印象を大きく変えることができます。華やかな目元、パッチリとした潤んだような瞳は多くの人に美しさと、凛とした女性の魅力を強く引き出してくれます。もちろん、アイメイクでそのような表現をすることもできますが、大切なのはベースとなる元々の目元です。土台が整っていなければその美しささえも表現できないものです。生まれついた目元はどうやっても変えることはできません。しかし、美容整形はそれを変えることができるのです。私たちはあなたが持つ本来の美しさを引き出し、あなたの想い、望む美しさを叶えます。

慶友形成クリニックの埋没法

こんな方に向いてます
メリット・デメリット
埋没法の概略
埋没法に関するご質問

埋没法

埋没法というのは文字通り、糸を埋め込んで「二重まぶた」を形成する美容外科手術のひとつです。
糸で止めるだけですので、傷跡が残ったり、大きな強い腫れを生じることもありません。気軽に受けることができるのが大きな特徴です。ここではそんな埋没法の方法について詳しくご紹介します。

まず初めに一重まぶたと二重まぶたの違いについて説明します。

二重まぶたについて目が開く動作というのは、眼瞼挙筋と呼ばれる筋肉が収縮し、まぶたの中の瞼板が持ち上げられることを言います。一重まぶた、二重まぶた関係なくこの動作は同じです。一重の方と二重まぶたの方の違いというのは、瞼板が持ち上げられる時に皮膚をどこまで持ち上げることができるか、皮膚の折り返しがどこでできるかということで違うのです。
一重と二重まぶたの違い
その鍵となるのが、挙筋腱膜の存在です。
実は挙筋腱膜が皮膚の折り返し位置を決めているのです。挙筋腱膜と皮膚との癒着位置、強さによって一重、奥二重、ぱっちり二重まぶたの差が、違いが生じているのです
一重、奥二重、パッチリ目
埋没法はその「挙筋腱膜」の癒着を糸で代用させる美容整形手術なのです。
埋没法は瞼板と皮膚とを糸で結びつけて強い癒着を作り二重まぶたを形成することができるのです。例えば、幅の広い二重まぶたを希望される場合は、皮膚の折り返し位置を高くし、幅の狭い奥二重などを希望する場合は、皮膚の折り返す位置を低い位置にすることで希望する二重まぶたを作ります。

慶友形成クリニックの埋没法
Everything

自然な仕上がり、美しさを追求した
腫れ、傷跡を残さない進化した埋没法

埋没法は一般的に多くの美容外科で行なわれている二重まぶたの代表的な手術。瞼板法・挙筋法、2つの埋没法がありますが、私たちは瞼板法を採用しています。なぜ瞼板法を採用しているかというと、瞼板法は皮膚と瞼板との糸で結ぶだけなので、まぶたへの負担となるダメージが一切無いためです。

それとは逆に挙筋法は、眼瞼挙筋に糸を通し引っ掛けます。眼瞼挙筋に糸を通史、負荷をかけるということは付随しているミューラー筋に悪影響を及ぼすリスクが高くなります。ミューラー筋は自律神経に影響する大切な神経ですので、日常生活への影響を考えると負担を与える可能性のある埋没法を容易に行うべきではありません。ただし、極端に幅の広い二重まぶたを望む場合は、挙筋に糸が及びますので、挙筋法になってしまう場合もございます。

慶友形成クリニックは埋没法について瞼板法を採用している理由は、最も生理的で体への負担を最小限にできるということからです。

埋没法
慶友形成クリニックのこだわり

埋没法へのこだわりですが、それは自然な仕上がり、流れるように皮膚の折り返しを整え、美しい二重まぶたにすることです。

● 腫れを引き起こさない、長引かせない工夫
● ライン消失のリスクを限りなくゼロにする工夫
● 埋没法を受けたことをわからなくする工夫
● 将来的に悪影響を及ぼさないような医療材料を使用
これら4つの工夫とこだわりのある埋没法を実践しています。

埋没法の適応
Adaptation

こんな方に埋没法は向いています
埋没法に向いている方、向いている瞼のタイプについてご紹介します。
埋没法は簡単に一重まぶたを二重まぶたにすることができますし、ふたえの幅も広くすることができる代表的な美容整形手術です。

  • 二重まぶたにしたい方
  • 二重まぶたの幅を広げたい方
  • 左右差を整えたい方
  • 目を大きく見せたい方
  • 瞼の厚みの少ない方
  • 大きな幅の二重を望まない方
  • 並行型の二重にしたい方
  • 傷を残したくない方
  • 二重まぶたにはなりたいけれどダウンタイムに余裕のない方など

埋没法のメリット・デメリット

Feature

二重まぶたの代表的な手術「埋没法」のメリット、デメリットについてご紹介します。
埋没法は気軽に受けることができる二重まぶたに間違いありませんが、メリットだけではなく、デメリットも存在します。大切なのは埋没法を正しく理解することです。もちろん、メリット、デメリットがすべての方に該当する訳ではありません。
私たちは起こりうる、想定されるデメリットを限りなくゼロに近づける埋没法を実践しています。どうぞご安心下さい。

埋没法のメリット

○ 傷跡の心配がない。
○ 修正が比較的容易である。
○ ウンタイムが極端に短くできる。
○ 腫れを格段に少なくすることができる。
○ 抜糸することで元に戻せる可能性が高い。

埋没法のデメリット

× ライン消失の可能性はぬぐえない。
× 二重の幅が狭くなることがある。
× 腫れぼったさの改善はできない。
× 糸の露出、結び目の透過の可能性がある。
× どんなまぶたにも対応できるわけではない。

埋没法の概略 Outline
施術名
埋没法(4点固定)
手術時間
約40分
料金
両側 120,000円/片側 70,00円
当日治療
不可
術後の腫れ
ごく軽度
メイク
ファンデーションは翌日、マスカラなどのアイメイクは4日後から可
シャワー等
翌日から可
洗顔
翌日から可
推奨通院
3回
・カウンセリング
・埋没法の手術
・術後1ヶ月を推奨
保証
ライン消失は1年以内無料

治療の流れ
TREATMENT FLOW

埋没法における治療の流れ、仕上がりまでの流れについてご紹介します。

1 診察の予約

まずは埋没法が適しているかなどの診察が必要です。そのために事前のご予約をお願いします。診察から手術までどの程度の日数がかかりますか?という質問を多く受けますが、予約状況によっても違ってきます。特に問題がなければ最短で1週間程度で埋没法を受けて頂くことは可能です。
しかし、血液検査の結果が出るには3、4日の日数がかかりますので余裕を持ったスケジュールを計画しましょう。診察の予約はお電話でも構いませんし、メールでもお申し込みいただけます。
・ カウンセリングから埋没法の手術までは最短で1週間程度。
・ ご予約はお電話でもメールでも可。
・ 事前のご予約は必須。当日でも空きがあればご案内は可能です。

2 診察・カウンセリング

いよいよ専門医による診察です。まず、仕上がりの希望をお伺いします。そうして、今の瞼の状態から埋没法が適しているか、理想的な治療方法を提案させていただきます。そうして具体的な治療方法や注意事項、ダウンタイムやリスクなど細かに説明いたします。診察のお時間は概ね30分程度です。
治療内容に応じて見積書を作成します。治療事例などはその際にご覧いただくことが可能です。
・ カウンセリングのお時間は概ね30、40分程度。
・ メイクなどは通常通りでかまいません。もちろんノーメイクでのご来院も問題ありません。
・ アイプチに関しては必要に応じて除去していただく場合がございます。
・ ご自身がイメージされるモデルさんなどの写真などがあれば是非ご持参下さい。

3  検査
埋没法を未検査で実施する美容外科もありますが、慶友形成はすべての美容外科手術において血液検査を実施します。それは感染の予防、腫れ・内出血に影響を及ぼす止血時間の測定など皆さんにとって必要な検査であると考えているからです。一般的な健康診断での血液検査とは必要とする項目が違いますので、血液検査は別途必要です。
・ 遠方の方や、すでに手術を申し込もうと考えている方は、診察時に血液検査を受けていただけますのでご安心ください。
・ 地元での検査をご希望の場合などは必要な検査項目を表記した用紙をお渡しいたしております。

4  埋没法のお申し込み
埋没法を受けるべきか、しっかりとお家でお考えください。その上で埋没法を受けるか否かの判断をして頂ければ構いません。美容医療はすべて自己決定です。病気ではありませんので日常生活上においては不要な医療です。あくまでご自身がどうなりたいかということで決定してください。私たちは治療を斡旋することはしません。
もちろん、埋没法に対し不安や疑問があれば何度でも再相談させていただきますし、メールやお電話でも対応させていただきます。
・ 再相談などお気軽にお申し込み下さい。回数など特に制限もありません。
・ 再相談は無料です。

5  埋没法の実施
埋没法の前日はしっかりと睡眠を取ってください。緊張して寝られないのではと不安を抱える方も多いのですが、ほとんどの方はしっかりと睡眠をとられているようです。当日は再度、診察を行なった専門医と最終的な確認と細かな打ち合わせを行います。そうして手術室に入室します。
埋没法の治療そのものは30分程度です。埋没法が終了後に鏡で仕上がりの状態を確認していただきます。完全な仕上がりではありませんが、ほぼ仕上がりに近い状態に整えています。
・ 埋没法の前に再度仕上がりを確認をしてから手術室へ。
・ 埋没法に強い痛みはありません。最初の麻酔の注射後に痛みを感じることはありませんのでご安心下さい。

6  埋没法後の安静
埋没法が終了し、仕上がりを確認したら腫れや内出血を最小限に止めるために20、30分程度安静にし、アイシングや圧迫をおこないます。それらが終了してからご帰宅できます。瞼に癖がつくまでは違和感がありますが、通常、1、2日で解消します。
・ 埋没法の後に休んでいただくので、術前の相談、埋没法の実施の手術、術後の安静、全て含めて2時間程度を目安にお考えください。

7  仕上がりのチェック・確認
埋没法の手術後1週間以降で診察させていただきます。傷跡、二重まぶたの形状など仕上がりに問題はないか、あなたの望む仕上がりに整っているかなど総合的にチェック。満足度を含め問題がなければ埋没法の完成です。
・ 特に問題がなければ検診は数分で終了します。
・ 最終チェックを含め必ず診察にお越し下さい。ご自身では問題なくとも美容外科医から診た状態というのは違う場合もございます。

8  アフターケア
ラインの消失に関して1年以内はすべて保証対象です。いつでもご相談ください。保証期間終了後に万が一なんらかの問題を引き起こした場合でも診察させていただきますので、お気軽にご相談ください。

埋没法に関するご質問
Question

FAQサンプル4

腫れが心配です。友達が埋没法を受けて1ヶ月以上腫れがあったんです。本当に腫れないんでしょうか?なぜ腫れるところと腫れないところがあるんですか?
A 確かに埋没法で長期間に及ぶ腫れを及ぼしたという例は聞いていますし、実際に経過を診たこともあります。違いについては私たちが答えるべき立場にありませんので回答いたしかねますが、状態を見る限り、糸の結び方や糸をかける位置に問題があるようです。実際にそういったケースの場合、埋没法の糸を抜糸すると数日で腫れが引き、その後、再度埋没法を実施しましたがほとんど腫れなく過ごされました。もちろん、埋没法と言えど腫れに個人差はあります。しかし、強い腫れを引き起こすことは無いと言って良いでしょう。
Q 厚ぼったい目ですが、埋没法で二重まぶたにできますか?
A 厚ぼったい目元で、眼窩脂肪が出ていているタイプは、脂肪を取り除くことで埋没法でもすっきりとした二重まぶたに仕上げられます。しかし、眼窩脂肪ではなく、眼輪筋や皮膚そのものが厚いタイプは、埋没法に適さないまぶたですので、切開での治療をお勧めする場合があります。診察(カウンセリング)で状態を診て、詳細をアドバイスさせていただいておりますのでご安心下さい。
Q 奥二重(おくぶたえ)を、ぱっちりとした二重まぶたにしたいです。どんな方法がありますか?費用も教えて下さい。
A ぱっちりとし二重まぶたは、幅を広げるだけ良いこともありますし、蒙古襞が強い場合は、蒙古襞を解除しなければ不自然な瞼になることもあります。ご希望のライン形状(末広型や並行型など)によって埋没法だけでは無理な場合、目頭切開との併用を推奨することもあります。埋没法だけの費用は108,000円。目頭切開が必要となる場合は別途216,000円を頂戴いたします。
Q 初めての美容整形です。今回埋没法で二重まぶたにし、何年か後に再度埋没法で二重まぶたの幅を広げることはできますか?そのとき古い糸はどうするんですか?
A 埋没法でひとまず幅の狭めの二重まぶたにし、以後幅を再度埋没法で広げることは可能です。その際、昔の糸は基本的には抜去します。当院で治療を受けられている方の場合、抜糸費用は発生しません。

FAQサンプル1

サンプルテキスト。サンプルテキスト。