ミニリフト

頬、フェイスラインのたるみ
「ミニリフト」で解消する!!

顔がたるみ始めた、フェイスラインが崩れてきた。エステやレーザーよりももっと本格的な治療・対処をしておきたい。ミニリフトはそんな方の悩みを解消させることができるリフトアップです。通常のフェイスリフトまでではなく、頬やフェイスラインだけを少し引き上げておきたい。適度なたるみを解消したい!できる限り短いダウンタイムで済ませたい。そんな方のためのフェイスリフトが“ミニリフト”です。

フェイスリフト(ミニリフト)

ミニリフトでも余分な皮膚は取り除きますので、フェイスラインは自然に引き上がりますし、昔のような引き締まった顔に戻すこと、小顔になる効果は絶大です。

リフト

ミニリフトとは、頬のたるみによって崩れ始めた、崩れてしまったフェイスラインに対し、弛んでしまった皮膚や筋肉を切除して取り除くことでフェイスラインをシャープに整えたり、ほうれい線マリオネットラインを解消させるフェイスリフトの一つです。

ミニというのは文字通り、通常のフェイスリフトに比べ切開範囲が狭く、ダウンタイムが短いのがミニリフトの特徴です。

ミニリフトとは

耳の前側から口元に向かって弛んでいる余分な皮膚・筋肉などを取り除き、引き上げることによってたるみを一瞬にして解消するフェイスリフト手術です。

ミニリフトと言っても単に皮膚だけを切除する方もお見えになれば、筋肉までも引き上げたいという方もいらっしゃいます。
そのためその方のたるみや皮膚の状態、希望されている仕上がりの状態に応じてさまざまな方法で自然な若返りを実現するようさまざまな治療プランをご提案致します。

ミニリフト

ミニリフトの効果・こんな方にお勧め

  • 本格的にたるみを取りたい方
  • 顔のたるみを解消したい
  • フェイスラインをシャープに
  • ダウンタイムを短くしたい方
  • ほうれい線を解消したい方
  • エステで満足できない方
  • 若いけれどでたるみが気になる方
  • 傷跡をなるべく小さくしたい方
  • 頬のたるみを解消したい方
  • 小顔にしたい方

このようにミニリフトにはたるみを解消させるだけでなく、小顔にしたり、たるみの予防効果に優れた治療です。フェイスリフトのような大掛かりなフェイスリフトではなく、もう少し手軽にリフトアップで若返りを楽しみたいという方に向いているフェイスリフトです。

ミニリフトの実際

ミニリフトの実際の治療法ですが、ミニリフトには皮膚を切除する方法と筋肉・筋膜(S-MAS)まで処理する方法がありますのでそれぞれの方法についてご説明します。

皮膚の処理のみ

皮膚だけを処理する場合の治療法をご紹介します。

  • デザイン・麻酔:
    皮膚を切開するライン、剥離する範囲や引き上げる方向等を細かく描きます。デザイン一つで仕上がりに大きな違いを生じますので丁寧に描きます。そうして、局所麻酔の注射を頬全体に行います。
  • 皮膚の切開・剥離:
    皮膚を切開していきます。皮膚を切開したら剥離と言って皮膚や靭帯を剥がし、広範囲に剥離範囲を広げていき、皮膚の切除量を決定します。
  • 余分な皮膚の切除:
    切除する皮膚量が決まったところで余分な皮膚を切除し、不自然な仕上がりにならないよう皮膚の断片を合わせて丁寧にトリミングします。
  • 傷の縫合:
    仕上がりに問題ないことを確認したらしっかりと止血を行なった上で傷を縫合してミニリフトを終了します。
  • ドレッシング:
    ミニリフトの終了後は腫れや内出血を抑えるために頬やフェイスライン付近にテーピングをしたり、スポンジ様のドレッシング材で軽く固定し、フェイスマスクを装着していただきます。

皮膚S-MASの処理

S-MASを処理するミニリフトの方法についてご説明します。

  • デザイン・麻酔:
    皮膚を切開するライン、剥離する範囲や引き上げる方向等を細かく描きます。デザイン一つで仕上がりに大きな違いを生じますので丁寧に描きます。そうして、局所麻酔の注射を頬全体に行います。
  • 皮膚の切開・剥離:
    皮膚を切開していきます。皮膚を切開したら剥離と言って皮膚や靭帯を剥がし、広範囲に剥離範囲を広げていき、皮膚の切除量を決定します。
  • S-MAS処理:
    弛んでいる分量のS-MASをほうれい線などの程度から正確に判断し、切除量を決定し、引き上げる方向・角度を決めS-MASを丁寧に処理します。
  • 余分な皮膚の切除:
    S-MASを引き上げ、さらに皮膚を引き上げるのですが、不自然な状態や皮膚の引きつれを起こさないよう丁寧にトリミングします。
  • 傷の縫合:
    仕上がりに問題ないことを確認したらしっかりと止血を行なった上で傷を縫合してミニリフトを終了します。
  • ドレッシング:
    ミニリフトの終了後は腫れや内出血を抑えるために頬やフェイスライン付近にテーピングをしたり、スポンジ様のドレッシング材で軽く固定し、フェイスマスクを装着していただきます。

いずれの方法でも傷跡は同じで、組織の処理の方法に違いがあるだけです。
術後に違いを生じるとするなら腫れの強さです。皮膚のみの場合、腫れが非常に少なく、S-MASを含めた術式はそれに比べ腫れが強く出てしまう可能性があります。

ミニリフトの麻酔について

ミニリフトの麻酔ですが、局所麻酔でも治療を受けていただくことは可能です。しかし、麻酔の注射が苦手な方などは局所麻酔だけではなく、静脈麻酔や全身麻酔といった他の麻酔方法を併用することをお勧めします。
局所麻酔が効かないというったことはありませんが、局所麻酔の場合、麻酔の注射の痛みを止めるということはできません。
全身麻酔であれば全ての麻酔の痛みを止めることができますし、静脈麻酔であれば麻酔の注射の際の痛みを止めることができます。ミニリフトの手術中、眠っていたいということであれば全身麻酔の併用をお勧めします。

ミニリフトが完成するまで

ミニリフトを受けたいただいた場合の完成までの状態や流れについてご案内します。

  • 翌日に傷跡の処置をしますのでご来院していただきます。ドレーンを挿入した場合はその際に抜去します。腫れている状態ですが、短期間で落ち着きますのでご安心下さい。ドレッシング材はすべて除去します。
  • 1週間後に抜糸をします。腫れはほぼ落ち着いている状態です。傷に少し赤みがありますが、メイクで隠すことができます。
  • 2週間を過ぎた頃、頬全体が少し硬くなることがありますが、それはフェイスリフトの場合における創傷治癒過程で起こることなので心配はありません。
  • 1ヶ月後の状態は傷の状態以外はほぼ仕上がりの状態です。何か気になる点などがあればその症状に応じて対処いたします。
  • 3ヶ月以降でミニリフトの最終確認をします。傷の状態や仕上がりの満足度を確認し、問題がないことを確認したところで終了します。

ミニリフトのリスク・問題点

ミニリフトにおけるリスクと問題点、当院での対策・対処法についてご紹介します。

腫れ・内出血

ミニリフトでも腫れや内出血をゼロにすることはできません。しかし、フェイスリフトに比べれば明らかに少なく、期間も短いのは事実です。また、腫れについては皮膚だけのミニリフトとS-MASを処理するミニリフトとでは違いますがいずれも長期化することはありませんのでご安心下さい。

腫れ・内出血を最小限に留めるために必要に応じドレーンを挿入したり、細かく圧迫やドレッシングを行うことで最小限に抑えています。

術後の痛み

フェイスリフト、ミニリフトはそれなりに切開するため、激しい痛みを想像される方が多いのですが、術後はほとんど痛みを感じることはありません。もちろん、内服によってコントロールしているということもありますが、ミニリフトの場合、基本的に術後に痛みを感じるような治療ではないのです。

効果の満足度

ミニリフトは「効果が少ない・効果を感じない」という意見もありますが、実際にはたるんでいる皮膚を切除しますので確実に効果を実感していただけます。ただし、ほとんどの方は見慣れてしまったことでミニリフト前のたるみを忘れてしまい、効果がなかったと思い込んでしまいます。

術前のお写真も撮影しており、比較していただければ治療の効果には十分満足していただけますのでご安心下さい。

ミニリフトの費用・料金

PRICE

慶友形成クリニックのミニリフトの費用をご案内します。
ミニリフトの手術費用には、術後検診やアフターケアの費用も含んでいます。追加加算等なく表記通りの値段でミニリフトの手術を受けて頂けます。

ミニリフト皮膚のみ
660,000
ミニリフト皮膚 + S-MAS処理
715,000
全身麻酔
132,000
※ 消費税含む
※ 標準麻酔(局所麻酔)を含む、全身麻酔は必須ではありません。

ミニリフトに関する
疑問や不安にお答えします。

FAQ
ミニリフトというのは、ミニとつくくらいなので、フェイスリフトより手短に行える治療ということでよろしいのでしょうか?

おっしゃる通りです。通常のフェイスリフトではこめかみ部分、目尻部分まで含む広範囲なフェイスリフトですが、ミニリフトは頬を中心としてフェイスリフトですので腫れは少なく済みます。
ただし、ミニリフトでもS-MASまでの処理を行う場合は、皮膚だけのミニリフトに比べ腫れは少し大きくなります。

通常のフェイスリフトとの大きな違いは何でしょうか?

大きな違いは、皮膚の剥離範囲、切除範囲に違いです。フェイスリフトは耳の上からこめかみ部分〜頬全体のリフトアップを行いますが、ミニリフトは頬を中心としたリフトアップです。

フェイスリフト効果の比較

傷の範囲は基本的に大きな違いはありません。フェイスリフトの場合は、頭髪内にも切開を加えますが、ミニリフトは頭髪内までの切開は行いません。

ミニリフトを行った後、結果に満足できなかった場合、改めてフェイスリフトは行えますか?

もちろん可能です。診察ではその判断をしますので具体的にどういった範囲でフェイスリフトを行うことが望ましいのか具体的な提案をいたします。

このミニリフトと、HIFUレーザーなどを組み合わせてリフトアップを考えることは有効でしょうか?

組み合わせの治療は可能です。フェイスリフトとハイフの組み合わせですが、フェイスリフトを受けた3ヶ月以降からの開始を推奨しています。ハイフとの組み合わせはもちろんお勧めですが、それ以上に有効なのが”線維芽細胞移植術”という肌の再生医療です。フェイスリフトというのはたるみを引き上げる治療です。いわば弛みだけを解消する治療であって肌そのものが若返っている訳ではありません。たるみを取るのと同時に肌の再生医療で肌そのものを若返らせる。それこそが本質的な若返りを叶える方法なのです。

ミニリフトと複合治療

COMPOSITE

ミニリフトですが、たるみを引き上げる効果としては十分に満足していただける治療であることは間違いありません。しかし、フェイスリフトと含めこれらの外科手術・治療というのは、たるみを引き上げる効果であって、あくまで見た目の若返りです。肌そのものが若返っている訳ではないのです。

大切なのは単にたるみを取るだけではなく、肌そのものを若返らせることも重要なのです。
そこでご紹介するのが私たちが行なっている肌の再生医療「線維芽細胞移植術」という治療。

ミニリフトの際に捨ててしまう皮膚の中にある肌細胞”線維芽細胞”を捨てるのではなく抽出し、細胞培養という技術を使って数百万倍にまで増やしてセルバンクに預けて半永久的に保管するシステムです。

この肌再生のシステムを利用すれば、肌を直接的に若返らせることができるのです。フェイスリフトでたるみを引き上げて改善し、肌の再生医療を併用して、肌を若返らせ「肌のハリ・艶・弾力感」を取り戻すことができる私たち唯一の肌再生システムです。本治療は厚生労働省に再生医療の申請を提出し、受理されている非常に安全で効果的な治療です。

ミニリフトで見た目の若返りを叶えたいという方に一番相性が良く、何より見た目と肌の触感までも若返らせる私たちの再生医療を是非ご体験下さい。

フェイスリフト

  1. フェイスリフト

    ほうれい線が出てきた、フェイスラインがすごく弛んでいる。たるみを一気に引き上げたい。そんなあなたの悩みを根本的に解決できる方…

  2. 前額リフト

    おでこに深いシワが刻まれている。それはおでこの皮膚そのものがたるんでいる証拠。もちろん、ヒアルロン酸やコラーゲン注射、ボトッ…

  3. ミニリフト

    頬、フェイスラインのたる…

  4. ミッドフェイスリフト

    ほうれい線、目元のたるみ…

  5. こめかみリフト

    目尻・こめかみのたるみは…

  6. ブローリフト

    顔のたるみで気にされるのはフェイスライン、ほうれい線、それともまぶた? もちろん、これらの悩みは多くの方が感じる代表的なた…

  7. こめかみプロテーゼ

    こめかみの凹みは不幸顔に…

  8. ファインリフト

    肌のハリ・弾力がなくなり衰えてきた。それは加齢によって肌のコラーゲンやヒアルロン酸が失われてきた証拠。肌全体の張りを改善させ…