鼻中隔延長

丸い鼻先、短い鼻。様々な鼻の悩みは
「鼻中隔延長」が解消する!!

鼻先が低く丸みがある、鼻先の向きに変化を加えたいなど、鼻の整形と言って単に高くするのではなく、形や向き、鼻の長さなど細かな矯正をしたい。そんな方に向いているのが「鼻中隔延長術」です。鼻中隔という鼻腔を左右に仕切る壁となる軟骨を移植することで、鼻の長さを延長したり、向きを希望の方向に変えることができます。

鼻中隔

鼻中隔延長というのは、鼻中隔と言う両側の鼻の穴を隔てている壁としてある軟骨組織があるのですが、その軟骨を延長する、長くすることによって鼻先の形や鼻先の向きを自由に調整して、あなた好みの鼻を形成する鼻の美容整形手術の一つの手法です。
鼻中隔を延長するということは何かを足して延長する必要があります。その何かというのが、耳介軟骨や鼻中隔軟骨や肋軟骨を使います。

こんな方にお勧め

  • ブタ鼻を改善したい
  • 鼻尖を下向きに伸ばしたい
  • 鼻尖が上を向いていて鼻の穴が目立つ
  • 自家組織を使って安全に自然な仕上りの鼻にしたい
  • 上品な鼻にしたい
  • 鼻が小さいので鼻を伸ばして 存在感のある鼻にしたい

鼻中隔延長の実際

OPERATION

鼻中隔延長の実際の治療法についてご説明します。

Step-1
デザイン・局所麻酔

カウンセリングで決めた鼻の形状になるように切開線を描き、鼻を細かく計測します。中心点などがずれることによって歪んだ鼻先になってしまうこともありますので鼻中隔延長におけるデザインは非常に重要です。デザインが完了したら鼻全体に局所麻酔の注射を行います。全身麻酔(もしくはラリンゲルマスク麻酔下)であらかじめ眠っている状態ですの麻酔の注射の痛みを感じることはありませんのでご安心下さい。

Step-2
切開・鼻尖形成

切開し鼻尖部の余分な組織を取り除きます。

Step-3
鼻中隔軟骨の採取

鼻中隔軟骨を採取します。

Step-4
鼻中隔の延長・固定

採取した鼻中隔軟骨を予定している鼻の形状に合わせて加工します。加工が完了したら、鼻中隔にしっかりと固定し鼻中隔を延長します。

Step-5
縫合・ドレッシング

仕上がりに問題がないことを確認し傷を縫合します。
術後はドレーンを挿入し、血腫や腫れを予防する処置を行います。両側の鼻の穴に出血させない、変形させない目的でスポンジを挿入し、表面からは鼻のギプスでしっかりと固定します。

鼻中隔延長術の麻酔

鼻中隔延長術の麻酔方法は局所麻酔ではなく、全身麻酔もしくはラリンゲルマスク下による麻酔が必要です。

鼻中隔延長術の術後検診

鼻中隔延長術の術後の検診は以下の通りです。術後検診はあくまで標準的なものです。状態によっては変わってきますので医師の指示通りにご来院いただくことを推奨しています。

  • 翌日ドレーン、鼻に挿入しているスポンジの除去、傷跡のケアを受けていただきます。鼻のギプス固定は抜糸までそのままにしていただく必要がございます。
  • 7日後縫合している糸を抜糸します。
  • 1ヶ月経過観察のために診察を受けて頂きます。
  • 3ヶ月最終チェックです。問題がないこと、仕上がりに満足していることを確認し終了します。

鼻中隔延長のリスク・問題点

RISK

鼻中隔延長術のリスク・副作用についてご説明します。
鼻中隔延長に関わらず治療においてはさまざまなリスクが存在します。大切なのはそのリスクに対し早期に対応すること、その技術があるということ、何よりリスクを起こさないような対策がとられているということが必要です。

- 腫れ・閉塞感

術後は強い腫れを引き起こします。手術するのは鼻先なのですが、腫れは目元周囲にまで広がります。また、表面上の腫れだけではなく、内部の鼻腔粘膜も強く腫れますので一時的に鼻で呼吸する際に閉塞感を感じることがあります。腫れが落ち着けば解消します。

術後、閉塞感が強い方などにはレティナ等を処方し症状の緩和に努めています。

- 感染

自家組織を扱うため他の治療のように切開するだけ、組織を取り除くだけの治療と違い、自家組織を取り出して移植するという作業があるため感染のリスクは高くなります。症状としては強い腫れ、創部の赤み、痛みなどを引き起こします。一般的には内服や点滴治療で様子を見ますが、最悪の場合、取り除く必要があります。

扱い医療材料・医療器具の滅菌化、術野の消毒の徹底はどこの美容外科でできること。しかし、当院では感染のリスクを引き越さないよう手術室の清浄度にこだわっています。それはクリーンルームの規格を取得し、室内の落下細菌等をすべて除去した徹底的な衛生管理下で運営する手術室です。美容外科でクリーンルームの規格を取得しているのは国内で当院だけです。

- 血腫

鼻中隔延長の術後に出血が起こり、内部で血液が溜まって血腫を作る可能性があります。血腫は自然に吸収されますが、鼻中隔延長の仕上がりに影響を及ぼす可能性があります。

術後の固定・ドレッシングを徹底し、ドレーンという専用の極細の管を挿入し血腫を作らない、作らせない対策を取っています。

- 鼻先の歪み

鼻中隔延長は軟骨を移植して鼻先を伸ばすのですが、皮膚の厚みや硬さ、軟骨そのものの強度が低いと延長した軟骨に別方向の力が加わり、曲がってしまうリスクがあります。軟骨の強度というのは診察で判断できない部分もあるのですが、延長量が多くなればなるほど歪みのリスクが高くなります。

カウンセリングで、どの程度の延長が可能なのか、しっかりとした情報を伝え、その上で治療可能な形状等を具体的にアドバイスしていますのでご安心下さい。

- 傷跡

オープン法で治療した場合、傷跡は残りますが、丁寧な縫合を行って段差を作らないようしっかりと対処していますのでご安心下さい。

鼻中隔延長の費用・料金

PRICE

慶友形成クリニックの鼻中隔延長の費用をご案内します。鼻中隔延長の手術費用には、術後検診やアフターケアの費用も含んでいます。追加加算等なく表記通りの値段で鼻中隔延長の手術を受けて頂けます。

鼻中隔延長鼻尖形成含む
770,000
鼻中隔延長鼻尖形成+プロテーゼ
880,000
全身麻酔
132,000
ラリンゲルマスク
110,000
※ 消費税含む
※ 全身麻酔もしくはラリンゲルマスクのいずれかを選択します。

鼻中隔延長に関する
疑問や不安にお答えします。

FAQ
鼻中隔を延長することで鼻先の形や向きを変えることができるというのは理解できました。延長するために軟骨を使うということですが、どの軟骨が長持ちするなどメリットや特性があるのでしょうか?

鼻中隔延長で使用する軟骨ですが、基本的には鼻中隔軟骨を使う方法を推奨しています。鼻中隔軟骨だけでは足りない、すでに鼻中隔軟骨が使われていて延長する軟骨材料が足りない場合などは耳介軟骨や肋軟骨といった軟骨を用います。第一に鼻中隔軟骨を用いる理由は鼻中隔軟骨は平で非常に扱いやすいということ、また、元々が平な板状であるため加工しやすく、変形しにくいなどの特性があります。それで足りない部分は耳介軟骨や肋軟骨を用いるということです。

様々なリスクがあることは理解しました、ただ寝ているときに無意識にうつ伏せになったり
顔を手で書いてしまったりするのが不安です。
手術後、鼻先に負担がかからない良い方法はあるのでしょうか?

鼻にはギプス固定していますので負担はかかりませんし、みなさん意識されているでしょうから、特に問題となるようなことはございません。

鼻の形についてコンプレックスがありますが、仕上がりのイメージがわきません。
これはクリニックでシミュレーション等で仕上がりの感じは見られるのでしょうか?

カウンセリングでは実際に写真を撮影し、あなた自身の顔写真を使って具体的な仕上がりの鼻についてご説明しますので特に不安になることはないと思います。

外科的施術をするとよく腫れるとお聞きしています。
特に鼻が晴れると目立ちますし、そこに包帯を巻けばやはり目立つと思います、私はフルタイムで仕事をしていますので、有休をどれほど使っても1週間が限度です。1週間でいつもどおりの仕事復帰は可能でしょうか?
もしくは、年末、GWなどを利用して、どの程度回復時間を見ていればよいでしょうか?

まず、鼻中隔延長の手術ですが、包帯を巻いたりすることはありません。術後は鼻の穴にスポンジを詰め、表面からはギプスで固定します。鼻の穴のスポンジは翌日に抜去します。鼻のギプスは7日後の抜糸の際に取り除きます。その時には不自然な状態ではありません。
また、現在はマスクを利用する方が多いですので、長期間束縛されることではありません。抜糸が終われば普通の生活に戻れるとお考えください。

現在大学生です。顔全体にコンプレックスがあり、特に鼻の形に自信がありません。
鼻の穴がやや上向きになっていていわゆるブタ鼻に近いのですが、鼻の高さはあります。
その場合には、穴の向きだけを変える、鼻先を伸ばすなどピンポイントの治療は可能なのでしょうか?

はい可能です。どのような鼻の仕上がりを望むのかということでも違いますが、鼻中隔延長によって鼻先に変化を加えることで鼻の印象は大きく変わります。

鼻中隔延長とプロテーゼ挿入の違いが正直いまいちわかりません。
両者はどのような違いがあるのでしょうか?またそれぞれのメリットとデメリットを簡単にお教えいただければ幸いです。

プロテーゼの挿入というのは、鼻根部(目と目の間部分)の高さを調整し鼻筋を通す治療です。鼻中隔延長というのは、鼻先の形(高さ、丸み、鼻先の向きなど)を細かく調整することができます。
もちろん、両方を組み合わせて治療することも可能です。

鼻・口の整形

  1. 隆鼻術(プロテーゼ)

    自分がなりたいのはスッと…

  2. 隆鼻術(ゴアテックス)

    鼻の上部から全体に鼻を高…

  3. 隆鼻術(自家組織)

    鼻を高くしたい。でもプロテーゼなどの異物、人工物で治療するのは嫌。そんな方は自家組織を使って鼻を高くすることが可能です。隆鼻…

  4. プロテーゼ入替

    隆鼻術を受けたけれど仕上がりに満足できない。鼻の高さをもう少し調整したいなどのお悩みはプロテーゼの入れ替えによって悩みを解消…

  5. シリコン抜去

    隆鼻術、鼻の整形を受けたけれど仕上がりに満足できない。隆鼻術は受けたけれどやっぱり元の状態に戻したい。これらの想いを抱かれた…

  6. 鼻翼縮小

    広がって大きく見える鼻の…

  7. 鼻尖形成

    団子鼻、鼻先の丸みがコンプレックスという方は、鼻尖形成によって鼻先をツンと尖らせたり、丸みをすっきりとシャープに整えることが…

  8. 鼻中隔延長

    丸い鼻先、短い鼻。様々な…

  9. 鼻骨骨切り

    大きな鼻、広がっている鼻、鼻の根本が太くて鼻筋がしっかりとしすぎている男性的な鼻は鼻骨骨切りによって幅を狭くしたり、鼻を小さ…

  10. 鼻孔縁延長

    正面から見える鼻の穴が悩み。もっと小鼻を下げることができたら… あなたのその悩みは鼻孔縁延長術で解消させることができます。鼻…

  11. 上顎プロテーゼ

    鼻の付け根、鼻翼の付け根部分が凹んでいると顔が凹んでいるように見えて美しさを大きく損ねてしまいます。上顎プロテーゼで鼻翼基部…

  12. 口唇縮小

    たらこ唇、大きな唇のコンプレックスは非常に強いもの。そんな気になる大きな唇は口唇縮小で解消させることができます。口唇縮小は唇…

  13. 口唇拡大

    プックリとした魅力ある唇になりたい。小さな唇を大きくしたい。唇は女性の魅力を際立たせる効果に非常に富んでいるパーツの一つ。唇…