アゴ削り(水平骨切り術)

大きな顎を短く整えることで、
あなたの魅力・美しさはさらに際立つ

アゴの形にコンプレックスがある方、もっとフェイスラインを美しく整えたい方。これら顎の形は顎削り(下顎骨水平骨切り術)で解消させることができます。水平骨切り術はアゴの骨を短くしたり、前や後ろに移動させることができるので、根本的なフェイスラインの補正・矯正を行うことができます。骨を直接操作するため、ヒアルロン酸などと違い、効果は一生涯続くだけでなく、口が閉じやすくなったりするなど機能的な面でのストレスも解消することができます。

こんな方にお勧め

  • 顎が長く面長な顔を綺麗な卵型に変えたい
  • 顎が前に出ていてしゃくれ顔なので顎を正常な位置にしたい
  • 顎を短くしたい
  • 顎が後退していて口元が出ているので顎を前に出してフェイスラインを整えたい
  • 顎を小さくしたい
  • 男性的なフェイスラインを女性的で柔らかな印象に変えたい
  • 顎が長く顔全体のバランスが悪い

水平骨切り術とは

アゴ削りの一つ”水平骨切り術”とは、顎先部分の骨(下顎骨)を一度切り離して治療する方法です。切り離すことで短くしたり、前後にスライドさせて理想的なアゴの位置に固定し、アゴの形状をリセットする骨切りです。

アゴ削り(水平骨切り)

アゴ削りとの違い

アゴ削りといってもその方法にはいくつかの方法があり、現在のアゴの骨の状態、希望する仕上がりによって治療法は大きく違います。
アゴ削りというのは顎先の骨を削ることでサイズダウンさせたり、形状を整える治療です。顎先を前に出したり、後ろに後退させることはできません。それを可能にするのが水平骨切り術という方法です。水平骨切り術とは単に骨を削るのではなく、アゴ部分の骨を一度切り離し、前後のどちらかにスライドさせることで理想のアゴの形に整える方法です。

アゴ削り(水平骨切)の実際

アゴ削りの治療方法をご案内します。

STEP1麻酔
アゴ削り(水平骨切り術)は全身麻酔下で治療します。
全身麻酔はお薬によって眠った状態で治療しますので術中に痛みを感じることはありません。麻酔は麻酔医が担当します。
STEP2アプローチ
アゴ削りはお口の中からアプローチしますので表面に傷ができることはありません。歯茎の前面の下側を四、5センチ程度切開し、下顎骨へと進んでいきます。
STEP3骨を露出
口腔粘膜を切開した後はアゴ先の骨まで進み、アゴの骨(下顎骨)をしっかりと露出させます。骨は骨膜で覆われていますので、骨膜をしっかりと剥がし、丁寧な仕事で削る範囲の骨を表面に露出させます。
STEP4アゴ削り
カウンセリングで決めたフェイスライン、アゴ先に仕上げるようアゴの骨を切り離します。短くする場合は短縮する分の骨をさらに切り離し、前後にスライドさせる場合は、適正な位置で切り離した骨を最固定します。
STEP5仕上げ・洗浄
仕上がりの状態を細かくチェックし、微調整してアゴのフォルムを仕上げます。問題がなければ、しっかりと洗浄します。骨片等があると腫れなどを悪化させたり、長期化させる可能性があるため何度も丁寧に行います。また、フェイスラインの垂れを予防するために内部で少し固定するなどの対処もしています。
STEP6縫合
問題がなければ傷跡を縫合してアゴ削りを終了します。
STEP7ドレッシング
術後は顎先部分をテープピングして腫れなどを抑えるようしっかりとドレッシングします。アゴ削りは全身麻酔下で治療しますので、術後は3、4時間程度休んでいただきその後ご帰宅していただくことが可能です。

骨の固定について

骨の固定方法は2つ。一つはプレートを使って固定する方法。
もう一つはワイヤーを使って固定する方法です。どちらを使うかは固定する状態で検討します。

抜去について

固定しているプレートやワイヤーについてはご希望があればアゴ削りの手術後1年経過していれば取り除くことは可能です。しかし、そのままにしておいても問題となることはありません。

アゴ削りにおける麻酔

アゴ削りの麻酔は「全身麻酔」です。
全身麻酔というのは、お薬で眠らせて、痛みの神経等をコントールすることができますので、アゴ削りの最中は一切痛みを感じることはありません。
全身麻酔は怖いと感じている方もいらっしゃいますが、全身麻酔は決して危険な方法ではありません。薬で眠らせるということで怖さや不安を抱く方が多いのですが、今の薬剤は処理時間が非常に早く、短時間で切れるものがほとんど。ですのでお薬を使用している間は必ず作用していますので苦痛を感じることはありませんし、薬が切れれば速やかに目覚めますので非常に安全であるということは知っておいて下さい。
また、当院でのアゴ削りは枠あるワンオペではありません。麻酔は麻酔医、アゴ削りは美容外科医、助手などすべて経験豊富な専門家によるチームで行っていますのでご安心下さい。

術後の経過

アゴ削りの術後の経過についてご案内します。

腫れ・内出血
アゴ削りは強い腫れ、大きな腫れを引き起こす治療ではありません。内出血もほとんど引き起こすことはありません。
痛み
アゴ削りの術後の痛みですが、強い痛みを生じることはありません。これまで数多くのアゴ削りを行ってきましたが、術後の痛みを訴えた方などはございません。痛みの心配はないと考えて問題ないです。
内服で十分止めることが可能です。
通院について
  • (7日後)経過把握のための診察
  • (1ヶ月後)経過観察の診察
  • (3ヶ月後)最終チェック
仕上がりまでの期間
アゴ削りの仕上がりですが、骨を削る範囲とその量で違いますが、腫れは3、4日程度。1週間後には、ほぼ仕上がりに近い状態にまで近づきます。

アゴ削りの手術料金

アゴ削り(水平骨切り術)
700,000円
全身麻酔
120,000円

※ 別途、消費税

輪郭の整形

  1. アゴ削り

    長いアゴ、丸いアゴ、左右非対称なアゴ、さまざまなアゴの形でお悩みの方、あなたのそのお悩み”アゴ削り”で解消させることができる…

  2. アゴ削り(水平骨切り術)

    アゴの形にコンプレックスがある方、もっとフェイスラインを美しく整えたい方。これら顎の形は顎削り(下顎骨水平骨切り術)で解消さ…

  3. アゴ削り(分節術)

    アゴの骨切り手術の中でも単純に削るだけではなく、下顎骨をいくつかのパーツに分けて組み立ててアゴの形状を大幅に外科矯正すること…

  4. Vライン形成

    尖った顎先、ツンとしたフェイスラインは美しさと可愛さ、それに伴って小顔効果を出すことができます。これら顎先を細くする治療はV…

  5. エラ削り

    ハリ出ているエラ、広がっているエラ。エラさえ張っていなければ... そんな悩みを抱えている女性も少なくありません。エラを含…

  6. 顎形成(シリコン)

    アゴを少し前に出したい、アゴがないからアゴを長くしたい、顎先を少し尖らせたい。でも骨切りまでの治療は望まない。そんな方にはア…

  7. エラボトックス

    注射でも小顔にできる方法があります。それは「エラボトックス」という方法。エラ部分は下顎角骨以外に咬筋と呼ばれる筋肉が走向して…

  8. 頬骨削り

    頬が出ている、横に広がっていて顔が大きい印象が強い、このような頬骨の悩みを解決する方法、それが「頬骨削り」と呼ばれる外科的な小顔矯…

  9. バッカルファット除去

    下膨れた印象、ぽっちゃりとした顔は頬のたるみだけではなく、バッカルファットと呼ばれる頬の深部脂肪が影響していることがあります…

  10. フルライン

    フルラインというのは顎だけではなく、エラ部分も同時に外科矯正することでより高い小顔効果、Vライン、Vシェイプを叶えるための治…

  11. 上顎前突

    出っ歯、上顎が出ている、もっこりとした口元などの悩みは上顎前突の治療「Lefort I型骨切り術」で解消させることができます…

  12. 下顎前突

    受け口、しゃくれ顎などの悩みは下顎全体の位置を前後にスライドさせたり、回転させることができる「下顎枝矢状分割術:SSRO」で…

  13. セットバック

    出っ歯、受け口など輪郭の悩みは骨切りが必然です。セットバックというのは分節術と呼ばれる方法で、上顎全体や下顎全体の骨を移動さ…

  14. 額(おでこ)形成

    おでこに丸みが欲しい、おでこの形を変えたいなどおでこが気になっている方、コンプレックスに感じている方にはおでこの整形手術が可…